新車

【ロイヤルエンフィールド】から新「INT650」が発売!新色DARKのブラックアウトエンジン、マフラー、ホイールに注目!

■「INT650 Dark」Black Ray

ピーシーアイ株式会社は、モデルチェンジを行ったモダンクラシックモデルのロイヤルエンフィールドINT 650(アイエヌティー・ロクゴーマル)を2024年4月18日から発売した。

新型INT650の特徴は以下のとおり。
・1970年代カリフォルニアにインスパイアされたモダンクラシックのスタイル、配色とされた。
・一部グレード(Dark)にはブラックアウトされたエンジンとエキゾースト、キャストアルミホイールを搭載。引き締まった印象を持たせられた。
・ワイドなハンドルバー(全幅835mm)を採用し、快適なライディングポジションでイージーライドが可能とされた。
ほか、新型のLEDヘッドライト、ハンドルグリップ、アルミ製のスイッチキューブを採用。

「INT650 Dark」Black Ray
「INT650 Dark」Black Ray

○「INT650」バリエーション&価格
INT 650 Standard(Canyon Red*、Cali Green) 94万7100円
INT 650 Custom(Sunset Strip、Black Pearl*) 96万8000円
INT 650 Dark(Black Ray、Barcelona Blue) 99万1100円
INT 650 Special(Mark 2) 99万8800円
*は受注発注

「INT650 Dark」Barcelona Blue
「INT 650 Standard」Canyon Red
「INT 650 Standard」Cali Green
「INT 650 Custom」Sunset Strip
「INT 650 Custom」Black Pearl
「INT 650 Special」Mark 2

○「INT650」主要諸元
全長 2,119mm
全幅 835mm
全高 1,120mm
シート高 805mm
乗車定員 2人
排気量 648cc
重量 217kg
エンジン 空冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ
最大出力 34.9kW(47PS)/7,150rpm
最大トルク 52.3Nm(5.3kgf・m)/5,150rpm
トランスミッション 6段リターン式
フューエルタンク 13.7L
ブレーキ F320mm径シングルディスク/ABS付、R240mm径シングルディスク/ABS付
タイヤ F100/90-18 56H、R130/70-18 63H
製造国 インド

レポート●モーサイ編集部 写真●ロイヤルエンフィールド

CONTACT

○ピーシーアイ株式会社(ロイヤルエンフィールド正規輸入販売元)
http://pci-ltd.jp/index.html

○ロイヤルエンフィールド
https://www.royalenfield.co.jp

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

片岡義男『彼のオートバイ、彼女の島』に出てきた「カワサキ」とは何だったのか? 「Ninja ZX-6R 40th Anniversary Edition」がベース車のモデルチェンジと同時に設定!こちらは緑/白/青で159万5000円 「北海道ふっこう割」で ブラッと旅するひがし北海道-1

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション