ニューモデル

3馬力アップで最高出力41馬力に! ホンダCBR250RRがマイナーチェンジし9月に発売、価格は82万1700円から

DOHC4バルブの並列2気筒エンジンと搭載する250ccスポーツモデルのホンダCBR250RRがマイナーチェンジし、9月18日に発売される。
マイナーチェンジの主なポイントは以下の6点だ。

新型CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)

・エンジンの出力向上(従来型38馬力/1万2500回展→新型41馬力/1万3000回展)
・アシストスリッパークラッチ採用
・サスペンションのフリクション低減と、減衰力の設定変更
・車体色の変更
・ABSは標準装備に
・オプションでアップ/ダウン両対応のクイックシフターを用意(価格は2万5300円で、従来型には装着不可)

新型CBR250RR(グランプリレッド)

出力、トルクとも約10%向上したエンジンの改良点

一番の注目はやはりエンジンの改良だろう。
ピストンは新設計となり、圧縮比は従来型11.5→新型12.1へと高められたほか、ピストンリング溝には錫メッキ処理を追加。コンロッドは強度を高めるため、浸炭処理を行ったものに。

また、バランサーシャフト軸の小型化、バルブスプリング荷重の低減などを行い、フリクションロスを低減。点火時期や吸気排気系の再調整や、マフラー内部構造の変更も行われている。

それらの改良で最高出力は3馬力アップの41馬力、最大トルクは0.2kgmアップの2.5kgmとなっており、エンジン自体の特性の変化にあわせ、3種のライディングモードの出力特性も再調整されている。

車体色も大胆に刷新、赤フレームが初登場

新型CBR250RR(パールグレアホワイト)

グランプリレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトと、グランプリレッド(ストライプ)の計4カラーという設定は従来型と同様だが、各パーツの配色などが変更され、イメージを一新している。
まず、全車体色ともゴールドのホイールを採用。
グランプリレッドは赤と黒のツートーン的な配色となり、マットガンパウダーブラックメタリックはグラフィックパターンが赤を強調したものに。
パールグレアホワイトはグラフィックを変更しつつ、赤いフレームが採用された。

新型CBR250RR(マットガンパウダーブラックメタリック)

ホンダCBR250RR主要諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク62.0mm×41.3mm 圧縮比:12.1 総排気量249cc 最高出力30kW<41ps>/1万3000rpm 最大トルク25Nm<2.5kgm>/1万1000rpm 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:2065 全幅:725 全高:1095 ホイールベース:1390 シート高790(各mm) 車両重量:168kg タイヤサイズ:F110/70ZR17 R140/70ZR17 燃料タンク容量:14L
【価格】82万1700円(ブラック、ホワイト、レッド)/85万4700円(レッド×ストライプ)

まとめ●モーサイ編集部

お問い合わせ先

ホンダお客様相談センター
TEL:0120-086819
https://www.honda.co.jp/motor/

おすすめ記事

【編集部さとうのVITPILEN 701日記】12rpm(最終回):VITPILEN 701は長距離移動もラクラクか? 信州1泊2日ロングツーリング:2日目 大型連休にいってみたいツーリングルート!蔵王エコーライン編 【NEW ITEMS】TZR250(1KT)オーナーに朗報! 純正形状FRPフューエルタンクが受注生産開始っ!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP