ニューモデル

「Sugomi」どころじゃない!? Zシリーズのフラッグシップ「Z H2」は超絶破壊力マシン!

銀鏡塗装の戦闘的なフォルムにスーパーチャージドエンジンを積んだモンスターマシン「Ninja H2」は2015年に市場に登場してからいつだって注目の的だ。
川崎重工の総力を挙げ開発されたこのマシンには、川崎重工のシンボル「リバーマーク」が装着され、同車の価値をより一層高めている。

そして先日、東京モーターショー2019でベールを脱いだのは、「Sugomi」をコンセプトに高い人気を誇るZシリーズにスーパーチャージドエンジンを装着したZのフラッグシップ機「Z H2」だ。

Z H2

 

「破壊力」という言葉しか出てこない力強い姿

始まりはYouTubeアカウント「Kawasaki Motors」のティザー映像からだった。

Z H2

スーパーチャージャーのインペーラーが回転し、Zの文字が現れるたった12秒のものだったが、それは話題を呼び現在では15万回以上もの再生が行われている。
東京モーターショー開会前には更に新しいティザー映像が公開され、「Z H2が遂にお披露目か!?」というライダーの予感がズバリ的中。
200馬力を発揮するエンジンを搭載するモンスターマシンが、ついにベールを脱いだのである。

Z H2には先述したリバーマークが装着されており、メーカーの威信をかけた、最高のマシンであるという意志が感じられる。

心臓部であるエンジンは、「Ninja H2 SX」のものをZ H2専用にセッティング。
H2の荒削りな強力のエンジンを扱いやすく昇華させたH2 SXを、ネイキッドスタイルのZ H2用にしたのであれば低中速域での扱いやすさは尚の事向上していることだろう(もちろん強力なままに)。

フレームは新設計のトレリスフレーム。H2 SXのただの流用品ではなく、アップしたハンドル形状と乗車姿勢、そしてエンジンに耐えうる最適なものを実現している。

フレームの鮮やかなグリーンと、エンジン・ボディのグレー・ブラックが絶妙に絡み合い、カワサキらしい力強さとクールさが表現されているといえよう。
「Sugomi」デザイン特有の獲物を狙う猛獣の背中のように盛り上がった燃料タンクと、低く構えたヘッドランプが生み出すクラウチングフォルム、大胆に跳ね上がったテールセクションなどが絶対的な力感を内包した迫力あるデザインを見事に表現している。
現代のフラッグシップ機らしく多種多様な電子制御が搭載されている。そう言った意味でアクセルを開けすぎない自制心があれば安全に乗れることだろう。

数値を見るとシート高は若干高めだが、シートの先端部分が絞られていることが見て取れるために足つき性は問題ないことが予想される。そしてこのシート高の数値が、Z H2のスポーツ走行でのポテンシャルの高さを伺わせる。

導入予定時期は2020年初夏、気になるお値段は……まだ未発表だ。

現車は東京モーターショーカワサキブースにて見ることができる。是非自身の目でその破壊力を感じ取ってほしい。

 

概要

●モデル名:Z H2(ワールドプレミア/参考出品)
●エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
●総排気量:998 cm3
●内径×行程:76.0 mm x 55.0 mm
●最高出力:147.1 kW {200 PS} / 11,000 min-1
●最大トルク:137.0 N·m {14.0 kgƒ·m} / 8,500 min-1
●全長×全幅×全高:2,085 mm x 770 mm x 1,130 mm
●シート高:830 mm
●車両重量:239 kg
●燃料タンク容量:19リットル
●フレーム:トレリス、ハイテンスチール _
●電子制御:インテグレーテッドライディングモード/IMU(慣性計測装置)/KTRC(カワサキトラクションコントロール)/パワーモード/KCMF(カワサキコーナリングマネージメントファンクション)/KIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)/KLCM(カワサキローンチコントロールモード)/KQS(カワサキクイックシフター)/エレクトロニッククルーズコントロール/スマートフォン接続機能
●カラー:メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー×ミラーコートスパークブラック

 

ギャラリー

 

●第46回東京モーターショー2019開催情報

第46回東京モーターショー2019は10月24日(木)より11月4日(月・祝)までの12日間の会期で行われる。
今回のショーは東京ビックサイト西展示棟と南展示棟、青味展示棟のほか、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場など分散して行われるので、お目当ての展示がどこにあるのかをよく確認して行動スケジュールを立てておくといいだろう。

東京モーターショーオフィシャルサイトはこちら!!

 

会期:10月24日(木)〜11月4日(月・祝)
開場時間
オフィシャルデー:10月24日(木)11:30〜18:00
プレビューデー:10月25日(金)9:00〜14:00
一般公開日(月〜土曜日)10:00〜20:00 ※10月25日(金)のみ14:00〜20:00
一般公開日(日曜日・祝日)10:00〜18:00

当日入場料
プレビューデー:3800円
一般公開日:一般2000円(日曜日・祝日除く16時以降は1000円)、高校生以下無料

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

「J-FORCE IV」に赤メタ&黒メタ、「EX-ZERO」に青追加!「NEOTEC3 SATORI」と「Z-8 Shakin’ SPEED GRAPHIX」は新グラフィック!【SHOEI】 RX-7X タクミ 高橋巧 アライ 「CBRオーナーにもオススメ!」アライRX-7Xに高橋 巧選手レプリカ・RX-7X〈タクミ〉が5月登場 【雪の回廊】情報!志賀草津高原ルート(国道292号)の開通は2024年4月24日10時から!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事