新車

【比較試乗】新型ヤマハMT-03 & MT-25「パワーを取るか、車検無しを取るか、それが問題だ」

新型MT-03&MT-25はデザインを刷新、倒立フォークも新採用

車検のない気軽さ。コストフォーマンス。我国においてやはり250ccクラスは偉大ある。
半面、この車格のままもうちょっとワーあったらなぁ……と思うことも少なくない。レーサーレプリカブームのころのように、250ccクラスでハイフォーマンスを競い合っていた時代ならいしら、現在の250ccクラスのマシンは車体エンンに勝っていることほとんどである。
排ガス規制への対応等でも、過去の250ccクラスのパフォーマンスを同じ排気量で実現するのが難しい時代になってきたという面もあるだろう。

MT-03 2020年モデル

ヤマハMT-03 ABS エンジン、車体などは従来型をベースとするが、LEDを採用したヘッドライトやボリューム感を増したタンクカバーなど最新MTシリーズに通じるデザインへ刷新。倒立フォークも新採用された。

MT-03 2020年モデル

ヤマハMT-03 ABS主要諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク68.0mm×44.1mm 圧縮比:11.2 総排気量320cc 最高出力31kW<42ps>/1万750rpm 最大トルク29Nm<3.0kgm>/9000rpm 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:2090 全幅:755 全高:1070 ホイールベース:1380 シート高780(各mm) 車両重量:169kg タイヤサイズ:F110/70R17 R140/70R17 燃料タンク容量:14L
【価格】654500

しかし、この250ccという排気量はほ日本独自の規格あり、世界の多くの国は250cc区切るという概念ない。 コンクトさや軽量さを考慮すると、300cc前後がバランスの良い排気量になるのだろう。実際、世界的には300cc前後のモデルが多く登場している。
これは、過去に600ccクラスルクラスの世界的スタンとなっていたのに対し、日本はそれらをスケールダウンした400cc車が投入された現象と似ているのかもしれない。

さて、若年層を中心に人気を博しているYZF-R25とYZF-R32019年にモルチェンされたのに続き、そのネイキッドバョンと言えるMT-25とMT-032020年モ刷新された。
従来モルに対し、基本設計は踏襲されるものの、デザインを大胆に変更。また、倒立フォークやLEDライトの採用な、機能面にかかわる部分も改められている。

MT-03 2020年モデル

中央の小型LEDがヘッドライト。上部に2つある線状のLEDはポジションランプ。

MT-03 2020年モデル

新採用された倒立フロントフォークはインナーチューブ径37mm。前後ブレーキにはABSが標準装備される。

、一番のトックとも言える倒立フォークある、個人的にはこのクラスなら「正立のまま良いのは?」 ……なと考えつつ、自分若かったころのことを思い出した。
に倒立良いのか? 剛性アッやらネ下重量の軽減など、メリットあることは聞いてはいた。、「カッコいいから!」というの当時若者だった我々のスタンな意見あった。
現在、小排気量クラスのメインマーケットであり、日本以上に若者が多いアア圏からの要望もきっと大きいのろう。それは自分たちの過去を振り返ってみれ納得もある。

その倒立フォークの採用により、ンキンにともなってスイッと素直に舵角つく、いわゆる“ヤマハハンリンやや薄れた印象もある、とりたてて剛性が勝り過ぎているといったことはなく、素直なハンリンは引き継れている。

エンジンは排気量320ccの水冷並列2気筒。最高出力は42馬力、最大トルクは3.0kgm(現行型YZF-R3と同スペック)。

MT-03 2020年モデル

前後タイヤはダンロップ製のラジアルタイヤ、スポーツマックスGPR-300を標準装着。

ヤマハ MT-03 MT-25

メーターはモノクロの液晶パネルで、MT-03MT-25も共通。バーグラフ式回転計、燃料計、ギヤポジション、時計、オド&トリップを表示。

MT-03MT-25:エンジンパワーの違いはどうか

MT-25

ヤマハMT-25 ABS

ロールモルとして主流となる300ccクラスのモデル設計ベースとしてあって、そこに“日本仕様”のエンンを載せる──というのは、このMTシリーズ2台に限らず、300ccクラスの兄弟車を持った250ccモデルの手法あろう。

5年ほ前に行ったYZF-R25とYZF-R3のテストは、ほ全てのシチュエーションYZF-R3YZF-R25の印象を上回っていた。やはり設計ースYZF-R3あれ、評価もそうならるを得ないなぁ……と感たものった、今回善戦していると感たのはMT-25のほうあった。

MT-25 2020年モデル

ヤマハMT-25 ABS エンジン、ヒールプレートのデザイン、車名エンブレムが異なる以外はMT-03と共通のパッケージ。カタログ数値の寸法、車重はMT-03MT-25とも同一となっている。

MT-25 2020年モデル

ヤマハMT-25 ABS主要諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク60.0mm×44.1mm 圧縮比:11.6 総排気量249cc 最高出力26kW<35ps>/1万2000rpm 最大トルク23Nm<2.3kgm>/1万rpm 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:2090 全幅:755 全高:1070 ホイールベース:1380 シート高780(各mm) 車両重量:169kg タイヤサイズ:F110/70-17 R140/70-17 燃料タンク容量:14L
【価格】62万1500円

MT-25 倒立フォーク

ヤマハによれば、倒立フォーク、リヤショックのセッティングに違いはなく、MT-03、MT-25共通だという。MT-03同様、前後ブレーキにABSを標準装備。

なかなかそのパフォーマンスを開放する機会がないハイワーマシンと違い、気軽にアクセルをワイオーンできるのは両車共通だが、当然MT-03のほうがパワフルある。
ここまで300ccクラスと言ってきたが、MT-03の排気量は320ccであり、250ccのMT-25とは70ccの違いある。数字としては一見小さいような気がするが、MT-25からすればMT-03の排気量は約3割増である。その差は大きい。
MT-25に対し、MT-03が1速上のギヤも余裕でこなせてしまうというコーナーはそう多くないが、「2速か3速か迷う」という場面は、MT-03は1つ上のアを選択するというケースが確実に増える。 また、同じギあっても、エンジンは明らかにトルクフルに感させる。

MT-25

エンジンは排気量249ccの水冷並列2気筒。最高出力35馬力、最大トルクは2.3kgm(こちらも現行型YZF-R25と同スペック)。

MT-25

前後タイヤはIRC製のバイアスタイヤ、ロードウィナーRX-01。

しかし、2車同時に比較しなけれさほ不満にも思わなかったのも事実。さらにいえ、まるキャレター車を思わせる中低速の穏やかなレスンスと、高回転にのび切っていく際のシームレスな感覚はMT-25のほうより強く感られたの
市街地や高速移動も含め、多くの場面MT-03有利という印象は揺るなかったものの、ワインィングでーツしている感覚、そして楽しさはMT-25に軍配ったのある。

MT-03/MT-25:車体の印象に違いはあるのか

サスペンション設定含め車体は基本的に2車共通とのことだが、装着されるタイヤ異なること、若干のフィーリンの違いあった。
MT-03アルのンロッ製GPR300を装着しているのに対し、MT-25はイアスのIRC製RX-01。
MT-25のほうソフト取っ付きやすいフィーリング。タイトでギャッの多いワインィングではこちらのほう接地感も高く感られた。
一方、ある程度スドが出てくると、カッチリした手応え安心感に変わっていくのはMT-03のほうだ。より高いスレンやタンム時の安定性、また、タイヤの耐摩耗性はこちらに分あるのは?と感られた。
2車ともエンワー穏やかなの、車体に関してはま余力ある印象。よりハイリッなタイヤを装着しても面白いろう。

エンブレム以外で、外観から2車を区別する貴重なポイントのヒールプレート。こちらはMT-03のものでプレーンな板状。

MT-25のヒールプレートは肉抜き加工がされており、スポーティなルックスとなっている。

全体として足まわりは柔らかめの設定、路面状況は把握しやすい。積極的なライィンをしなくても軽快よく曲る特性ある、半面、強引に寝かしたりしても破綻しない優しさあり、スーティにも楽しめるのうれしい。
これまで様々なイクをテストしてきたが、今日において、MT-03/MT-25の持つスックは特筆したものはない。
しかし、多くのライ不安感を覚えに、イク持つ爽快さや刺激を安全に味わえるスタート地点に位置するマシンとしては非常にランスの取れたキャラクターとなっている。
そのうえ、ある程度経験あるライーも感られるあろう楽しさも持ち合わせていたのは意外だった。この2台、若者やビギナーけのマシンにしておくのはもったいと思うのある。

MT-03/MT-25 足着き&ライディングポジション

非常にスリムかつコンパクト。シート高がすごく低いというわけではないが、軽量なこともあってプレッシャーはない。ハンドル位置は適度にアップライトながら、前傾姿勢もとりやすい自由度の高いライディングポジションとなる。ヒザ周りが車体にピタリとフィットする感触がヤマハらしい。ライダーの身長は165cm。

市街地など日常領域での扱いやすさを重視し、ハンドルは従来モデルから高さを44mmアップ。

シートは前後分割式で、従来モデルと同様のもの。シート高はMT-03、MT-25とも同値で780mm。

 

試乗レポート●鈴木大五郎 写真●真弓悟史 編集●上野茂岐

おすすめ記事

TRIUMPHという価値「さらに進化した道を選ばぬ相棒(TIGER)」 【NEW ITEMS】TZR250(1KT)オーナーに朗報! 純正形状FRPフューエルタンクが受注生産開始っ!! 二人乗りOK区間が約2km増えた! 首都高の渋谷入口新設でタンデムツーリングがちょっと便利に!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP