新車

【NEW MODEL】KAWASAKI H2 SX/SX SE

●H2 SX

●H2 SX SEアクセサリー装着車

 

ツアラー仕様の過給器バイク

価格:199万8000円/237万6000円 発売日:3月1日

問カワサキ ℡0120-400819 http://www.kawasaki-motors.com/mc/

 

スーパーチャージドエンジンの新たな可能性を追求した、スポーツツアラーのニンジャH2 SXシリーズが国内仕様としてデビューした。

スペックは欧州仕様そのままで、ブレードの形状や角度を調整した新形状の自社開発インペラの採用など、各部の徹底した最適化によりニンジャH2と同じ200馬力の出力を確保したまま低中速トルクの充実や燃費の向上を実現。鋼管トラスフレームもH2をベースとしながらもほぼ新設計とされ、スポーツライディングからロングツーリングまで幅広いシーンに適する走行性能を追求し、タンデム走行や荷物の積載にも対応している。

トラクションコントロールやパワーモードなどの電子制御も充実。IMUも搭載し、そのデータを各種制御に生かす。ETC2.0車載器は全車標準装備、上級仕様のSEは大型シールド、専用シートを採用する。

 

◀SEは回転計の右にツーリングとスポーツの2種の表示が選べるフルカラー液晶を採用(スタンダードはモノカラー)。

◀バランス型スーパーチャージドエンジンと名付けられたエンジン。3種のパワーモード、エンジンブレーキコントロール、クルーズコントロールなども搭載される。

■Specifications

[ ]内はSX SE

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:76.0×55.0㎜ 総排気量:998㎤ 最高出力:147kW<200ps>/11000rpm 最大トルク:137Nm<14.0kgm>/9500rpm 燃料タンク容量:19ℓ 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:2135 全幅:775 全高:1205[1260] ホイールベース:1480 シート高:820(各㎜) 車両重量:256[260]㎏ タイヤサイズ:Ⓕ120/70ZR17 Ⓡ190/55ZR17 【カラー】黒[緑]

 

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

目黒製作所の工場があった「那須烏山」にメグロ旧車が集結!【第三回メグロ・キャノンボール那須烏山レポート】 マン島 TT 2023 2023【マン島TT 現地速報!】3日目 予選ナイトセッション「最速は平均速度約214.9km/hのディーン・ハリソン選手(カワサキZX-10RR)」 軽くて動きやすい! クシタニウィンターウィルジャケット『モニターレポート』1/2

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション