新車

ヤマハ新型MT-09の「SP」が7月発売! オーリンズ製リヤサス、専用電子制御などを装備し価格は144万1000円

2024年モデルとして登場した新型=4代目ヤマハ MT-09。その上級グレードとなる「SP」が7月24日に発売されます。価格は144万1000円で、スタンダードと比べ約19万円の差がありますが、どこがグレードアップされているのか紹介していきましょう。

電子制御の機能、ライディングモードを追加

最高出力120psを発揮する888cc並列3気筒エンジンの性能は変わりませんが、ライディングモードに『トラックモード』を追加。電子制御機構の内容も変更されており、EBM(エンジンブレーキマネージメント)と後輪ABSのキャンセル機能が追加されています。
トラックモードは各種電子制御の作動レベルを任意で調整可能。4つのパターンを記憶させておくことができ、選択時にはメーターが専用表示パターンになります。

トラックモードを選択時のメーター表示(写真はヨーロッパ仕様)

専用サスペンション、ブレンボ製キャリパーを採用

次に車体面ですが、サスペンションはフロントにDLCコーティングが施されたKYB製フルアジャスタブルフォーク、リヤにリモートプリロードアジャスター付きのオーリンズ製ショックを採用。

ブレーキも強化されており、フロントブレーキにはブレンボ製のモノブロックキャリパー「スタイルマ」を採用。スタンダードに比べ制動力が高まっているほか、従来型MT-09 SP比でも入力時のコントロール性が向上しているといいます。

カラーリングはSP専用の「ブルーイッシュホワイトメタリック2」1色のラインアップ。ヤマハ最高峰スーパースポーツYZF-R1Mをイメージしたブラック、グレー、ブルーの組み合わせで、燃料タンクはグレーとブラックのツートーンの塗り分け仕様(ブラックの面にはブルーのラインも入っています)。

スイングアームはバフ研磨仕上げにクリア塗装となるほか、フロントフォークのアウターチューブはゴールド塗装で、精悍かつ上質な仕上がりとなっています。

そのほかスタンダードと異なる点ではスマートキーの採用もありますが、スタンダード+約18万円でこの内容はお買い得といえるかもしれません!?

KYB製のフロントフォークは減衰力圧側を低速18段/高速5.5段、伸び側を26段の範囲で調整可能(写真はヨーロッパ仕様)
リモートプリロードアジャスター付きのオーリンズ製リヤショック。スプリングの色はイエロー(写真はヨーロッパ仕様)
ブレンボ製モノブロックキャリパーの最高峰シリーズ「スタイルマ」を採用。従来型MT-09 SPに比べ、ブレーキ周りの軽量化・高剛性化にも貢献しているとのこと(写真はヨーロッパ仕様)

ヤマハ MT-09SP主要諸元(2024年型)

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列3気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:78.0mm×62.0mm 総排気量:888cc 最高出力:88kW<120ps>/1万rpm 最大トルク:93.0Nm<9.5kgm>/7000rpm 変速機:6段リターン

[寸法・重量]
全長:2090 全幅:820 全高:1145 ホイールベース:1430 シート高:825(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17 車両重量:194kg 燃料タンク容量:14L

[車体色]
ブルーイッシュホワイトメタリック2

[価格]
125万4000円

新型MT-09 SP。エンジン性能、寸法などはスタンダードと同様だが、車重は1kg増となっている
新型MT-09 SP
新型MT-09 SP

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●ヤマハ

CONTACT

■ヤマハ発動機カスタマーコミュニケーションセンター
TEL:0120-090-819

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ドゥカティが2019年10月1日(火)からの新価格を発表 「第107回 全日本モトクロス競技大会」レポート 元祖アマチュアモータースポーツ団体MCFAJ誕生65周年記念大会 GB350 GB350S カメラマン柴田のGB350日記#3「8年ぶりのバイク購入、決め手となったGBの魅力は」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション