新車

モトグッツィV7に特別仕様車「V7 STONE TEN」登場!セブンだけどテン、でも排気量は850ccだ!

モトグッツィ公式コミュニティ設立10周年を記念して「テン」

長年、OHVの空冷縦置きV型2気筒エンジンにシャフトドライブという独特のレイアウトのバイクを作り続けてきた、イタリアのバイクメーカー・モトグッツィ(最近はDOHCの水冷エンジンもある)。
現在、同社の主力モデルとなっている「V7ストーン」に、モトグッツィ公式コミュニティ「Moto Guzzi The Clan」設立10周年を記念した特別仕様車「V7 STONE TEN(テン)」を発売する。

価格は151万8000円で、2024年7月1日から受注開始となっており、2024年9月から出荷される。

モトグッツィ V7ストーン・テン(151万8000円)
こちらはスタンダードのV7ストーン(137万5000円)

専用外装だけでなく、アロー製マフラーを装備し性能もアップ

恐らく「Moto Guzzi The Clan」というものを知っている人は少ないかと思うので、それは一旦置いておき、まずは車両の内容を見ていこう。

外観で真っ先に目が行くのはタンクだろうか。白×黒を基調に縁には赤いストライプがあしらわれるほか、上面の右側にはチェッカー模様でスポーティなムードに。またアルミ製のビレット燃料タンクキャップも装備される。

そして、シートのステッチ、リヤショックのスプリング、タンクのイーグルエンブレムにも赤を配色し、実に艶やかな仕上げだ。
バーエンドミラーが装備されたハンドルは、クランプには専用プレートが装着される。

通常モデルでは黒となってるエンジンヘッドカバーがグラファイトカラーに変更されているのもワンポイント。

また、モトグッツィのロゴ入りのアロー製マフラーが標準装備されており、スポーティなルックスを手に入れるだけでなく、最高出力が65.3ps→66.6psに、最大トルクが7.4kgm→7.6kgmへとアップしている。

ちなみにこのV7用アロー製マフラーは純正アクセサリーとしても用意されるが、価格は22万円。それが最初から装備されていてスタンダードとの価格差は14万円……粋な装いだけでなく、お得感までもあるのだ。

モトグッツィ V7ストーン・テン
モトグッツィ V7ストーン・テン
モトグッツィ V7ストーン・テン
モトグッツィ V7ストーン・テン
モトグッツィ V7ストーン・テン
モトグッツィ V7ストーン・テン

さて、その「Moto Guzzi The Clan」だが、これはモトグッツィ公式のファンコミュニティで、イベントへの参加などで、モトグッツィ精神にあふれたつながりが生まれ、現在では世界で5万人のメンバーがいるという。
「Moto Guzzi The Clan」という存在を知らなくてもこの「V7 STONE TEN」は買いの内容と言えるが、これを機にメンバーとなってみるのもいいかもしれない。

https://theclan.motoguzzi.com/
注:2024年7月3日時点でメンテナンス中となっており、残念ながら閲覧できない状態となっている。

モトグッツィ V7ストーン・テン主要諸元

【エンジン・性能】
種類:空冷4サイクル90度V型2気筒OHC2バルブ ボア・ストローク:84mm×77mm 総排気量:853.4cc 最高出力:49kW<66.6ps>/6700rpm 最大トルク:75Nm<7.6kgm>/4900rpm 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2165 全幅:── 全高:1100 ホイールベース:1450 シート高:750(各mm) タイヤサイズ:F100/90-18 R150/70-17 車両重量:218kg(燃料90%搭載時) 燃料タンク容量:21L

【価格】
151万8000円

【車体色】
テン リバリー

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●ピアッジオグループジャパン

CONTACT

ピアッジオコール
TEL:03-3453-3903

https://www.motoguzzi.com/jp_JA/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

GB350 カメラマン柴田のGB350日記#5「GBに会えるのはまだ先……そんな日々は動画で心を温めて」 【東京モーターショー2019速報】みんな待ち望んでいた!! 次期ハンターカブ「CT125」がホンダブースに登場 汎用スキャンツールに対応したホンダ車用OBDアダプターが登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション