新車

カワサキ 新型Ninja H2 SX SE試乗「スーパーチャージャーはやはり唯一無二の存在感、SXなら扱いやすさもあり!」

ニンジャ H2SX カワサキ スーパーチャージャー

スーパーチャージャーツアラー「H2 SXシリーズ」が2022年型でモデルチェンジ

スーパーチャージドエンジンを搭載したハイパフォーマンスツアラー・ニンジャH2 SXシリーズがモデルチェンジ。ボッシュ製レーダーを搭載し、国産車初のアダプティブクルーズコントロール(自動車間距離調整クルーズコントロール)、近接車両接近警告など電子機能を強化。エンジンの熟成、デザインの変更も行われている。

その新型ニンジャH2 SXシリーズを、ライディングスクール講師なども務めるプロライダー・鈴木大五郎氏がテストした。


国産メーカーのバイクには個性がないとか面白みがないとかおっしゃる方がおりますが、そんなことないだろ!とスーパーチャージャーを搭載するカワサキのニンジャH2シリーズに乗ると猛烈に感じる。唯一無二のメカニズムに絶対的存在感。個性的過ぎるではないか!
そして、超絶すぎるポテンシャルを持つスーパースポーツ、ニンジャH2/H2Rに続けて、それを実用的にアレンジしたニンジャH2 SXシリーズをリリースしたことも評価に値する。

そんなニンジャH2 SXシリーズがモデルチェンジ。最新環境規制「ユーロ5」対応に伴うエキゾーストやFI設定の変更、国内メーカー初となるアダプティブクルーズコントロール(ACC)や後方死角検知機能の装備、また、6軸IMUを搭載してより細かい制御を可能とするなど、くまなく総合性能を向上させている。
従来型にも電子制御サスペンション採用の上級グレードはラインアップされていたが、新型ではその制御もアップグレードされている。

迫力あるスタイリングに対し、またがってみれば意外やリラックスした乗車姿勢だが、久しく感じたことのない、鉄の塊感とも言うべきズシリとした重みがある。押し引きや極低速での取り回しではそれを感じることがあるものの、その印象はパワフルなエンジンパフォーマンスが軽減してくれる。

■カワサキ 新型ニンジャH2 SX SE(電子制御サスペンション付きの上級グレード)。従来型H2 SXシリーズでは「SE」が標準グレード、「SE+」が上級グレードだったが、新型では「H2 SX SE」が上級グレード、無印「H2 SX」が標準グレードとなった。

イメージ以上に扱いやすい「過給器付き200馬力エンジン」

200馬力マシンとはいえ、恐れることはない。開け始めからしてジェントルかつ非常にスムーズであり、常用域においてはスーパーチャージャーの存在を忘れるほどニュートラルなフィーリング。ニンジャH2はとにかく超ド級のパワーを誇示する反面、それなりのクセもあったのであるが、ニンジャH2 SXは登場当初から兄弟車とは思えないほど扱いやすく感じられた。

そして新型はその印象にさらに拍車が掛かっている。常用回転域のトルクアップもあり、より使いやすい特性となっているのだ。開ければ開けただけ力を発揮してくれるエンジン性能は、自然吸気のエンジンでは決して得られないスムーズかつトルクフルなもので、ゲテモノ扱いされがちだったバイク×スーパーチャージャーが、しっかり煮詰めればコントローラブルなものになるということをはっきり示してくれた。最高出力200馬力を誇るだけに、開ければすさまじい加速が待っている。
それも、気筒数とか最高出力とか数値を超えた個性的かつ魅惑的なフィーリングだが、実はそんな領域ばかりを楽しまずとも、スペシャル感漂うエンジン性能を味わえるのだ。

スーパーチャージャーを組み合わせた998cc並列4気筒エンジン。環境規制をクリアしつつ、200馬力の最高出力はキープ。そのうえで中回転域トルクは強化されている。

ツアラーとしての万能性も高い

ハンドリングは安定志向かつニュートラル。重みが決してマイナス要素にならない安心感を伴っており、手応えに身体を委ねて安心してライディングに没頭できる。テスト当日は場所によって時折雨が降っていたが、ウエット路面でも身構える必要なく、ライディングを楽しめる懐の広さを持っていたことにも驚かされた。

車体設定もハイパワーマシンとしては非常にフレンドリー。乗り心地が終始良好と感じられるのは、スカイフックテクノロジーを搭載したセミアクティブサスペンションの恩恵も大きいだろう。また、タンデムや荷物の積載状況に応じてリヤサスペンションのプリロード設定をボタンひとつで変えられるのもメリット。

国内モデルとして初めて採用されたアダプティブクルーズコントロールもマシンのキャラクター的にうれしい装備だ。エンジン形式によるものか、過去体験したACC採用モデル中、最もスムーズさを感じさせる設定で、ここでもスーパーチャージャーのクセといったものは皆無だった。
ほかにも、このマシンにはバイク好きな設計陣がよく作り込んでいると思わせる箇所が随所に見受けられた。「個性」を主軸に商品展開していたように思われる過去のカワサキに対し、現在の同社は国内のリーディングカンパニーであるかのような振る舞いすら感じさせる。
このマシンの存在にも、そんなカワサキの心意気が表れているような完成度である。

■電子制御サスペンション「KECS」はスカイフック制御を新採用。快適な乗り心地と路面追従性の向上を両立しているという。H2 SX SEのフロントブレーキはブレンボ製の最高峰モノブロックキャリパー「Stylema」を採用。

ニンジャ H2 SX SEの足着き&ライディングポジション

見た目のイメージより車体もライディングポジションもコンパクトで、人車一体感が高い印象。ハンドル位置は低すぎず、市街地走行でも高速巡航でもリラックスできる。足着きは身長165cmで両つま先が接地と決して悪くはないが、267kgと車重があるのでさすがにずしりとした重さを感じる。

ハンドルはセパレートタイプだが、トップブリッジ上にマウント。ツアラーらしく、メーター左側にDC電源が設けられているほか、グリップヒーターも標準装備される。
従来型に比べ、前席、後席ともシートサイドの幅を広げ座面を拡大。前席は前のめりになりづらくなり、後席は快適性が向上しているという。シート高は820mmで従来型と同値。

カワサキ ニンジャH2 SX「ここが気に入った&ここが気になる」

独創性、快適性、先進性、すべてを備えた超級マシン

■ここが気に入った!
めっぽう速くても扱いやすいエンジン。それでいて何にも似ていない独創性の高さ。デザインは好みが分かれるところだが、カワサキらしさを全面に出している点も好評価。快適性の高い車体設定や乗り心地の良さ。ACCなどの最新機能を真っ先に採用した点。グリップヒーターなどの標準装備。個性を打ち出しつつすばらしく上手にまとめた点。

■ここが気になる
電子制御サスペンションの動きの質には満足だが、自動車高調整機構まで備えていれば文句なし。車重がもう少し軽ければ極低速域の取り回しがよりイージーになるはず。しかし、センタースタンドを装備するなど、機能をおろそかにしていない点は評価。このエンジンにDCT仕様があったら面白いだろう。さらにはアドベンチャーモデルへの応用にも期待。

カワサキ ニンジャH2 SXシリーズ主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:73.4mm×59.0mm 総排気量:998cc 最高出力:147kW<200ps>/1万1000rpm(ラムエア加圧時は210ps) 最大トルク:137Nm<14.0kgm>/8500rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2175 全幅:790 全高:1260 ホイールベース:1480 シート高:820(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R190/55ZR17 車両重量:266kg(H2 SX)、267kg(H2 SX SE) 燃料タンク容量:19L
[車体色]
エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック
[価格]
ニンジャH2 SX:265万1000円
ニンジャH2 SX SE:297万円

レーダー搭載位置の確保もあるのだろう、フロント周りのイメージはかなり変わっている。ヘッドライト下の黒い六角形の部分に前方レーダーが装備されている。
後方レーダーはナンバープレートステーに内蔵される。ヘッドライト、ウインカー、テールライト、コーナリングライト、灯火類はすべてLED。
メーターは6.5インチのフルカラー液晶。写真は回転計、速度計、ギヤポジションを大きく表示した基本の表示パターン。
メーターはアプリ「Kawasaki SPIN」経由でスマートフォンと連携でき、電話、地図機能、音楽機能などを活用できる。
地図機能を表示した状態。サードパーティ製アプリを組み合わせることも可能。
リヤシート下にはETC車載器を標準装備。またUSB電源も設けられている。

試乗レポート●鈴木大五郎 写真●真弓悟志 編集●上野茂岐

CONTACT

カワサキ ニンジャH2 SXシリーズ製品ページ

 

 

カワサキモータースジャパンお客様相談室TEL:0120-400819

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

【NEW MODEL】SUZUKI GSX-S750 ABS アライヘルメットがラパイドネオや旧タイプヘルメットに対応する曇り止めシートを発売 モトサービスエッジ 土方のトラブルから考える二輪車メンテVol.3「無意識が引き起こすギヤの異常摩耗」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP