新車

98万円だけが魅力じゃない! トライアンフ トライデント660はツーリング性能も◎だった

ユニークな3気筒エンジンのパフォーマンス、クラスをリードするテクノロジーとハンドリング、100万円を切る魅力的な価格。これらの優位性を掲げトライアンフから新たにトライデント660が登場した。

当記事では、多くのライダーが楽しむ「日帰りツーリング」の行程を想定し、トライデント660の持つツーリング性能や、走りの魅力を探ってみた。


トライアンフ トライデント660。

【画像29点】トライデントの特徴や豊富なオプションパーツを写真で解説

トライデント660は「走りも装備も100万円以下とは思えないクオリティ」

乗って分かるのはテストライダーなら当然。でも、乗る前から分かる。これ、絶対良いやつ!

いや、ここ最近、トライアンフのマシンはどれもすごく良い。それは設計の絶妙さということもあるとは思うのだけれど、大きな要因のひとつに「テストライダー陣の感性が素晴らしい」ということがあると個人的には思っている。 過去に幾度も参加したニューモデル発表会で会ったテストライダーたちは、決して有名な選手権で活躍したようなライダーばかりではないのだけれど、だからこそなのか、ラップタイム的性能重視といったモノサシではなく、乗って楽しいと思えるマシン作りへのこだわりが一貫しているように感じられていたのだ。

ここ数年は、Moto2にエンジンを供給するなど、トライアンフ自体がMotoGPと深く関わりを持つことでレース色がやや強まっており、それがどのように影響するのか不安もあったのだが、そんな心配は全く不必要であった。

トライアンフ トライデント660はマイペースで楽しめるフレキシビリティも持っている。

「トライデント」という名前に込められた期待

「トライデント」という車名は「三つ又の槍」の意で、1968年にトライアンフが初めて発売した3気筒マシン「トライデントT150」が原点。

この新作に付けられた「トライデント」という名前は、1968年にトライアンフが初めてリリースした3気筒マシンに冠されたものである。ボンネビルしかり、スピードツインしかり、伝説ともなっている名車たちの名を拝借するのはプレッシャーでもあるはずだが、そこに強い意気込みも感じられる。
デザインは非常にオーソドックスかつ個性的。トライアンフのロードスターモデルのアイデンティティでもある特徴的な2眼ヘッドライトではないのが新鮮で、個人的には高評価でもある。

660ccの同排気量車「ストリートトリプルS」とは異なる専用設計

排気量は660cc。昨今の大排気量化というトレンドからすれば「小さい」とも思われるが、個人的にはトライアンフ史上最高の名機、スーパースポーツ・デイトナ675とほぼ同じ排気量ということを考えると、それはベストな選択であるとも言える。なお、ストリートトリプルSの排気量と同じことから、それを転用したエンジンと思うかもしれないが、その中身の多くは専用設計だ。

トライアンフ ストリートトリプルS。660ccの3気筒エンジンを搭載し、最高出力は95.2馬力。

キャラクター作りの要にもなるボアストロークからして違う。ストリートトリプルSは76mm×48.5mm、トライデントは74mm×51.1mm──ショートストロークエンジンが主流となるなかで、ロングストロークとしたその狙い。そしてそれによって得られるフィーリングがどういったものになっているのか?

フレームやスイングアームも、ストリートトリプルSのパッケージングを流用しているものと思った人もいるであろうが、こちらも完全なる新作が与えられている。それはよりストリートユースを意識した設定であり、ライディングポジションもこちらのほうがアップライト。着座した状態ではシートにほぼ全ての体重が載り、ハンドルがフリーになる。

トルクフルな3気筒660ccエンジン

走り出しての第一印象は「本当に660ccなのか?」。そう思うほどトルクフルかつパワフルである。どのギヤを選択しようが、どの回転数を使おうが、アクセルひとひねりで力強い加速力を見せてくれるフレキシブルさ。
回転でパワーを上乗せしていくのではなく、トルクでスピードを増していくといった印象が、よりイージーな操作感を演出してくれる。これはロングストローク化の恩恵でもあるだろう。

トライデント660のエンジンは力強くリニアなパワーとトルクが特徴。最高出力81馬力、最大トルク6.5kgmの性能で、排気音も3気筒エンジンの独特なサウンドを深く響かせるよう設計されている。

一方、トルク重視のエンジンにありがちな、重ったるさやレスポンスのだるさがないのは排気量のバランスの良さといったところか。回転数を上げる方向に使い方を持っていった場合でも、フリクションなくキレイに回転数が上昇していく。 それは4気筒エンジンかと思わせるほど柔軟性にも富んでおり、魅惑のトリプルサウンドとともに刺激的な面も持ち合わせている。

そして、そのパワーカーブはちょうど良いタイミングで頭打ちを迎える。 早すぎればもうちょっと欲しかったと欲が出る。逆に遅すぎれば恐怖を抱く。そのさじ加減が絶妙で満足感の高い設定は、ラップタイム優先で作り込んだからではないからこそではないだろうか。

半面、もしサーキットで走らせても間違いなく面白いはずで、乗りこなしてやったという充実感が味わいやすい設定である。

2種類の走行モードを備えるトライデント660

状況に応じて選択できる2種類の走行モードを搭載。出力特性、ABS特性、トラクションコントロール特性が切り替わる。
同クラスのライバルにはない、「ロード」と「レイン」という2つのライディングモードを環境に応じて使い分けることで、安全な走りを楽しめる。
個別にABS、スロットルマップ、トラクションコントロールの設定を変更することも可能。
トライアンフ トライデント660(テスト車両は純正アクセサリー装着車)

トライデント660はハンドリングの素直さも魅力

ハンドリングは いたって素直。ホイールベースが短く感じられるようなキャラクターで、人車一体感が高くスイスイと旋回していく。もともとの軽量さに加え、ライディングポジションによって作り出される荷重バランスによって、フロント回りの軽快さを引き出しやすくも感じられる。

今一歩と感じられたのは足まわり。路面のギャップを体に伝えがちなのは、仕方ないところか。とはいえ、分かりやすい挙動がバイクをコントロールすることに自信を与えてくれる設定でもある。
もちろん、ここに手を入れればハッキリと違いが出るはずであり、そんなカスタマイズの楽しみもバイクライフに豊かさを与えてくれるはずだ。

ライディングモードやトラクションコントロール、シンプルな画面ながら多機能なメーター等、機能面でのコストパフォーマンスの高さが際立っているものの、そこばかりがこのマシンの目玉ではないことは強調しておきたい。基本的な部分での高い完成度があるうえで、この装備、価格設定なのだから文句のつけようがない。

フロントサスペンションはショーワ製インナーチューブ径41mmの倒立式フォーク。フロントブレーキは310mmダブルディスクにニッシン製2ピストンキャリパーの組み合わせ。
リヤサスペンションはショーワ製モノショックでプリロード調整が可能。リヤブレーキは255mmシングルディスクにニッシン製シングルピストンキャリパーの組み合わせ。
標準装着タイヤはミシュランのロード5。

トライデント660に乗って感じたトライアンフの飛躍

ここ数年、トライアンフの販売台数はとにかく好調である。それは販売サイドの努力もあるとは思われるが、まずもって「マシンが良い」ということが大前提としてあると思う。

良いものが必ずしも売れるとは限らないけれど、テストライダーとしては、乗ったうえでそれが当然であるように感じるのだ。そんななかで登場したトライデントもまたしかり。同社のさらなる飛躍を感じさせるマシンに仕上がっていたのである。

トライアンフ トライデント660のピュアでミニマルなフォルムは、日本の旅先で出会うシックな情景にも違和感なくマッチする。

トライデント660の足着き&ライディングポジション

805mmと、スポーツネイキッドとしては標準的なシート高。極端に低いわけではないが、運動性能を考えると良いバランス。乗車姿勢はコンパクトで自由度も高い。ハンドル位置がアップライトで腕にプレッシャーがかからず、操作性とハンドリングの軽快さを生み出している。

身長165cmのライダーがトライアンフ トライデント660にまたがった場合の足着き。
身長165cmのライダーがトライアンフ トライデント660にまたがった場合の乗車姿勢。

トライアンフ トライデント660主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:74.0mm×51.1mm 総排気量:660cc 最高出力:60kW<81ps>/10250rpm 最大トルク:64Nm<6.5kgm>/6250rpm 燃料タンク容量:14L 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:── 全幅:795 全高:1089 ホイールベース:1401 シート高:805(各mm) 車両重量:189kg タイヤサイズ:F120/70R17 R180/55R17

【カラー】
クリスタルホワイト、サファイヤブラック、マットジェットブラック×シルバーアイス、シルバーアイス×ディアブロレッド

【価格】
97万9000円

トライデント660は「機能的な純正アクセサリーも充実」

【テスト車に装着の純正アクセサリー】
MY TRIUMPHコネクティビティモジュール(4万6453円)、MY TRIUMPH CONNECTIVITY MODULE FITTING KIT(880円)、USBチャージャー(5060円)、アルミ製ベリーパン(3万690円)、タンクパッド(6270円)、ヒートグリップ(4万5100円)、ピリオングラブハンドル(3万690円)、フライスクリーン(2万3870円)、バーエンドフィニッシャーキット ブラック・ペア(6490円)、機械加工バーエンドミラー(4万700円)、CNC機械加工オイルフィラーキャップ(3740円)、テールパック(3万2120円)、スクロールLEDインジケーター フロント/ペア(2万3870円/2万4640円) *いずれも価格は工賃別

トライアンフ トライデント660(純正アクセサリー装着車)。
オプションアクセサリーの装着例。今回の試乗車はスタイルのブラッシュアップとツーリングの利便性を高める純正アクセサリー14点を装備。
オプションアクセサリーの装着例。このほかにもプロテクションパーツやクイックシフターなどが用意されている。オプションパーツは全て走行距離無制限の2年保証付き。
オプションのスイッチ一体式のグリップヒーター。温度は3段階に調節可能。
オプションパーツのピリオングラブハンドル。タンデム時の安定性を高める。
オプションパーツのテールパック。防水仕様で急な雨でも安心、付け外しも簡単。
オプションパーツのUSBソケットはシート下に装着される。各種電子機器の充電に重宝するパーツだ。

「マイ トライアンフ」アプリを使えばスマホなどと連動が可能

「マイ トライアンフ」アプリとの連動も可能。

オプションで「マイ トライアンフ」コネクティビティシステムを追加してスマートフォンと連携させれば、TFTディスプレイに電話の着信状況や簡易ナビ、音楽再生メニューを表示可能。また、コネクティビティモジュールにGoProを接続すれば、車体のスイッチで各種操作ができる。

試乗レポート●鈴木大五郎 写真●岡 拓/トライアンフ 編集●モーサイ編集部・中牟田歩実

おすすめ記事

続編も公開された!『ターミネーター2』でシュワちゃんが激走したバイクとは? ベスパGTSスーパー150とスプリント150にレーシーなツートーン仕様が登場、イメージカラーのアパレルも同時にスタンバイ 【NEW MODEL IMPRESSION】KTM 790 ADVENTURE/R その違いは何か?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP