新車

【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Africa Twin /〈DCT〉

▲マットパリスティックブラックメタリック

電子制御系をアップデート

価格:138万2400円(つや消し黒)、141万4800円(赤、白)/149万400円(つや消し黒)、152万2800円(赤、白)

発売日:4月2日

問ホンダ ℡0120-086819 http://www.honda.co.jp/motor

スタンダードシリーズは、今回の熟成で電子制御スロットルとライディングモードセレクターを新採用。トラコンのセッティング幅が拡大され、エマージェンシーストップシグナルやオートキャンセルウインカーが追加された。バッテリーは軽量なリチウムイオンタイプに変更されている。

◀グランプリレッド

 

 

 

 

 

 

◀パールグレアホワイト

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

「大排気量のカワサキ」はいかにして確立されたのか? キーポイントはメグロ、CB750フォア、Z1 シリーズ初となるLEDライトを装備したモト・グッツィV7IIIストーン ナイトパックが登場 【バイク熱狂時代は永遠に:2】そこには守るべき“ルール”があった……高校生が見た1980年代の峠の世界
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP