新車

スズキVストローム250が2024年モデルで価格改定。4月17日より発売

人気の250ccスポーツアドベンチャーモデルは2024年も4色展開

250ccの軽二輪モデルの中で、街なかから高速道路、山岳路まで長距離ツーリングを快適に楽しめるモデルとして、人気の高いスポーツアドベンチャーツアラーのVストローム250。2024年も継続販売されるが、価格改定が行われ、税込みで2万2000円アップの66万8800円となって4月17日より発売される。

フリクション低減や燃焼効率向上を図り、低中速での扱いやすさを重視した並列2気筒OHCエンジンをセミダブルクレードルフレームに搭載したVストローム250は、広めでアップ気味のハンドルによる前傾の少ない快適な乗車姿勢と、800mmの低いシート高での良好な足着き性によって、長時間走行でも疲れない走行性能を実現。そのほか利便性や使い勝手の高い以下の装備などを持つ。

Vストローム250の特徴

■黒基盤に白字を表示する視認性の高いネガ液晶を採用した、フルデジタル表示の多機能メーター
1.任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
2.一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
3.切替式のオドメーター/ツイントリップメーター
4.ツーリングに便利な時計

■12Vのアクセサリーソケットを標準装備

■高い防風性をもったコンパクトなウインドシールドと、長距離や寒冷時における快適性を向上させる、ナックルカバーを標準装備

■前後輪にペタルタイプのブレーキディスクを採用

■長距離の走行に安心な大容量17Lの燃料タンク

■ドライブチェーンの調整、メンテナンスなどに便利なセンタースタンドを標準装備

なお車体色は、従来どおり4色のラインナップとなる。

ダイヤモンドレッドメタリック×パールネブラーブラック
ソリッドダズリンクールイエロー×パールネブラーブラック
ハイテックシルバーメタリック×パールネブラーブラック
マットフラッシュブラックメタリック×パールネブラーブラック

Vストローム250主要諸元

■エンジン 水冷4ストローク並列2気筒OHC2バルブ ボア・ストローク53.5mm×55.2mm 総排気量248cm3(cc) 圧縮比11.5 燃料供給装置:フューエルインジェクション 点火方式フルトランジスタ 始動方式セル

■性能 最高出力18kW(24ps)/8000rpm  最大トルク22Nm(2.2kgm)/6500rpm  燃費32.1km/L(WMTCモード値) 最小回転半径2.7m

■変速機 6段リターン 変速比 1速2.416 2速1.529  3速1.181 4速1.043 5速0.909 6速0.807 一次減速比3.238 二次減速比3.357

■寸法・重量 全長2150 全幅880 全高1295 軸距1425 シート高800(各mm) キャスター25°10′ トレール100mm タイヤF110/80-17 R140/70-17  車両重量191kg

■容量 燃料タンク17L オイル2.4L

■価格 66万8800円

まとめ●モーサイ編集部 写真●スズキ

CONTACT

スズキ TEL0120-402-253(お客様相談室)

https://www1.suzuki.co.jp/motor/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW MODEL】アーバンスタイルの特別仕様車、V7Ⅲ Rough 登場!! ロイヤルエンフィールド スーパーメテオ650試乗「100万円切りでワインディングも楽しい! 軽快&快適ミドルクルーザー」 ランブレッタが消費税改正と輸入コスト高騰により価格を改定

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション