新車

ヤマハMT-03/MT-25 ABS 2024年モデルにダークグレーの新色登場。価格据え置きの全3色展開で7月30日発売

MT-03/25 ABSともに新たな1色+継続2色の3色展開

MT-03 ABS、ダークブルーイッシュグレーメタリック8 (ダークグレー)

水冷並列2気筒エンジンを搭載したヤマハの中型ストリートファイターMT-03 ABSと軽二輪版のMT-25 ABSの2024年モデルが発表された。2モデル共通で新たになった点は、1種類のカラーリング変更。ダークグレー✕シアンカラーのホイールで構成される色合いの新色で、カラーリング名はダークブルーイッシュグレーメタリック8(ダークグレー)。

この新色投入で、最新MTシリーズの統一された世界観を表現。ひと目でMTシリーズをイメージさせるアイコニックカラーと位置づけている。

MT-03 ABS、ダークブルーイッシュグレーメタリック8 (ダークグレー)
MT-03 ABS、ダークブルーイッシュグレーメタリック8 (ダークグレー)
MT-03 ABS、ダークブルーイッシュグレーメタリック8 (ダークグレー)

■MT-03/25 ABS共通の新色、ダークブルーイッシュグレーメタリック8 (ダークグレー)

なお、MT-03/25 ABS共通で展開されていた2種類のカラーリング、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)、マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)は継続。2モデルとも共通の3色のカラー展開になる。

気になる価格は、2モデルとも前年モデルから据え置きとなり、MT-03 ABSが68万7500円、MT-25 ABSが63万2500円。発売はともに2024年7月30日から。

MT-03 ABS、ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)

■MT-03/25 ABS共通の継続色、ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)

MT-03 ABS、マットダークグレーメタリック8 (マットダークグレー)

■MT-03/25 ABS共通の継続色、マットダークグレーメタリック8 (マットダークグレー)

MT-25 ABS、ダークブルーイッシュグレーメタリック8(ダークグレー)

■新色ダークブルーイッシュグレーメタリック8をまとったMT-25 ABS。03との外観差は少なく、25は肉抜き加工のステッププレートを採用し、標準タイヤがバイアス(30はラジアル)という点が識別ポイント。

ヤマハMT-03/MT-25 ABS主要諸元

< >内はMT-25 ABS

■エンジン 水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク68.0<60.0>×44.1mm 総排気量320<249>cc 圧縮比11.2<11.6> 燃料供給装置:フューエルインジェクション 点火方式フルトランジスタ 始動方式セル

■性能 最高出力31kW(42ps)/10750rpm<26kW(35ps)/12000rpm> 最大トルク30Nm(3.1kgm)/9000rpm<23Nm(2.3kgm)/10000rpm> 燃費25.4<25.8>km/L(WMTCモード値)

■変速機 6段リターン 変速比1速2.500<2.666> 2速1.823<1.882> 3速1.347<1.454> 4速1.086<1.200> 5速0.920<1.037> 6速0.800<0.920> 一次減速比3.043 二次減速比3.071

■寸法・重量 全長2090 全幅755 全高1070 軸距1380 シート高780(各mm) キャスター25°00′ トレール95mm  タイヤF110/70R17<110/70-17> R140/70R17<140/70-17> 車両重量167kg

■容量 燃料タンク14L エンジンオイル2.5L

■価格 68万7500<63万2500>円

まとめ●モーサイ編集部  写真●ヤマハ発動機

CONTACT

ヤマハ発動機 TEL:0120-090-819(カスタマーコミュニケーションセンター)
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

国内導入してほしい! ドゥカティとレゴのコラボモデル、パニガーレV4 R LEGO Technicが登場 四国エリアに待望の初店舗「松山2りんかん」 9月に新規オープン! カメラマン柴田のGB350日記#11「0円でできるチューニング=リヤショックで味変と、ABSとトラコンと」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション