ニューモデル

復活の250cc四気筒! カワサキ・Ninja ZX-25Rの詳細をじっくり紹介!!

2019年の東京モーターショーで、一際大きな人だかりの中心に展示されているマシン。それは250cc4ストローク4気筒エンジンを積んだ「Ninja ZX-25R」だ。

ZX-25R

伝説的な名車、ZXR250はコンパクトなエンジンでありながら高主力を実現していた。
Ninja ZX-25Rのエンジンレイアウトも同じ250cc4ストローク4気筒。その動力性能への期待も一層高まるというものだ。

 

誰もが待ち焦がれたクォーターマルチ

高い位置にある回転台に置かれたZX-25Rを見ると、現行のNinja250とルックスが良く似ていることに気づく。
しかし、「Ninjaシリーズ」はツアラー的な位置付けにいるのに対し、ZXの名を冠する「ZXシリーズ」は、Ninja ZX-10RR、Ninja ZX-10R、Ninja ZX-6Rなどレース直系マシン。

現に、Ninja250のリアタイヤはタイヤは140幅のバイアスなのに対し、ZX-25RはダンロップGPR-300というラジアルタイヤ(フロントのタイヤサイズは同じ)。
幅も150とNinja250より一回り大きい。

ZX-25R

ブレーキはラジアルモノブロックキャリパー、フロントフォークはSFF-BP倒立フォークと足回りは”超高性能”。
足回りが直結するコーナリング性能などは現行の250ccクラスと一線を画すことになるだろう。

マスの集中化を図る近年のトレンドに合わせ、サイレンサーはエンジン下に配置されている。

ZX-25R

導入予定時期は2020年秋頃。
価格は未発表だが、搭載されている電子制御や四気筒エンジン、足回りなど主要パーツの性能の高さを考えると同排気量スポーツ車の「HONDA CBR250RR」より高くなることが予想される。
しかし、4気筒特有の高回転を250ccで味わえる唯一無二の車両だ。

現車は東京モーターショーカワサキブースにて見ることができる。是非自身の目で注目の1台を見てほしい。

 

概要

●モデル名:Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)
●エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
●総排気量:249 cm3
●内径×行程:-
●最高出力:-
●最大トルク:-
●全長×全幅×全高:-
●シート高:-
●車両重量:-
●燃料タンク容量:-
●フレーム:トレリス、ハイテンスチール
●フロントサスペンション:SFF-BP (Separate Function Fork – Big Piston)
●リヤサスペンション:ホリゾンタルバックリンク
●フロントブレーキ:シングルディスク、ラジアルマウントモノブロックキャリパー
●電子制御:KTRC(カワサキトラクションコントロール)、KQS(カワサキクイックシフター)、パワーモード
●カラー:ライムグリーン×エボニー
※車両重量は燃料・潤滑油・冷却水・バッテリーを含む重量です。
※仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

 

ギャラリー

 

●第46回東京モーターショー2019開催情報

第46回東京モーターショー2019は10月24日(木)より11月4日(月・祝)までの12日間の会期で行われる。
今回のショーは東京ビックサイト西展示棟と南展示棟、青味展示棟のほか、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場など分散して行われるので、お目当ての展示がどこにあるのかをよく確認して行動スケジュールを立てておくといいだろう。

東京モーターショーオフィシャルサイトはこちら!!

 

会期:10月24日(木)〜11月4日(月・祝)
開場時間
オフィシャルデー:10月24日(木)11:30〜18:00
プレビューデー:10月25日(金)9:00〜14:00
一般公開日(月〜土曜日)10:00〜20:00 ※10月25日(金)のみ14:00〜20:00
一般公開日(日曜日・祝日)10:00〜18:00

当日入場料
プレビューデー:3800円
一般公開日:一般2000円(日曜日・祝日除く16時以降は1000円)、高校生以下無料

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

デグナーが2019秋冬ウエアを発表 デザインを一新したSHOEIヘルメットバッグ3を発売 【速報】アドベンチャーテイストのパワフルデザインスクーター、ADV150が東京モーターショー2019で公開! 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史4】高度経済成長と爆発的なスクーター需用 【時代を駆け抜けたバイクたち10】小排気量・スクーター編 【NEW ITEM】R&G TANK TRACTION GRIPS
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP