ニューモデル

【試乗レポート】KTM 890デュークR「ネイキッドでありながら、サーキットではスーパースポーツ的な走りも可能!」

ブレーキ、車体姿勢、サスペンション設定も790デュークから変更

そういった意味では、この+90ccの新エンジンは扱いやすさを手放すことなく、さらに強大な底力を手に入れたと言える。バランサーシャフトの改良により振動もあまり気にならないのもいい━━ちなみに、今回の試乗コースは1周920mの富士スピードウェイのショートコース。ストレートは200m強の設定なので、4速で吹け切って、5速に入れる間も無く1コーナーという感じだった。コーナーは低中速が中心だが、ここでフレキシブルかつパワフルなエンジンを存分に楽しめたのは、車体の出来の良さがあってのことだろう。

とにかく剛性バランスが良く、その安定性やスタビリティと柔軟性のバランシングポイントが優れており、しっかりした感覚を持つ車体からのインフォメーションが分かりやすいのである。この点が非常に素晴らしい。
総じてそのフィーリングは「堅牢だが弾力性のある」感じで、790デュークに対し車高(最低地上高)を20mm引き上げ、スイングアームの垂れ角を変更しアンチスクワット性を調整。より車体のレスポンス性やトラクション感も向上している。

サスペンションは790デュークと外観は同様の物で、ストローク量も同じ数値となっているが、ダンパー特性を変更した硬めの設定となっており剛性感がある。見た目やポジションから想像するほどのピッチングはなく、高速からのフルブレーキングも極めて安定している(しかもフロントブレーキは790デュークと比べローター径20mmアップの320mmとなっており超強力!)。
これが車体としての高い安定感とバランス実現に寄与しており、ライダーに対する親和性や許容範囲を広げているのだろう。

フロントブレーキは320mmダブルディスクにブレンボ製の最高峰キャリパー・スタイルマの組み合わせ。WP製の倒立フォークはインナーチューブ径43mm。

リヤサスペンションもWP製で、直押し式のモノショック。

メインフレームは790デュークから継承されるが、サスペンション設定の変更でキャスター角、車高、スイングアーム垂れ角など車体姿勢は変更されている。標準装着タイヤはサーキット志向のミシュラン・パワーカップ2。

コーナーリングはほぼニュートラルで(写真のようにサスペンションも良く沈み込んでいる)、ロードコースを乱暴に攻めても破綻するような予感はほとんどない。装着タイヤがサーキット指向のミシュラン・パワーカップ2であることも大きいだろう。
何しろ、的確なボディアクションを加えてやれば、そのコーナーリングはスーパースポーツのようなフィーリングとなると同時に、信頼感もあるのでヒザを擦ることも容易だ。
エンジン出力とスロットルの調教具合が絶妙で、それに加え車体に柔軟性もあるから、コーナリング中のライン修正やスピード調整すら可能で、とにかく自由度も高いのである。

KTMの広告ビジュアルで、尋常ではないバンク角でヒジまで擦っている写真が使われているが、この890デュークRの車体の性格なら同じような走りができるのではないかと思わせるほどの安定感と、ある種の優しさを実現している(無論、一定以上の技量や練習は必要になるだろうが)。
近年のKTM、特にモトクロッサーなどでは、車体の限界性能と柔軟性(ライダーへの親和性)という点には特筆すべきものがあるが、この890デュークRにもそのニュアンスが感じられるのである。

そういった意味で、ビギナーからベテランまで幅広く対応できる素質を持ちながら、クローズドコースで全開のスポーツ走行、限界走行を楽しめるのが890デュークというモデルである。
そして、最後に忘れてはならないのは、6軸IMUによる充実した電子制御の存在だ。890デュークRの親和性は、かなりの部分がこれによって確立されているはずだ。
走行モードはレイン/ストリート/スポーツの3種類があり、それぞれのモードでコナーリングABS、バンク角連動型トラクションコントロール、ウィリーコントロール、出力特性(スロットルマップ)を調整するもの。
これらの恩恵はフルブレーキングからのコーナー進入時やコーナー立ち上がり加速での安定感に現れ、ライダーの不安や恐怖を取り除いてくれることで、走りの純度をより高いものにしてくれるのだ。

メーターはカラー液晶モニターで、バーグラフ式回転計とデジタル速度計を中央に大きく表示。ギヤポジション、燃料計、水温計、時計、オド/トリップ、航続距離なども表示される。

KTM 890デュークR 足着き&ライディングポジション

ポジション自体はとてもアップライトでリッラクスできるもの。アップ気味のハンドルとシートの位置関係は上体の起きた自然な姿勢で、街中やツーリングも快適にこなせるものだ。ただし、フルブレーキング時やコーナーリング時には腕にかかる負担が大きめで、その点はオフロードモデルのようにも思える。

シート高は790デュークから9mmアップの834mmで、ロードモデルではやや高い部類。身長170cmのライダーの足着き性は両足でそれなりにカカトが浮くレベル。ただ、ステップがバックステップ気味となっているのでまたがりやすく、車重も軽量なので不安感は少ない。

KTM 890デュークR主要諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク90.7mm×68.8mm 圧縮比:13.5 総排気量890cc 最高出力89kW<121ps>/9250rpm 最大トルク99Nm<10.1kgm>/7750rpm 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:1482±15 シート高834(各mm) 車両重量:166kg(乾燥重量) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17 燃料タンク容量:14L
【価格】146万5000円

試乗レポート●関谷守正 写真●山内潤也 編集●上野茂岐

1

2

おすすめ記事

安全性、防寒性、運動性のバランスがいいフラッグシップの秋冬アイテム ムーブアラウンドジャケット&ディフェンドカーボングローブ 新潟県と神奈川県にカワサキプラザがオープン! 珠玉の並列3気筒! 2000年代名作バイク、トライアンフ・ストリートトリプルを解説!(2009年)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP