新車

「巨大すぎる125ccクルーザー!」ハーレーより長い、レオンアート・パイルダー125試乗

125ccで水冷2気筒エンジンという貴重な存在感

水冷の並列2気筒OHC2バルブエンジンは回り方が少々ラフではあるが、車重に対して苦しげな様子を見せることなく、アイドリング近辺から1万rpmオーバーまでしっかり回る。
レオンアートのほかの並列2気筒モデルが最高出力12ps/5速ミッションなのに対して、パイルダー125は唯一6速ミッションを装備しており、非公式ではあるが最高出力も約15psまで高められたハイチューン版だという。
排気音もかなり威勢がいい。

最高出力15馬力を発揮するという125cc水冷並列2気筒OHC2バルブエンジン。パイルダー125には6速ミッションが組み合わされる。

その音でごまかされているところも多分にあるかもしれないが(笑)、2000rpm付近でも十分なトルクがあり、体感的にはかつて試乗したことのある125ccスポーツモデル・スズキGSX-S125(車重はパイルダー125より50㎏近く軽量な133kg)と遜色のない動力性能と感じられた。

迫力ある音を奏でるマフラー。カーボンパーツのマフラーエンドもカスタムバイクらしいデザインを演出している。

ハンドリングは、ロングホイールベースでタイヤサイズも前100、後ろ190サイズと太いために直進性が強い(ちなみに人気の250ccクルーザーモデル・ホンダ レブル250は前130、後ろ150。パイルダー125のリヤタイヤの190/50-17というサイズは大型スポーツバイクでおなじみのサイズである……)。

フロントブレーキは300mm径ダブルディスク。フロントタイヤサイズは100/90-19。
スイングアームは片持ち式。リヤフェンダー&ナンバープレートステーは昨今トレンドのスイングアームマウント。
リヤブレーキは260mm径のシングルディスク。リヤタイヤサイズは190/50-17。

とはいっても大排気量車のようなホイールマスの強さはないので、アールが緩いコーナーや車線変更程度であれば慣性をほとんど感じさせない小排気量車的な身のこなしなのだが、交差点などではどうしてもハンドルを切って曲がらざるを得ない。
そこで問題になってくるのが先述したハンドルバーの遠さで、小柄な人だと手が伸びきって切れ込みを抑え込んでしまうはず。そうなるとますます小回りできなくなるので、思い切ってハンドルバーを交換したほうがいいかもしれない。

幅がせまく、低く構えたハンドルはクルーザーというよりはカフェレーサーのよう。
メーターはシンプルな丸型液晶。上部に回転計、中央にデジタル式速度計、下部にギヤポジション、燃料計、オド/トリップを表示。
肉厚・弾力ともにたっぷりとしたシート。リヤサスペンションはシート下に内蔵されている(一見リジッドサス風ながらちゃんとサスペンションを備えた、いわゆる「ソフトテイル」だ)。

細かいことを言うとシフトフィールが少々渋め、ブレーキも効力自体は十分なもののオンオフスイッチ的な作動で微妙な加減がしづらいなど、国内メーカー車はもとより、メジャーどころの海外メーカー車よりも荒削りなところがあるのは否めないのだが、これらに目くじら立てて文句を付けるのは野暮というものだろう。

カスタムバイクらしい魅力を持った「パイルダー125」

モンキーやエイプにハイカムだロンスイだといろんなパーツを付けてカスタムしていくと、おそらくこんな乗り物になるんだろうなという自由奔放さが感じられて憎めないのである。
むしろ今どきの量産車ではなかなか味わえない、バイクと対話しながら操るような充足感が得られて結構楽しいひとときを過ごせた。

普段の足代わりに使う道具としてはちょっとお薦めできるものではないが、たまの天気の良い休日など、バイクに乗りたい気分になったときに『パイルダーオーン!』と外に繰り出すような使い方にはこの上ない相棒となってくれるだろう。

ヘッドライトはハロゲン式だが、外周部にはLEDのポジションランプが配される。
シート後端がほぼテールカウルというコンパクトにまとめられたリヤセクション。ウインカー、テールランプはLED。

125ccとしては高めの車両価格にもかかわらず、最初に入荷した50台は早くも輸入元完売。各販売店の店頭在庫のみとなっている。
2021年モデルの入荷も予定されているというが、タイミングが不透明ということなので、興味を持った人は早めのご決断を。

レオンアート・パイルダー125(2020年モデル)主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列2気筒OHC2バルブ ボア・ストローク:44mm×41mm 総排気量:124.6cc 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2390 全幅:800 全高:1125 ホイールベース:── シート高:700(各mm) タイヤサイズ:F100/90-19 R190/50-17 車両重量:180kg 燃料タンク容量:──
車両本体価格:59万4000円(税込)

レポート●高野栄一 写真●沖 勇吾 編集●上野茂岐

1

2

問い合わせ

ウイングフット
TEL:03-3897-7255
https://www.leonart.jp

おすすめ記事

【時代を駆け抜けたバイクたち1】ホンダCBR900RRファイヤーブレード 【シーズン到来!ツーリング快適アイテム最新版】KIJIMAドライブレコーダー1080J 【NEW ITEM】Alpinestars FASTER3 DRYSTAR SHOE
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. GB350 ホンダ
PAGE TOP