新車

【カワサキ Z650RS詳細解説】スリムな車体に流麗デザイン、現代のザッパーは101万2000円で4月発売!

Z650RS カワサキ

Z650RSのデザイン「丸眼1灯、砲弾型メーター、ティアドロップ型タンクなど往年のZをオマージュ」

カワサキから新たなレトロスポーツモデル「Z650RS」が4月28日、101万2000円で発売されます。車名に含まれた「Z650」の文字を見て、ビビっときた人もいるのではないでしょうか。70年代に登場し「ザッパー」の愛称で親しまれたZ650を思い出して──。

その直感、間違っていません! プロモーション画像の中には、まさにそのZ650とZ650RSが揃い踏みという絵が。
名車「Z1」を現代的にリバイバルしたZ900RS同様、Z650RSも往年のZ650をモチーフとしたモデルと言え、丸いヘッドライトにティアドロップ型タンク、砲弾型のメーターケースやスポークホイール風デザインのキャストホイールなど、デザインはレトロな雰囲気に仕上げられています。

ザッパーことZ650は652ccの空冷並列4気筒エンジンでしたが、Z650RSはエンジン・車体ともに現行型Z650がベース。649ccのDOHC4バルブ水冷並列2気筒に軽量コンパクトなスチール製トレリスフレームという組み合わせです。
かつてのザッパーに思い入れのあるライダーは「4気筒じゃないのか……」と肩を落とす人がいるかもしれませんが、もともとザッパーとは「ZAP」という風を切る擬音に基づいた「軽快に走るスポーツ車」を表したもの。
車重188kg、スリムな2気筒マシンとして仕上げられたZ650RSは、そうした意味においてまさしく「現代のザッパー」と言える存在ではないでしょうか。

車体色は70年代風のグラフィックをまとったキャンディエメラルドグリーンと、シックなイメージのメタリックムーンダストグレー×エボニーの2色。
また、「Z1」が1972年に登場してから50年となる2022年にあわせ、キャンディカラーを独自の塗装技術で重ね塗りしたファイヤーボールカラーの「Z誕生50周年記念車」、Z650RS 50th Anniversaryも設定されます。

カワサキ Z650(キャンディエメラルドグリーン)101万2000円
カワサキ Z650(メタリックムーンダストグレー×エボニー)101万2000円
カワサキ Z650RS 50th Anniversary 110万円
Z650RSのベースとなったスポーツネイキッド「Z650」
ザッパー Z650 B1
1976年に登場したカワサキZ650(B1)。車体色はレッドとグリーンの2色が設定された。

往年のZらしさを取り入れ、レトロなデザインを細部まで追求

丸形のヘッドライトはもちろん現代のバイクらしくLEDを採用するが、バルブ式ヘッドライトのような輝き方になるよう工夫が凝らされている。ウインカー含め、灯火類は全てLEDを採用。
メーターはアナログ指針式の2眼メーター。中央に液晶モニターを備え、燃料計、ギヤポジション、水温、オド&ツイントリップのほか、燃費や航続距離も表示。
ティアドロップ型のタンクはデザインだけでなく、ニーグリップのしやすさも配慮した形状。燃料タンク容量は12L。

Z650RSのエンジン「68馬力を発揮する650cc並列2気筒は、特性を専用チューニング」

さて肝心のエンジン自体ですが、Z650だけでなく、ニンジャ650などにも搭載される180度クランクの649cc並列2気筒。
最高出力68ps/8000rpm、最大トルク6.4kgm/6700rpmという数値自体はベースとなっているZ650(およびニンジャ650)と変わりませんが、Z650RS用に専用セッティング。日常的なシーンで使う速度域を重視し、低〜中回転での力強いトルクとスムーズなフィーリングが追求された特性となっています。

これもZ650から継承されるものですが、現代のバイクらしく、アシスト&スリッパークラッチを標準装備。過度なエンジンブレーキを制御して後輪のホッピングを抑制してくれるほか、クラッチレバーの操作荷重を軽減してくれるものです。

3000回転以下の低回転域ではスムーズな特性と力強い低速トルクを重視。実際の走行シーンで多用される3000〜6000回転の中回転域では十分な動力性能を発揮したうえで、フィーリングも重視。
また、高回転域でも急激にパワー/トルクが落ち込まない特性とされている。なおトラクションコントロールや出力特性切り替えといった電子制御機構は備えていない。

Z650RSの車体「軽量かつスリムなスチール製トレリスフレームを採用」

フレームも先述のようにZ650をベースとしたスチール製トレリスフレームですが、フレーム重量は13.5kgと軽量なもの。15kgのZ650より、1.5kg軽量に仕上げられているのです。
Z650と構成的に異なる点はリヤフレーム(シートレール)で、車両全体をレトロなシルエットとするため水平基調の寝かした形状に。また、テールカウルも往年のバイクのリヤフェンダーをイメージするように、Z650より後ろへ伸びた形状となっているほか、テールライトが存在を主張するデザインとなっています。

ライディングポジションもZ650とは異なるポイントです。車両のデザインに合わせハンドル位置は高められており、グリップ位置はZ650に比べ50mm高く、30mm後方に。よりアップライトなポジションとなっていると思われます。
シート高はZ650比で10mm高い800mmですが、これはヒザの曲がりをキツくせず、ライダーの足周りにゆとりをもたらすためとのこと。それでいてシート形状の工夫やスリムな車体のおかげで、良好な足着き性はそのままのようです。

*ベースのZ650は身長165cmのライダーで、両足の足の裏が全面接地するほど足着き性が良い

レトロなデザインにマッチしたワイドでフラットなハンドルバーは、自然で快適なライディングポジションももたらす。
独立したパーツとしてしっかり存在を主張するテールライト。ヘッドライト同様にLEDだが、バルブ式のような発光パターンとし、よりレトロな雰囲気を盛り上げてくれる。
ホイールはレトロなスタイルを強調するスポーク調のキャストホイール。フロントブレーキは300mmダブルディスク、正立式のフロントフォークはインナーチューブ径41mm。
リヤサスペンションはリンク式モノショック。カワサキが「ホリゾンタルバックリンク」と呼ぶ形式で、マスの集中化にも貢献。リヤブレーキは200mmシングルディスク。
シートは広い座面を確保したうえで、前端の幅をスリムに絞り込み足着き性に配慮。シート高は800mm。

カワサキ Z650RS主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:83.0×60.0mm 圧縮比:10.8 総排気量:649cc 最高出力:50kW<68ps>/8000rpm 最大トルク:63Nm<6.4kgm>/6700rpm 変速機:6段リターン

[寸法・重量]
全長:2065 全幅:800 全高:1115 ホイールベース:1405 シート高:800(各mm) 車両重量:188kg(50th Anniversaryは190kg) 燃料タンク容量:12L タイヤサイズ:F120/70ZR17 R160/60ZR17

[価格]
スタンダードモデル:101万2000円
50th Anniversary:110万円
いずれもETC2.0標準装備、1ヵ月目点検と、3年間の定期点検、オイル交換を無償で受けられる「カワサキケア」含んだ価格。

Z650RS 50th  Anniversary「専用カラーだけでなく、シートやエンブレムも専用に」

Z誕生50周年を記念したZ650RS 50th Anniversaryは「ファイヤーボール」の専用カラーとなるだけでなく、燃料タンク上部にZ50周年ロゴがあしらわれ、サイドカバーは専用エンブレムが装着されたものに。
シートもシボ入りの専用表皮となるほか、レトロなイメージをさらに高めるメッキ仕上げのグラブバーが標準装備となります。
価格は110万円で、発売日はスタンダードのZ650RSと同様に4月28日となっています。

Z650RS 50th Anniversary
特別な塗装工程で仕上げられた「ファイヤーボール」カラーのタンク。サイドカバーには往年のZ1を思わせる「650 DOUBLE OVERHEAD CAMSHAFT」のエンブレムが装着される。
シート表皮はシボの入った専用のものに。メッキ仕上げのグラブバーも標準装備となる(純正オプションでスタンダードモデルにも装着可能)。

まとめ●上野茂岐 写真●カワサキ/八重洲出版

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

CB1300  スーパーフォア 30周年 ホンダ CB1300シリーズに「プロジェクトビッグワン30周年記念モデル」が登場! 【残雪の恐怖!】愛車のニンジャがぁああっ!! 「今日は暖かいから大丈夫」と油断したバイク乗りを襲った悲劇 全社・全車・全色の総合カタログ「最新バイク図鑑2018-2019」2018年3月16日発売!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション