新車

新海 誠監督のアニメーション映画『天気の子』仕様のスーパーカブが7月より発売開始

スーパーカブ50と110にピンクの『天気の子』特別仕様が登場

20197月に公開され、大ヒットとなった新海 監督のアニメーション映画『天気の子』。作中で夏美がピンクのスーパーカブに主人公の森嶋帆高を乗せ、街中を駆け巡ったシーンを覚えている人も多いのではないでしょうか。
そのカラーリングの再現したスーパーカブが、ホンダから受注期間限定で販売されることになりました。

じつはこのスーパーカブ『天気の子』ver.は、ホンダ公式のレンタルバイクサービス「HondaGO BIKE RENTAL」で、レンタル専用車として活躍していたのですが(110ccモデルのみ)、若年層を中心に人気を博したため、一般ユーザーも購入できる市販バージョンの発売が決定したということです。

レンタル専用車は110ccモデルのみでしたが、市販バージョンには50ccモデルも設定。

スーパーカブ50・『天気の子』ver.(26万9500円)

『天気の子』製作委員会監修のもと、劇中のカラーリングを忠実に再現した車体色「サマーピンク」に彩られるほか、ブラウンのシートを組み合わせ、ポップな印象の特別仕様車となっています。
また『天気の子』ver.専用ステッカーがレッグシールド内側に配されるのもポイント。

スーパーカブ 天気の子

レッグシールド内側には『天気の子』ver.専用ステッカーが

受注開始は7月23日からで、スーパーカブ50・『天気の子』ver.269500円、スーパーカブ110・『天気の子』ver.が31万3500円。性能面は通常のスーパーカブ50/スーパーカブ110と変わりはありません。
なお、販売は全国の「HondaGO BIKE RENTAL」加盟店で行われます。

スーパーカブ50/110・『天気の子』ver.を成約すると、劇中で夏美が使用していたものをモチーフにしたヘルメットがプレゼントされます。

問い合わせ●ホンダお客様相談センターTEL0120-086819
https://www.honda.co.jp/SUPERCUB/personal/special/

おすすめ記事

61年前の大健闘 ホンダがマン島TT初挑戦で崩した“世界の壁” SHOEIが星条旗をプリントした精悍なブラックのオフロードヘルメットを発売 KTMが新型ミドルネイキッドの890デュークRを発表 防寒性能は随一!? クシタニが作り込んだウィンターウェア! 【NEW ITEMS】ストリートでの究極の性能を手に入れろ!! キタコからBMW車対応のブレーキパッドが登場 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (前編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP