新車

カワサキ Z900RSに「イエローボール+ブレンボ+オーリンズ」上級グレードと、ファイヤーボールのZ1誕生50周年記念車が1〜2月登場

「Z900RS SE」はブレンボ+オーリンズで足まわりを強化

2017年秋の東京モーターショーで発表、同年12月から国内発売されたカワサキZ900RS。往年の名車Z1(900super4)をオマージュしたネオクラシックなスタイリングでデビュー以来高い人気を誇っているモデルだ。
2022年モデルでは同車をベースに高性能なブレーキとリヤショックを装備し、Z1「イエローボール」イメージのグラフィックをまとったハイグレードモデルZ900RS SE(スペシャル・エディション)が登場した。

Z900RS SEの特徴の一つはスタンダードモデルよりも上質な走りの追求で、オーリンズ製S46リヤショックを採用。シングルチューブ構造のアルミボディを持つ同ショックは、フローティングピストンで仕切られた46mmの大径ピストンとガスチャンバーの作動により、優れたロードホールディング感とハンドリングを追求。
またこのリヤショックの採用に合わせ、フロントサスペンションの設定も最適化。さらにリモートプリロードアジャスターも装備され、工具なしで荷重設定を変更できる点も特徴となっている。

また「上質な走り」に貢献するもう一点が、フロントブレーキにブレンボ製コンポーネント(300mm径ディスク、M4.32ラジアルマウントモノブロックキャリパー、専用パッド)を採用したこと。加えて17.5mmと小径のニッシン製ラジアルポンプ式マスターシリンダー採用により(スタンダードは19.1mm径)、ブレーキのコントロール性が高められている。

カワサキ Z900RS SE。1月21日発売で、価格は160万6000円。
フロントブレーキはブレンボ製300mmダブルディスク+ブレンボ製M4.32ラジアルマウントモノブロックキャリパーという組み合わせに。マスターシリンダーも強化されている。

オーリンズ製S46リヤショックを採用し、タイヤの接地感やハンドリング性能を向上。また、しなやかなフィーリングを発揮し、快適な乗り心地にもなっているという。

そして外観で特別感を演出するのが「イエローボール」のグラフィック。初代Z1で象徴的なオレンジ×ブラウンの「ファイヤーボール」ペイントに対し、「イエローボール」ことイエロー×ブラウンは1973年型のヨーロッパ向けZ1のみに採用された塗色。実は、知名度の割に意外とレアなグラフィックなのである。

Z900RS SEではそれをオマージュしてブラック×イエローグラフィックを採用(車体色名は「メタリックディアブロブラック」となる)。さらにホイールと前後サスペンションをゴールドとしてより華やかな雰囲気としつつ、サイドカバーは「RS」の文字を赤色仕上げとした「SE」専用エンブレムに。

このほか細部では、ラジエターサイドカバーとFIサイドカバーのブラックアルマイト加工、前フェンダーステーの黒仕上げで上質感を高めている。
走りと外観で特別感を狙ったハイグレードモデル「Z900RS SE」はスタンダードモデルより22万円高の160万6000円(税込)で、1月21日より発売中。

1973年型のヨーロッパ向けZ1のみのカラーだった「イエローボール」。

カワサキ Z900RS SE主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:948cc 最高出力:82kW(111ps)/8500rpm 最大トルク:98Nm(10.0kgm)/7700rpm 燃料タンク容量:17L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2100 全幅:865 全高:1150 ホイールベース:1470 シート高:810(各mm) 車両重量:215kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17
【価格】
160万6000円(1月21日発売)

カワサキ Z900RS SE

「ファイヤーボール」のZ1生誕50周年記念モデルは2月1日発売

2022年は名車「Z1」が海外向けにリリースされた1972年から50周年に当たる。
そこで登場するもう1台が、Z900RSのスタンダードモデルをベースとした記念モデル「Z900RS 50th Anniversary」だ。

前述のように初期のZ1を象徴する塗色がオレンジ×ブラウンの「ファイヤーボール」だが、50周年記念モデルではこれをオマージュしたグラフィックとしつつ(車体色名は「キャンディダイヤモンドブラウン」)、燃料タンクにはアニバーサリーモデルのために開発された特別な塗装工程を採用。キャンディカラーを独自の技法で重ね塗りし、艶やかで深みのある質感が追求されている。

カワサキ Z900RS 50th Anniversary。2月1日発売で、価格は149万6000円。
特別な塗装工程で仕上げられたタンク。サイドカバーには往年のZ1を思わせる「900 DOUBLE OVERHEAD CAMSHAFT」のエンブレムが装着される。

シート表皮はシボの入った専用のものに。メッキ仕上げのグラブバーも標準装備となる(純正オプションでスタンダードモデルにも装着可能なもの)。

ほかに、フューエルタンク上部のZ50周年ロゴ、サイドカバー&左右エンジンカバーに付く専用エンブレム、ゴールドホイール、上質感のあるシボ入りの専用シート表皮、グラブバー(オプション品)の標準装備なども「Z900RS 50th Anniversary」の特別装備だ。価格はSTDから11万円高の149万6000円(税込)で、2月1日より発売。

カワサキ Z900RS 50th Anniversary主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:948cc 最高出力:82kW(111ps)/8500rpm 最大トルク:98Nm(10.0kgm)/7700rpm 燃料タンク容量:17L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2100 全幅:865 全高:1150 ホイールベース:1470 シート高:800(各mm) 車両重量:217kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17
【価格】
149万6000円(2月1日発売)

カワサキ Z900RS 50th Anniversary

まとめ●阪本一史 写真●カワサキ/八重洲出版 編集●上野茂岐

*追記2022年1月26日16時修正
価格に「1ヵ月目点検と、3年間の定期点検、オイル交換を無償で受けられるカワサキケア含んだ価格」と表記しておりましたが、Z900RS SE、Z900RS 50th Anniversaryともカワサキケア対象のモデルではありませんでした。お詫びのうえ、訂正いたしました。

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z900rs/

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

品質抜群とウワサの「アッシュオイル」をYZF-R1に注入! シフトショックが小さくなり、水温も安定! 250アドベンチャー KTM 【試乗レポート】KTM 250アドベンチャー「250クラスに現れた本格アドベンチャーマシン」 【NEW MODEL】KAWASAKI H2 SX/SX SE
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP