新車

スズキ・Vストローム1050・2024年モデル新たな3色のカラーリングで新登場

Vツイン搭載の旗艦アドベンチャーモデルの2024年版は色変わりで登場

Vストローム1050・グラスブレイズオレンジ/マットブラックメタリックNo.2(CGH)
Vストローム1050・パールビガーブルー/マットブラックメタリック No.2 (CGJ)
Vストローム1050・グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2(A3X)

街中から高速道路、山岳路など、様々な状況を含む長距離ツーリングで快適に走行できるアドベンチャーツアラーのスズキVストロームシリーズ。その最大排気量モデルのVストローム1050・2024年モデルが発表、5月17日(金)より発売される。

主な変更点はカラーリングで、グラスブレイズオレンジ/マットブラックメタリックNo.2(CGH)=橙/マット黒、パールビガーブルー/マットブラックメタリックNo.2(CGJ)=青/黒、グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2(A3X)=黒/マット黒という3色のラインナップとなる。

Vストローム1050は、水冷90度V型2気筒エンジン搭載により、低中速トルクを維持しつつ高回転域で伸びのあるVツインらしいパワー特性が特徴。また、様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)は、IMU(慣性計測装置)等のデータを組み合わせる「モーショントラック・ブレーキシステム」のほか、クラッチやスロットルを操作せずにシフトアップ/ダウンが可能な双方向クイックシフトシステム、クルーズコントロールなどの機能を装備。

またS.I.R.S.の設定状況ほか各種情報を表示する5インチのカラーTFT大型液晶メーター採用で、使い勝手を向上させている。そのほか、工具不要で高さを11段階調整可能なウインドスクリーン、USBソケット、12Vアクセサリーソケット、ナックルカバー、アンダーカウリングを標準装備し利便性も高めている。

なお、Vストローム1050シリーズは前19/後ろ17インチで10スポークのアルミキャストホイールを履きオンロードメインでの快適性をねらった同車と、前21/後ろ17インチの前後ワイヤースポークホイール装備でダートでの安定性や操縦性もねらったVストローム1050DEの2タイプを用意しているが、1050DEは主な変更がなく継続販売される。

Vストローム1050・グラスブレイズオレンジ/マットブラックメタリックNo.2(CGH)
Vストローム1050・パールビガーブルー/マットブラックメタリック No.2 (CGJ)
Vストローム1050・グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2(A3X)

スズキ Vストローム1050主要諸元

■エンジン 水冷4ストロークV型2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク100.0×66.0mm 総排気量1036cc 圧縮比11.5  燃料供給装置:フューエルインジェクション 点火方式フルトランジスタ 始動方式セル

■性能 最高出力78kW(106ps)/8500rpm 最大トルク99Nm(10.1kgm)/6000rpm 燃費19.3km/L(WMTCモード値)

■変速機 6段リターン 変速比1速2.666 2速1.933 3速1.500 4速1.227 5速1.086 6速0.913 一次減速比1.838 二次減速比2.647

■寸法・重量 全長2265 全幅940 全高1470 軸距1555 シート高850(各mm) キャスター25°40′ トレール110mm  タイヤF110/80R19 M/C 59V R150/70R17 M/C 69V 車両重量242kg

■容量 燃料タンク20L エンジンオイル3.5L

■価格 162万8000円

まとめ●モーサイ編集部  写真●スズキ

CONTACT

スズキ TEL0120-402-253(お客様相談室)

https://www1.suzuki.co.jp/motor/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【ハスクバーナ】は新型「Norden 901 Expedition」を発売! オン/オフ問わず長距離を快適に走り切るためのサス、電子機器、快適装備を搭載 【ハンドルまわり快適化計画】車種別専用設計で最適位置に付けられる! キジマ・マウントステー ヤマハ「トリシティ300ABS」がグレーイッシュブルーなど新3色に変更!平成32年排出ガス規制にも適合 

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション