新車

【NEW MODEL】CBR250RRがカラーリングを変更 HRCワークス仕様カラーも追加!

▲CBR250RR<ABS>グランプリレッド(ストライプ)

 

エッジの効いたスタイリングをより際立たせる

ホンダは250ccスーパースポーツモデル、CBR250RRのカラーリングを変更して発売する。

今回追加されたのは、鮮やかかつ深みがある新色のグランプリレッドと、HRCのワークスカラーを再現したグランプリレッド(ストライプ)の2色。

それに加え、現行色のマットガンパウダーブラックメタリックのストライプデザインも変更されたほか、パールグレアホワイトのアンダーカウルカラーもグレーからブラックに変更を行うなど、エッジの効いたスタイリングをより一層際立たせるカラーリングとなった。

いまや激戦区となっている250ccスーパースポーツカテゴリーのなかにあって、高回転まで鋭く吹け上がるエンジン特性や、スロットル・バイ・ワイヤシステムによってもたらされる上質かつ鋭い加速フィールが人気のCBR250RR。今回のカラーリング変更で、その魅力にさらなる磨きがかかったと言えるだろう。

発売時期は「グランプリレッド」、「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールグレアホワイト」は11月22日(木)に、「グランプリレッド(ストライプ)」は12月14日(金)となっている。

 

▲CBR250RR<ABS>グランプリレッド(ストライプ)

▲CBR250RR<ABS>グランプリレッド

▲CBR250RR<ABS>マットガンパウダーブラックメタリック

▲CBR250RR<ABS>パールグレアホワイト

 

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

CBR250RR グランプリレッド(ストライプ)
78万8400円(消費税抜き本体価格 73万円)

CBR250RR<ABS> グランプリレッド(ストライプ)
83万9160円(消費税抜き本体価格 77万7000円)

CBR250RR<ABS> グランプリレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト
80万6760円(消費税抜き本体価格 74万7000円)

 

ホンダCBR250RRの詳しい情報はこちら!

https://www.honda.co.jp/CBR250RR/?from=newslink_products

おすすめ記事

土の上を走ろう! ホンダドリーム関東 オフロード運動会 TRIUMPHという価値「魅惑する900㏄パラレルツイン」 【NEW MODEL】2019年6月21日発売! スーパーカブC125に新色追加!! 【リコール情報】トライアンフ・スラクストンにイグニッションスイッチの配線が断線する恐れ 大阪市に「トライアンフ大阪」がオープン! ニンジャZX-6Rの2020年モデルを11月15日に発売
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
  1. Z650 ザッパー
PAGE TOP