新車

カワサキ ニンジャ1000SXが最新排ガス規制に適合!レッド×ブラックの新カラーも追加で7月発売、価格は159万5000円

エンジン性能は従来型キープで143馬力のまま

スポーツネイキッド・Z1000と同系の1043㏄水冷並列4気筒エンジンを搭載した、フルカウルスポーツツアラーのニンジャ1000SXが、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。型式も変更されたほか、車体色のラインアップが刷新された。
発売は2022年7月15日で、価格は159万5000円。
ETC2.0車載器は標準装備で、1ヵ月目点検、3年間の定期点検、オイル&オイルフィルター交換が無償で受けられる「カワサキケア」対象モデルとなっている。

「排ガス規制」と聞くとパフォーマンスダウンをイメージする人もいるかもしれないが、ご安心を。最高出力141ps/1万rpm、最大トルク11.3㎏m/8000rpmの性能は従来型同様だ(発生回転数も同値)。
車体色はグリーン×ブラックが継続採用だが、従来型のグレー×ブラックに代わり、レッド×ブラックが新登場。

最大容量が片側28Lのジビ製パニアケース、コンフォートシートキット(前後セット)やローシート、大型ウインドシールドなどのオプションも引き続きラインアップされる。

エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック(従来型から継続)
メタリックマットソブリンレッド×メタリックディアブロブラック(ニューカラー)

カワサキ ニンジャ1000SX主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:77.0×56.0mm 総排気量:1043cc 最高出力:104kW(143ps)/1万rpm 最大トルク:111Nm(11.3kgm)/8000rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2100 全幅830 全高:1190(スクリーンハイポジション時1225) ホイールベース:1440 シート高820(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R190/50ZR17 車両重量:236kg 燃料タンク容量:19L


片側28L容量のGIVI製パニアケース、コンフォートシートキット(前後セット)やローシート、大型ウインドシールドなど、ツアラー性能を高める純正オプションも引き続きラインアップされる。

まとめ●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

 

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

おすすめ記事

ベビーツインAA クオーターマルチなんて目じゃない!? 60年前にカブに似た50cc2気筒バイクがあった! 【厳選!ツーリングサポートアイテム】人気のスポーツフルフェイスがフルモデルチェンジ! ニューモデル・Z-8は優れた操作性を持つ新シールドロックシステムを搭載 劇中に登場する仕様のスーパーカブに跨がれる!?「天気の子」展が松屋銀座で開催!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. KLX230SM カワサキ
  2. Vストーム1050DE スズキ
PAGE TOP