新車

ベスパの新型プリマベーラ125・150/スプリント150発売開始!

伝統の車名を冠したスモールボディ・ベスパ2024年モデルが登場

■プリマベーラ125/150

■スプリント150

ピアッジオグループジャパンは、ベスパ「スモールボディ」シリーズのプリマベーラ(125/150/S150)とスプリント(150/S150)の新型モデルを6月1日(土)より受注開始する。プリマベーラ125/150は6月から順次出荷、同S150は8月頃より順次出荷開始となる。スプリント150は6月から順次出荷、同S150は8月頃より順次出荷となる。

プリマベーラとスプリントの2台は、スチールモノコックボディにパワフルかつ低燃費をねらったI-getエンジンを搭載するなど、シャシーとエンジンは同一仕様。一方で、ハンドルと一体のヘッドライト形状を、クラシカルな丸型=プリマベーラ、スポーツモデルとしてアイコン的な角型=スプリントと、意匠を違えているのが大きなポイント。

機能を高めた細部変更、デザインのリフレッシュを実施

2024年モデルでは、プリマベーラ・スプリントともに機能性を高めた新型のハンドルグリップを採用したほか、バックシールドをGTSシリーズと同様に、ブラックパネルの新デザインとしている。そしてフロント側では、ベスパの特徴的な部分の通称ネクタイ(ステアリングコラムカバー)とホーン用のスリットも新形状の仕上げとしている。

そのほか側面から見たデザインでは、バッテリーカバーの形状を変更し、プリマベーラは新形状の5本スポークホイール、スプリントはスパイラルパターンで黒基調の6本スポークアルミホイールを採用している。さらには、両モデルとも新型では前後ウインカーランプがLED化され、テールランプも新デザインを採用。フルLED化したことで、特に夜間等での車両の視認性が向上している。

便利な機能としては、盗難防止システム(イモビライザー)、ABS付きフロントブレーキ、小型電子機器の充電が可能なUSB充電ポートが装備されている。

プリマベーラは125ccと150ccの3モデル、スプリントは150ccの2モデルのラインナップ

プリマベーラ125/150は3色のカラーラインナップ

■プリマベーラ125/150・アマービレ グリーン

■プリマベーラ125/150・アマービレ グリーン

■プリマベーラ125/150・アマービレ グリーン

■プリマベーラ125/150・エネルジコ ブルー

■プリマベーラ125/150・ホワイトイノチェンテ

専用色で細部に遊び心を加えたプリマベーラS150

■プリマベーラS150専用色のマグネティコ グリーン

■プリマベーラS150専用色のマグネティコ グリーン

新型プリマベーラは125/150は価格51万7000円/54万4500円(6月1日受注開始で、6月頃から順次出荷開始)。カラーリングはアマービレ グリーン、エネルジコ ブルー、ホワイトイノチェンテの3色。鮮やかな専用色のマグネティコ グリーンと、遊び心を加えた専用ディテール採用のプリマベーラS150は、56万6500円(6月1日受注開始で、8月頃より順次出荷開始)。

スプリント150も3色のカラーラインナップ

■スプリント150・クリオーゾ イエロー

■スプリント150・クリオーゾ イエロー

■スプリント150・クリオーゾ イエロー

■スプリント150・コラッジョーゾ レッド

■スプリント150・ホワイトイノチェンテ

エネルギッシュなアクセントを加えた専用色のスプリントS150

■スプリントS150・専用色のエクレッティコ ブルー

■スプリントS150・専用色のエクレッティコ ブルー

ベスパスモールボディシリーズのスポーツバージョンに位置づけられるスプリント150は価格54万4500円(6月1日受注開始で、6月頃より順次出荷開始)。クリオーゾイエロー、ホワイトイノチェンテ、コラッジョーゾレッドの3色が用意される。また専用のオレンジ・ブラックストライプとブラックアウトされた細部でスタイリングを引き締めたスプリントS150は、エクレッティコブルーの専用色をまとい、価格は56万6500円(6月1日受注開始で、8月頃より順次出荷開始)。

ベスパ・プリマベーラ125/150/S150、ベスパ・スプリント150/S150主要諸元

[ ]内はプリマベーラ125
■エンジン 空冷4ストローク単気筒OHC3バルブ ボア・ストローク58.0[52.0]×58.6mm 排気量155[124]cc 圧縮比─  燃料供給装置:フューエルインジェクション 点火方式トランジスタ 始動方式セル

■性能 最高出力9.1kW(12.3HP)/7250rpm[7.8kW(10.5HP)/7700rpm]  最大トルク12.7Nm(1.29kgm)/5750rpm[10.4Nm(1.06kgm)/5000rpm]

■変速機 無段階オートマチック(CVT)

■寸法・重量 全長1860 全幅735 全高─ 軸距1340 シート高785(各mm) キャスター─ トレール─  タイヤF110/70-12 R120/70-12 車両重量150kg

■容量 燃料タンク8.0L

■価格 51万7000円/54万4500円/56万6500円(プリマベーラ125/150/S150)、54万4500円/56万6500円(スプリント150/S150)

まとめ●モーサイ編集部・阪本  写真●ピアッジオグループジャパン

CONTACT

ピアッジオグループジャパン
TEL03-3453-3903(ピアッジオコール)
https://www.piaggio.co.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

250ccアドベンチャーのヴェルシス-X 250ツアラーの新色が登場 寸法は規格内!? スズキの「電動チョイノリ」、市販なら「特定小型原付」でぜひお願いしたい! スズキ カタナの2022年モデルが海外で発表「最高出力2馬力アップ&電子制御を強化!ブルーカタナも登場」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション