新車

ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近!

1300cc水冷4気筒エンジンを搭載する人気ネイキッドモデルのCB1300スーパーフォア、そして同車をベースにハーフカウルを備えたCB1300スーパーボルドールに、オーリンズ製サスペンションとブレンボ製フロントラジアルマウントキャリパーを装備し、走行性能を高めた「SP」という新グレードが登場!

車体色は専用のツートーンカラーで、ETCとグリップヒーターを両車とも標準装備。価格、発売日など詳細は未定だが、装備の内容を考えると価格はベースモデルから約40万円~50万円のアップで、CB1300スーパーフォアSPが約190万円、CB1300スーパーボルドールSPが約200万円といった設定だろうか。

あくまで市販予定車ということだが、近々お目見えすることは確実。CBファンならずとも期待のニューモデルになりそうだ!!

report●モーターサイクリスト編集部 photo●小見哲彦

 

 

■CB1300スーパーフォアSP

 

 

■CB1300スーパーボルドールSP

スイングアームとホイールは艶消しブラック塗装仕上げに。ゴールドのオーリンズ製リヤショックが引き立っている。これは楽しみなモデルだ!

 

おすすめ記事

【NEW MODEL】アーバンスタイルの特別仕様車、V7Ⅲ Rough 登場!! キタコがZ900RSやCBR650R、レブルに対応する電源取り出しハーネスを発売 【偉大なる“発明品”の話】カブの自動遠心クラッチは、カブに何をもたらしたか(後編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP