バイク

10万円台で125ccマニュアル車が新車で買える! 海外生産の「日系輸入車」という世界

「新車欲しいけど、最近新車って高いんじゃないの?」
「125ccは維持費がおトクっていうけど、スクーターばっかりじゃないの?」
……なんて思っている方、少なくないんじゃないでしょうか。
そんなアナタに朗報です。10万円台で乗れる新車、それも操る醍醐味がタップリ楽しめるマニュアル車があるんです! しかも、結構たくさん。

 

日本のメーカーが海外で作った輸入車!?

いったいどんなバイクなのか? それは中国で生産されている日本メーカーの「輸入車」になります。
日本メーカーが日本で生産し、海外向けに販売しているモデルを日本で手に入れる場合「逆輸入車」と呼ばれますが、今回紹介するモデルは日本メーカーの現地法人や技術協力した企業が現地で生産しているモデル。
そのため、「逆輸入」ではなく「輸入車」となるんです。

そうした「日系輸入車」(スミマセン、勝手に名前を造語しました)を数多く取り扱っているのが、全国に51店のチェーンを展開するバイク館SOX。
今回はそのなかから、10万円台で買える125cc新車を集めてみました。意外なことに、こんなに販売しているんです。

 

新大州本田 HONDA CBF125T
オーソドックスなロードスポーツが約17万円

クラシカルなシングルスポーツにも、どこかクルーザーっぽくも見えるCBF125T。生産は中国におけるホンダ現地法人のひとつ、新大州本田が行っています。

エンジンは125cc空冷単気筒で8.6馬力、4速マニュアルミッションが組み合わされます(名前は並列2気筒のCB125Tに似ているが、コチラは単気筒です)。燃料供給方式はフューエル・インジェクションを採用。燃料タンク容量も10.8Lとかなりの量が確保されているのも注目ポイント。
立派な見た目・装備に対し車重は118kgと軽量。狭い駐車場での取りまわしや、Uターンなど、扱いやすい点も大きな特徴です。

車両価格は16万9000円(2019年11月時点、税込み)で、車体色は現在ブラックのみとなっています。

●フロントブレーキはディスク。リヤキャリヤ、センタースタンドは標準装備。シフトペダルはシーソー式です。

●メーターには燃料計、ギヤポジションインジケーターも設けられています。

CBF125T諸元

【エンジン・性能】
種類:空冷4ストローク単気筒 総排気量:124cc 最高出力:6.3kW<8.6ps>/7500rpm 最大トルク:9.26Nm<0.9kgm>/5500rpm
【寸法・重量】
全長:2012 全幅:793 全高:1048 ホイールベース:1306(各mm) 車両重量:118kg 燃料タンク容量:10.8L


 

五羊本田 HONDA CG125Fi
ほぼ70年代のカタチのままFI化して約16万円

発展途上国へ輸出するため、1970年代に耐久性と実用性を追求して開発されたCG125が原型。長らく日本で生産したものを輸出する形でしたが、中国、ブラジルでは現地生産が行われるようになりました。

このバイク館SOXで販売されるのは中国のホンダ現地法人のひとつ、五羊本田が行っている「中国仕様」で、70年代の角張ったデザインをほぼそのまま引き継いでいます。ちなみに販売される国によって仕様は異なり、ブラジル仕様やブラジル生産の欧州仕様は丸型ヘッドライト&ティアドロップ型タンクとなり現代風のデザインです。

一方、エンジンは現代の環境に合わせフューエルインジェクションを採用。変速機がロータリー式5速ミッションになっていたり、12V電装となっていたりと独自の発展を遂げている部分があります。

車両価格は15万9000円(2019年11月時点、税込み)で、車体色はレッドのみの販売です。

●シフトペダルはシーソー式。チェーンはチェーンケースでカバーされ、耐久性に配慮。ブレーキは前後ともドラム。

●メーターケースも角張った昔ながらのデザイン。ギヤポジションインジケーターが設けられています。

CG125Fi諸元

【エンジン・性能】
空冷4ストローク単気筒 総排気量124cc 最高出力7.3kW<9.9ps>/8000rpm 最大トルク9.5Nm<0.9kgm>/6500rpm
【寸法・重量】
全長1940 全幅740 全高1020 ホイールベース1200(各㎜) 車両重量113kg 燃料タンク容量8.6L


 

五羊本田 HONDA LY125Fi
クラシカルなデザイン、実用性も高くて約19万円

中国の五羊本田によるニューモデルで、クラシカルなだけでなく、ステッチの入ったシートやオレンジのタンクグラフィックなど、ポップな雰囲気もあるLY125Fi。

車格は立派で、フロントホイールは18インチを採用。フロントブレーキはディスクとなります。エンジンはフューエルインジェクションを採用した空冷OHV単気筒で、低中速域のトルクに優れた特性。変速機は5速ミッションが組み合わされます。

車両価格は18万9000円(2019年11月時点、税込み)で、車体色はブラックとレッドの2色となります。

●メーターはオーソドックスな丸型2眼式。右の回転計内には燃料計も設けられています。中央にはデジタル表示のギヤポジションインジケーターも。

●ゆったりとしたライディングポジションがとれる、ワイドかつアップ目なハンドル。

●メッキ加工のフェンダーがクラシカルなデザインを強調。シフトペダルはシーソー式です。リヤキャリヤ、センタースタンドは標準装備。

LY125Fi諸元

【エンジン・性能】
空冷4ストローク単気筒 総排気量124cc 最高出力7.8kW<10.6ps>/8000rpm 最大トルク9.5Nm<0.9kgm>/6500rpm
【寸法・重量】
全長2005 全幅785 全高1095 ホイールベース1285(各㎜) 車両重量124kg 燃料タンク容量9.3L


 

大長江集団 Haojue GN125-3F
ほぼ80年代のカタチのままFI化、ギリ20万円未満

1982年に発売された125ccアメリカンモデル、GN125Eが原型。生産をしているのはスズキから技術供与を受け、GNシリーズをOEM生産していた中国の大長江集団。

外観はほぼ国内で販売されていたGN125Eそのままと言って過言ではなく、現代の視点ではどこか“レトロ可愛い”魅力を備えています。
一方、CG125と同様に独自の進化を遂げており、エンジンは環境規制に適合するためフューエルインジェクション採用になっていたり、スイッチボックス類が現代的なものに改められていたりします。
またリヤキャリヤやセンタースタンドも標準装備されており、実用性もバッチリ。

車両価格は19万9000円(2019年11月時点、税込み)で、車体色はワインレッド、ブラック、レッドの3色が用意されます。

●シンプルな2眼式メーターですが、中央には燃料計とギヤポジションインジケーターを備えています。

●シート表皮もビニールレザーそのままの質感でレトロな雰囲気。安っぽい!? いやいや、これはもう「味」の領域です!

●ミッションは5速で、シフトペダルはシーソー式。

GN125-3F諸元

【エンジン・性能】
空冷4ストローク単気筒 総排気量124cc 最高出力7.8kW<10.6ps>/8500rpm 最大トルク9.2Nm<0.9kgm>/7000rpm
【寸法・重量】
全長1970 全幅800 全高1110 ホイールベース1285(各㎜) 車両重量116kg 燃料タンク容量8.5L

→次ページは……【番外編】ちょっと予算オーバーですがこんなスポーティなモデルも!?

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【NEW MODELS】 HONDA LEAD125SPECIA…
  2. TRIUMPH ストリート系2モデルがさらに進化!
  3. 【NEW MODEL】HONDA FORZA
  4. 【NEW MODELS】SUZUKI HAYABUSA
  5. 【NEW MODEL】YAMAHA YZF-R6
  6. 匿名係長 第2回 ホンダNC700シリーズの巻
  7. 【NEW MODELS】SUZUKI GIXXER
  8. 【NEW MODEL】ホンダ・X-ADVがカラーリング変更& E…

おすすめ記事

【NEWS】7万円のサポート金額!? 『ハスクバーナ・モーターサイク ルズ 免許サポートキャンペーン』実施中!! 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その3】"通気性抜群"フットウェア(後編) 【CLOSE UP!】HELSTONS ドゥ レース レザージャケット 「これもセロー?」 海外で販売される仲間たち 新型のジャパンプレミアも! 第5回Vストロームミーティングが開催 歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 750GT 【NEW ITEMS】プロテックからカブ系共通シフトポジションインジケーター発売!! オフロードを走れるハーレーが出たっ!「パンアメリカ」がヨーロッパで発表 スズキ グラストラッカー用のシフトポジションインジケーターが登場 【カタナヒストリー】カタナはなぜ”名車”に成り得たのか。初代から新型までを振り返る
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP