新車

スズキ GSX-S1000GT徹底解説「グランドツアラー路線となったフルカウル版GSX-S1000」

GSX-S1000GT スズキ

GSX-S1000Fから車名も一新、GSX-S1000GTに

名車と名高いスーパースポーツGSX-R1000(K5)をベースとするエンジンを搭載し、2015年に登場したGSX-S1000シリーズ。
ネイキッドモデルのGSX-S1000は2021年型でモデルチェンジ。デザインを大胆に刷新し、走行性能も高められました。

スズキ GSX-S1000GT。GSX-S1000Fの後継車になります。

一方、フルカウル版のGSX-S1000Fは「GSX-S1000GT」へと進化することが発表されました。2021年10月より世界各国で順次発売を開始するとのことです。
変更された車名「GT=グランドツアラー」が表すように、タンデムや積載にも対応しつつ、長距離ツーリングを楽しめるスポーツツアラーへとキャラクターを変更!
当記事ではスズキ GSX-S1000GTの持つ高いツーリング性能や、「GT」へと生まれ変わるにあたり新採用された機能などについて、海外仕様の情報に基づき解説していきます。

モデルチェンジされた新型GSX-S1000は8月に日本での発売開始となりましたが、このGSX-S1000GTもそう遠くないタイミングで日本発売となるのではないでしょうか。

ネイキッドモデルの新型GSX-S1000(2021年モデル)

2021年にモデルチェンジしたネイキッドモデルのGSX-S1000。アグレッシブなスタイルとなったほか、エンジンの改良、電子制御の熟成などが行われた。8月から日本で発売開始し、価格は143万円。

先代モデルにあたるGSX-S1000F

日本国内で2021年9月時点で新車販売されているGSX-S1000F。価格は120万7800円。

スズキ GSX-S1000GTのデザイン「防風性を追求しつつ、新世代のスズキデザインに」

GSX-S1000Fがどちらかというと流線型の滑らかなカウル形状だったのに対し、突き出したノーズのフロントカウル、ウイング状のサイドカウルなどGSX-S1000GTは鋭角的なデザインに一新。

これはデザインの目新しさだけをねらったものではなく、入念な風洞実験や解析に基づき、頭頂部、肩、ヒザに当たる風の軽減を追求し、「GT=グランドツアラー」にふさわしい快適な高速巡航性をもたらす形状となっているのです。

カウルの個性的なデザインに貢献しているのが小型のLED灯火類です。
カウル先端・中央にあるV字状の部分はポジションライト。
ヘッドライトはその下にあり、ロービーム時は進行方向左側が点灯、ハイビーム時には両点灯となります。
ウインカーやテールライト・ブレーキランプもLEDで、灯火類はオールLEDとなっています。

ヘッドライト点灯状態(ハイビーム時)。ロービーム時は進行方向左側のみが点灯します。
灯火類消灯状態。
スクリーンも防風性を研究した形状。特に、上部の折り曲げられたサイド部分がライダーの肩に当たる風を軽減する「一工夫」となっています。

スズキ GSX-S1000GTのエンジン「最高出力は2馬力アップで152馬力に」

999ccのDOHC4バルブ水冷並列4気筒エンジンは従来型GSX-S1000シリーズのものをベースにさらに熟成。

ヨーロッパの最新環境規制「ユーロ5」へ適合したうえで、低回転から高回転までスムーズかつトルクフルな出力特性に。
ツーリングや日常速度域でよく使われる低・中回転域は扱いやすく、高回転域を用いる高速道路などで「ここ一発の加速が欲しい」と思ったときにはパワフルな加速力を発揮してくれるといいます。
また、最高出力はGSX-S1000Fより2馬力アップの152馬力に高められています。

そうした性能を実現するために改良が行われた主要な点は、電子制御スロットルや新設計エキゾーストシステムの採用、エアクリーナーボックスやカムプロフィールの変更など。
これらはネイキッドモデルの新型GSX-S1000と同様の改良点で、最高出力112kW(152ps)/1万1000rpm 最大トルク106Nm(10.8kgm)/9250rpmの性能・発生回転数とも海外仕様の新型GSX-S1000と同値です。

このほか、急激なエンジンブレーキによるリヤタイヤのホッピングを防ぐだけでなく、クラッチのレバー操作荷重も軽減するアシスト&スリッパークラッチが採用されたほか(GSX-S1000Fは「スリッパークラッチ」のみでした)、アップ・ダウン両対応のクイックシフターも標準装備されます。

GSX-S1000GTの999ccDOHC4バルブ水冷並列4気筒エンジン。ボア・ストロークは73.4mm×59.0mmと従来型から変わらず……つまりGSX-R1000(K5)から変わらぬ「秘伝のレシピ」。
GSX-S1000GTのエアクリーナーボックス。
GSX-S1000Fのエアクリーナーボックス。

内部構造を変更したエアクリーナーボックスは出力向上に貢献。容量はわずかに減少しているも、吸気効率を高めるためセパレーターを廃止。従来型エアクリーナーボックスに比べ軽量にもなっています。

スズキ GSX-S1000GTの電子制御「GTらしくクルーズコントロールを標準装備」

電子制御機構もGSX-S1000Fより多機能化されました。
電子制御スロットルの採用により、出力特性がActive、Basic、Confortの3種に切り替えられる「スズキ・ドライブ・モード・セレクター」を搭載(各モードとも最高出力は変わらず過渡特性のみが変化)。
ツアラーモデルといえば今や必須ともいえるクルーズコントロールも装備され、ギヤが2速以上のときに30〜180km/hの速度域で設定できます。

また、トラクションコントロールはGSX-S1000Fが3レベル調整&カット可だったのに対し、5レベル調整&カット可に。
最新のスズキ車でおなじみ、エンジンが低回転のときに自動で回転を高めて操作をアシストする「ローRPMアシスト」は継続採用ですが、作動感を改良。スタータースイッチをワンプッシュでエンジンがかけられる「スズキ・イージー・スタート・システム」も継続採用となっています。

左スイッチボックスにはメーターのメニュー画面操作スイッチやクルーズコントロール速度調整スイッチが設けられる。
クルーズコントロール作動スイッチは右スイッチボックスに配置。

スズキ GSX-S1000GTの車体「シートレールはタンデムや積載を考慮し専用設計に」

軽量さと高剛性を特徴としたアルミツインスパーフレームは従来型GSX-S1000シリーズから継承されたもので、ネイキッドモデルの新型GSX-S1000とも同様。

ただし、GSX-S1000GTは同車専用に新開発したシートレールを組み合わせています。
サイドケース装着時の強度を確保するためと、シートレールを低くすることでリヤシートの厚みを確保し、タンデムライダーの快適性を高めるためで、こうした点からも「GT=グランドツアラー」というキャラクターを真摯に追求しているのがわかります。

インナーチューブ径43mmのKYB製倒立フォーク、リヤにリンク式モノショックという組み合わせは従来型GSX-S1000シリーズと同様ですが、「GTらしい快適性」を実現するためと、純正タイヤの銘柄変更に併せてセッティングを調整。
ハンドリングは低速域から高速域までニュートラルで、高速時は安定感ある特性になっているといいます。

アルミ製のスイングアームも従来型GSX-S1000シリーズから継承なのですが、コレ、実は過去のGSX-R1000に採用されたものと同じなんです! また、メインフレームもGSX-R1000の設計思想を受け継いだものとなっています。
フロントブレーキは従来型GSX-S1000シリーズ、及び新型GSX-S1000同様、310mmダブルディスク&ブレンボ製4ピストンモノブロックキャリパーの組み合わせ。
フロントフォークは伸び側/圧側ダンピング、スプリングプリロードがフルアジャスタブル。リヤショックは伸び側ダンピングとプリロード調整が可能。
純正タイヤにはGSX-S1000GTの重量や使用用途に合わせて内部構造を同車専用セッティングとしたダンロップ・ロードスポーツ2を採用。

スズキ GSX-S1000GTの快適装備・実用装備「ハンドルラバーマウント化&乗車姿勢変更でより快適に」

従来型GSX-S1000とGSX-S1000Fではシートは共通でしたが、シートレールが専用設計となったことからも想像できるように、GSX-S1000GTは長時間乗車時の快適性を重視した専用シートとなっています。

ライダー側もタンデム側も十分な厚みを確保したうえで、滑りにくい表皮採用。ライダー側シートはポジションの自由度も高くとられています。
なおシート高はGSX-S1000F、新型GSX-S1000とも同じで810mmです。

ライディングポジションも変更され、ハンドルはGSX-S1000F比でライダー側に14mm近付き、ハンドル幅が23mm広くなったことで、前傾度合いが緩くなっています。
また、ハンドルはトップブリッジとブラケットをラバーマウントとし振動を抑制。もちろんこれも長距離ツーリングでの疲労軽減をねらった変更です。

タンデムライダーの快適性も非常に重視されているGSX-S1000GT。グラブバーも握りやすい位置・形状が追求されたといいます。
シート高はGSX-S1000F時代とかわらず、GSX-S1000GTも810mm。
燃料タンク容量はGSX-S1000Fの17Lから、GSX-S1000GTでは19Lに拡大されています(新型GSX-S1000も同様に19L)。

新型GSX-S1000とも違う、GSX-S1000GTならではの大きな特徴がフルカラー液晶のメーターです。
現状、これはあくまで海外仕様の話となりますが、スズキの専用アプリを使うことでスマートフォンとの接続させることができ、電話や地図機能、音楽再生機能を連動させることができます。

フルカラー液晶メーターは左に回転計、中央に速度計、右に各種電子制御の作動状況、速度計の下に燃料計という表示構成。夜間や暗所では写真の「ナイトモード」に自動で切り替わります。
スマホ連動機能で地図機能を表示したときのメーター画面。
スマホ連動機能で音楽再生をしたときのメーター画面。

メーター左にはUSB電源ソケットを装備。

「GT系モデル」といえばサイドケースがおなじみですが、GSX-S1000GTでは純正オプションとして設定されます。
車体色同色のカバーが用意されるこのサイドケースですが、かなりの大容量で、SHOEI製ヘルメットの場合XXLサイズのフルフェイスヘルメットを収納可能です!

GSX-S1000GT用純正サイドケース。各車体色に合わせたカバーが用意されます。
サイドケースにフルフェイスヘルメットを収めた状態。サイドケースの装着には「サイドケースブラケットセット」と、メインキーでケースをロックする「ロックセット」も必要となります。

スズキ GSX-S1000GT主要諸元(海外仕様)

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列4気筒DOHCC4バルブ ボア・ストローク:73.4mm×59.0mm 総排気量:999cc 最高出力:112kW<152ps>/1万1000rpm 最大トルク:106Nm<10.8kgm>/9250rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2140 全幅:825 全高:1215 ホイールベース:1460 シート高810(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R190/50ZR17 車両重量:226kg 燃料タンク容量:19L
[車体色]
メタリックトリトンブルー、メタリックリフレクティブブルー、グラススパークルブラック

スズキ GSX-S1000GT(メタリックトリトンブルー)
スズキ GSX-S1000GT(メタリックリフレクティブブルー)
スズキ GSX-S1000GT(グラススパークルブラック)
スズキ GSX-S1000GTのライバルとして考えられるのは?

1

2

おすすめ記事

ハーレーダビッドソン スポーツスターS 【詳細解説】ハーレーダビッドソン「水冷DOHCの新スポーツスター」 価格は185万8000円〜で9月以降納車予定 空き缶で作れるアウトドア用アルコールストーブが凄いッ「市販品よりも火力が強力!!」 【快適ライディングウエア探求】基本を押さえた堅実なモデル フラッグシップのURBAN RIDE MESH JACKET
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ニンジャ250R カワサキ
PAGE TOP