新車

【NEW MODEL】本格派125ccモタード、アプリリア・SX125が発売! 先行予約キャンペーンも展開

ピアッジオグループジャパンが、125ccエンジンを搭載した本格派モタードモデルのSX125の受注を2019年1月25日より開始する。

SX125は2018年3月より販売を開始したRX125をベースにしたモタードモデル。
エンジンは水冷DOHC4バルブ単気筒を搭載し、排気量124ccから15馬力を発生。ベースとなったRX125よりもエンジン完成度が引き上げられており、高回転域での感動的な加速フィールと、刺激的な乗り味を実現している。

車両本体価格は税込で41万400円、ボディカラーのラインアップはブラックドリフト1色となっている。
国内出荷は2019年3月上旬ごろから順次行われる予定。

 

●フロントホイールは2.50×17、リヤホイールは
3.50×17。タイヤサイズはフロント100/80-17、リヤ130/70-17。

 

●メーターは視認性に優れるデジタルメーターを採用。スピードメーターやタコメータだけでなく、トップスピードメモリー、バッテリー電圧計、トラベルダイアリー機能も内蔵している。

 

 

1万円の商品クーポンが当たる先行予約キャンペーンも展開!

今回の発売にあわせ、SX125およびRX 125を正規販売店で成約した人のなかから抽選で10名に、アプリリア公式オンラインストアで使える1万円分の商品クーポンが当たるキャンペーンを実施している。

対象モデル:SX125、RX125の新車
対象期間:2019年1月25日(金)~2019年2月28日(木)
対象人数:対象モデルを期間中に予約した人のなかから抽選で10名
プレゼント内容:アプリリア公式オンラインストアにて購入できる商品1万円分(税込)のクーポン

 

 

主要諸元

車両:アプリリア SX125
エンジン:4ストローク 水冷単気筒 DOHC 4バルブ
総排気量:124.2cc
ボア×ストローク:58mm × 47mm
最高出力:11kW(15HP)/1万700rpm
最大トルク:11.3Nm/8000rpm
燃料供給方式:電子制御燃料噴射システム、マレリ製Φ32mmスロットルボディ
点火方式:電子制御イグニッションシステム
潤滑方式:ウェットサンプ
始動方式:セルフ式
トランスミッション:6速リターン
クラッチ:湿式多板クラッチ
フレーム:ツインチューブスチールフレーム
サスペンション:(F) Φ41mm テレスコピック倒立フォーク
サスペンション:(R)スチール製スイングアーム、プログレッシブリンク式モノショック
ブレーキ:(F) Φ300mm ステンレスディスク、フローティングキャリパー/(R) Φ200 mm ステンレスディスク、フローティングキャリパー
ABS:ボッシュ製9.1ML
ホイール:(F)2.50 x 17/(R)3.50 x 17
タイヤ:(F) 100/80-17/(R) 130/70-17
シート高:880mm
車両重量:134Kg
燃料タンク容量:6.2L
ボディカラー:ブラックドリフト
生産国:中国

車両本体価格:41万400円(税込)

 

 

CONTACT

問い合わせ先ピアッジオコール
電話番号03-3453-3903
URLaprilia-japan.com

関連記事

  1. 【NEW MODEL】BMW K 1600 Grand Amer…
  2. 【NEW MODEL】KAWASAKI Z900RS CAFE
  3. 【NEW MODELS】SUZUKI HAYABUSA
  4. 【NEW MODEL】トライアンフが量産車では世界最大排気量とな…
  5. 【NEW MODELS】HONDA CB400 SUPER FO…
  6. よりモダンに美しく SVARTPILEN 701のブロンズカラー…
  7. 【新刊情報】MCクラシック09号発売中!!
  8. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その3】40…

おすすめ記事

SHOEI Z-7に海をイメージした個性的なグラフィックモデルが登場 第22回 カフェカブミーティングin青山 11月3日、11月4日に開催 【NEW MODEL】HONDA CRF250 RALLY〈ABS〉 【速報】アドベンチャーテイストのパワフルデザインスクーター、ADV150が東京モーターショー2019で公開! 道路のゼブラゾーンって入っちゃいけないの? というか、そもそも何のためにあるの? トライアンフモーターサイクルズジャパンが過去最高の年間登録台数を達成
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP