新車

ホンダ 3代目グロム開発者インタビュー【エンジン編】「5速化でもっと楽しく、軽量化で走りも燃費も良く!」

付録「ホンダ レジャーバイクの系譜をほんの一例紹介」

ホンダのレジャーバイクは乗用車に積載でき、キャンプ地などで自由に走り回ることも想定された乗り物だった。
2000年代に登場したエイプは街乗りだけでなく、ツーリングもこなせる小さな相棒として、今なお幅広い世代に人気がある。

ホンダ モンキー(1967年登場)

1967年に登場したモンキーZ50M。遊園地用の小型バイクを市販用としたレジャーバイクの第1弾。ハンドルなどをたためばクルマのトランクにも積むことができた。
モンキーはモデルチェンジを何度か行いつつ、Z50M登場から50年目の2017年まで生産が続いた。写真はモンキーの最終モデルとなった「モンキー・50周年スペシャル」。
50ccのモンキーが生産終了となった後、2018年に125ccの「モンキー125」として復活。搭載される空冷125cc単気筒エンジンは初代〜2代目グロムと同系のもの。

ホンダ ダックス(1969年登場)

ダックスフントをイメージしたモデルで、モンキーが8インチのホイールだったのに対し、10インチのホイールを採用。モンキー同様、クルマに積み込むことなどを想定し、ハンドルやステップをたたむことができる。

ホンダ モトラ(1982年登場)

車体の前後に大型キャリヤを装備した、オフロードテイストのレジャーモデル。サブミッションを搭載し、最大23度の登坂性能を有していた。モトラが登場した1982年には、ホンダは7車種、10タイプのレジャーバイクを展開していた。

ホンダ エイプ(2001年登場)

トランスミッションはクラッチ付き5速、ホイールは12インチと余裕あるものとし、シンプルな「操る楽しさ」を追求したモデル。2001年に50cc、2002年には100ccも登場した。
1

2

CONTACT

ホンダお客様相談センター:TEL0120-086819

https://www.honda.co.jp/GROM/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

新色「シアン」を採用 ヤマハ・「YZF-R3 ABS」「YZF-R25 ABS」の2021年モデルが登場 【NEWS】ハスクバーナ正規販売店3店舗が、3月16日(土)にオープン GSX-S1000 2021 【試乗速報】スズキ GSX-S1000「往年のGSX-Rを思い出すパワー感に。それでいて親しみやすさは変わらず!」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP