新車

カワサキ Z900「Z誕生50周年カラー」はZ1100GP、Z400GPなど80年代Zイメージの赤!

Z1100GP、Z750GP、Z400GPなどのファイアクラッカーレッドを再現

カワサキが世界に誇る名車「Z1」が誕生してから50年となる2022年。それを記念した「50th Anniversary」モデルが、2022年のZ系モデルに用意されている。

「Z1」をオマージュしたネイキッドモデル・Z900RSには、それこそ往年のZ1を蘇らせたようなファイヤーボールカラーが。
また2022年初登場となるZ650RSにも、同様にZ1イメージのファイヤーボールカラーが「50th Anniversary」として用意される。

カワサキ Z900RS 50th Anniversary

Z650RS カワサキ
カワサキ Z650RS 50th Anniversary

そうしたレトロ系モデル以外にも50th Anniversaryモデルが用意されているのだが、948cc水冷4気筒エンジンを搭載するスポーツネイキッド・Z900の50th AnniversaryモデルがモチーフにしたのはZ1ではなく……なんと80年代のZ系モデル。
1981年に海外向けモデルとして登場したZ1100GPや、国内向けでは1982年のZ400GPやZ750GPなどに採用された赤「ファイアクラッカーレッド」を専用に調合した塗料で現代に再現しているのだ。

カワサキ Z900 50th Anniversary
カワサキ Z900 50th Anniversary

また、フレームは艶ありのブラック仕上げになるほか、フロントフェンダー先端にZ50周年ロゴが入り、サイドシュラウドには「50th Anniversary 1972-2022」のレタリングも描かれる。
性能にかかわる装備面は通常モデルと変わりはないが、ゴールドのフロントフォークや、シボ入り専用表皮のシートが装備され、さらに特別感を盛り上げてくれる仕様となっている。
Z900 50 thAnniversaryの発売は2月1日、価格は121万円となっている。

カワサキ Z1100GP(1981)

カワサキ Z1100GP(1981年)

1981年に登場した海外向けモデルのZ1100GP。当時の空冷Z系最強モデルと言える存在で、1089ccまで排気量を拡大した空冷4気筒エンジンはキャブレターではなく電子制御フューエルインジェクションを組み合わせていた。最高出力は108馬力。

カワサキ Z750GP(1982)

カワサキ Z750GP(1982年)

1982年に登場したZ750GP。Z750FX IIIの後継車的位置づけで、エンジンはザッパー(Z650)から発展した738ccの空冷4気筒。Z1100GP同様に電子制御フューエルインジェクションを採用し、最高出力は70馬力。当時の新車価格は64万5000円。

カワサキ Z400GP(1982)

カワサキ Z400GP(1982年)

1982年に登場したZ400GP。Z400FXの後継車的位置づけだが、リヤサスペンションがモノショックの「ユニトラック」となったほか、エンジンの最高出力も5馬力アップの48馬力となるなど大幅に性能を向上。Z1100GP、Z750GPとは異なり燃料供給はキャブレター。1982年3月に発売となったが、7月には早々にライムグリーンカラーも追加された。当時の新車価格は47万8000円。


カワサキZ900 50th Anniversary

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:948cc 最高出力:92kW(125PS)/9500rpm 最大トルク:98Nm(10.0kgm)/7700rpm 燃料タンク容量:17L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2070 全幅:825 全高:1080 ホイールベース:1455 シート高:800(各mm) 車両重量:213kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17
【価格】
121万円(ETC2.0標準装備、1ヵ月目点検と、3年間の定期点検、オイル交換を無償で受けられる「カワサキケア」含んだ価格)。

カワサキ Z900 50th Anniversary
Z900 50th Anniversaryのフロントフェンダー。先端に「Z50th」のロゴが入る。
Z900 50th Anniversaryのシート。前後ともシボ入りの専用表皮となっている。

まとめ●上野茂岐 写真●カワサキ/八重洲出版

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z900/

おすすめ記事

JRPA=日本レース写真家協会の写真展「COMPETITION」が1月に東京、3月に名古屋で開催!! 【NEWS】オープニングフェアで5000円分クーポンが手に入る!?「ハーレーダビッドソンセントラル春日部」が6月15日にグランドオープン! 【平成バイク大図鑑7】砂漠生まれの実力が旅を進化させた大型アドベンチャーモデルの台頭
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP