新車

「Bonneville T120 エルヴィス・プレスリー Limited Edition」が、『1968カムバック・スペシャル』をイメージしてデビュー!

■「Bonneville T120 エルヴィス・プレスリー Limited Edition」

エルヴィスとトライアンフのコラボ

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社は、「Bonneville T120エルヴィス・プレスリーLimited Edition」を発表した。全世界で925台の限定生産。1台1台にエディションナンバーが入る。エルヴィス・プレスリーとTriumph Motorcyclesの特製レコードスリーブにソニーのゴールドディスクと一緒に収められ、トライアンフのCEOニック・ブロアーと、エルヴィス・プレスリー・エンタープライズの創立者であり会長兼CEOのジェイミー・ソルターのサインが入った特注の証明書が付属する。
「Bonneville T120エルヴィス・プレスリーLimited Edition」はエルヴィス・プレスリーが出演した伝説のテレビ番組『1968カムバック・スペシャル』をイメージしたデザインで、これはエルヴィスと彼の仲間である「メンフィス・マフィア」とのBonnevilleの物語へのオマージュが込められたもの。
現代のT120も、1965年にメンフィス・マフィアに贈られたBonnevilleのように、あるいはエルヴィスが出演したコメディ西部劇『Stay Away,Joe』に登場したBonneville T120 TTのように、当時のエルヴィスが感銘を受けたBonnevilleのDNA、時代を超越したシルエット、特徴的な彫刻が施されたタンクを受け継いでいる。

「メンフィス・マフィアとBonneville」についての話

エルヴィスがトライアンフモーターサイクルに出会ったのは1965年、撮影の合間を縫って「メンフィス・マフィア」として知られる親しい友人たちとベルエアの自宅でひとときの休息を過ごしていたときのこと。
親友のジェリー・シリングが新車のTriumph T120 Bonnevilleを購入し、それをエルヴィスが近所で走らせた。エルヴィスは感激し、戻ってくると運送マネージャーのアラン・フォルティスに「みんなの分も注文してくれ、でも……今夜じゃなきゃダメなんだ!」と言ったそう。オートバイディーラーのビル・ロバートソン&サンズはその夜、7台のトライアンフを届け、その2日後すぐに残りの2台も納車。エルヴィスは親しい友人達とロサンゼルスの丘陵地帯を一緒に走るために、トライアンフのオートバイ9台をプレゼントとして購入したのだ。

「Bonneville T120 エルヴィス・プレスリー Limited Edition」

■ハンドルバークランプにはエルヴィス・プレスリーのサインがエッチングされ、限定925台のうちの貴重な1台であることを示すエディションナンバーが記されている。

「Bonneville T120 エルヴィス・プレスリー Limited Edition」
「Bonneville T120 エルヴィス・プレスリー Limited Edition」

■ゴールドでレタリングされたELVISの文字はセットのライトを表し、「ELVIS PRESLEY」のサインとともにタンクとサイドパネルに大きくあしらわれている。

「Bonneville T120 エルヴィス・プレスリー Limited Edition」

■エルヴィスのモットー「TCB」(Taking Care of Business in a Flash)を表現。

○「Bonneville T120 エルヴィス・プレスリー Limited Edition」主要諸元&価格

エンジン形式 水冷4ストローク2気筒OHC4バルブ 270度クランク
総排気量 1197cm3
ボア×ストローク 97.6mm×80mm
圧縮比 10.0:1
最高出力 80PS(59kW)/6,550rpm
最大トルク 105Nm(10.7kgf・m)/3,500rpm
燃料供給装置 マルチポイント・シーケンシャル 電子制御燃料噴射
排気システム クロームメッキ2in2エキゾーストシステム、ツインクロームセンサー
駆動方式 チェーン
クラッチ 湿式多板トルクアシストクラッチ
トランスミッション 6段リターン
全長×全幅(ハンドルバー)×全高(ミラーなし) -×785×1125mm
シート高 790mm
ホイールベース 1450mm
キャスターアングル 25.5度
トレール 105.2mm
車両重量 237kg
燃料タンク容量 14L
フレーム スチール製ツインクレードル
スイングアーム 両持ちタイプ
ホイール 前アルミリム32スポーク(18×2.75インチ)、後アルミリム32スポーク(17×4.25インチ)
タイヤ 前100/90R18、後150/70R17
サスペンション 前41mm径カートリッジフォーク、後プリロード調整式ツインRSU
ブレーキ 前310mm径ツインディスク/2ピストン・フローティングキャリパー/ABS、後255mm径シングルディスク/2ピストン・フローティングキャリパー/ABS
インストルメントディスプレイ LCDマルチファンクションディスプレイ付きツインダイヤルアナログメーター
メーカー希望小売価格 1,999,000円
※比較用として:BONNEVILLE T120の価格は1,679,000円〜

レポート●モーサイ編集部 写真●トライアンフモーターサイクルズジャパン

CONTACT

○トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
http://www.triumphmotorcycles.jp/

○「Bonneville T120 エルヴィス・プレスリー Limited Edition」について
https://www.triumphmotorcycles.jp/bikes/classic/bonneville-t120/elvis-presley-edition-2024

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

バブ、ゴキ、サンマなど不思議なバイクの「あだ名」を知っていますか? 【NEW MODEL】YAMAHA BOLT ABS 【NEW TIRE IMPRESSION】MICHELIN ROAD CLASSIC[ミシュラン ロードクラシック]

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション