新車

「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売

CBR650R、CB650Rともにデザインを変更。新技術「E-クラッチ」搭載モデルをラインアップ

650cc並列4気筒エンジンを搭載するスポーツモデル、CBR650RとCB650Rがモデルチェンジ。
デザインを変更するとともに、クラッチの「切る・半クラ・つなぐ」を完全代行してくれる「E-クラッチ」を搭載したモデルもラインアップ。なお「E-クラッチ」は手動操作への切り替えも可能です。
2車ともスタンダードモデルは2024年4月25日発売、「E-クラッチ」搭載車は2024年6月13日の発売となります。

最高出力95ps/1万2000rpm、最大トルク6.4kgm/9500rpmのエンジン性能数値は従来型から変更ありません。
そのほか機能面では、メーターが5インチフルカラー液晶となったほか、バイクとスマートフォンを連携できる「Honda RoadSync」が新採用されました。

E-クラッチを搭載したCB650Rのエンジンカットモデル。E-クラッチはモーターによりクラッチを自動制御するが、システム起動中でも手動のレバー操作をすぐに受け付けるのも特徴だ

新型CBR650R

ヘッドライトやカウルなどのデザインを変更。
車体色は「E-クラッチ」搭載車がグランプリレッド(118万8000円)とマットバリスティックブラックメタリック(115万5000円)の2色。
スタンダードはマットバリスティックブラックメタリックのみで110万円。

新型CBR650R(マットバリスティックブラックメタリック:110万円)
新型CBR650R E-Clutch(グランプリレッド:118万8000円)
新型CBR650R E-Clutch(マットバリスティックブラックメタリック:115万5000円)

CBR650R主要諸元(2024年型)

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:67.0mm×46.0mm 総排気量:648cc 最高出力:70kW<95ps>/1万2000rpm 最大トルク:64Nm<6.5kgm>/8500rpm 変速機:6段リターン

[寸法・重量]
全長:2120 全幅:750 全高:1145 ホイールベース:1450 シート高:810(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17 車両重量:スタンダード209kg E-クラッチ211kg 燃料タンク容量:15L

ちなみに従来型のデザインは……(2020年モデルのカラー)

CBR650R(2020年モデル:グランプリレッド)

新型CB650R

ヘッドライト、サイドシュラウド、テールカウル、テールランプなどのデザインを変更。
車体色は「E-クラッチ」搭載車がパールディープマッドグレー、マットバリスティックブラックメタリックの2色で108万9000円。スタンダードはマットバリスティックブラックメタリックのみで103万4000円。

新型CB650R(マットバリスティックブラックメタリック:103万4000円)
新型CB650R E-Clutch(パールディープマッドグレー:108万9000円)
新型CB650R E-Clutch(マットバリスティックブラックメタリック:108万9000円)

CB650R主要諸元(2024年型)

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:67.0mm×46.0mm 総排気量:648cc 最高出力:70kW<95ps>/1万2000rpm 最大トルク:64Nm<6.5kgm>/8500rpm 変速機:6段リターン

[寸法・重量]
全長:2120 全幅:780 全高:1o75 ホイールベース:1450 シート高:810(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17 車両重量:スタンダード205kg E-クラッチ207kg 燃料タンク容量:15L

ちなみに従来型CBR650Rのデザインは……(2020年モデルのカラー)

CB650R(2020年モデル:マットバリスティックブラックメタリック)

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●ホンダ

CONTACT

ホンダ
お客様相談センター0120-086819
https://www.honda.co.jp/motor/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「衝突軽減ブレーキ」や「直噴エンジン」── クルマでは当たり前なのにバイクにはないメカニズム4選 バイク屋アルバイトの篠田さくらが私です! ただいま【舞台「アクセル」〜8耐を駆ける青春〜】稽古中!……女子高生ライダー こはるん2回目 タナックスと阪神タイガースが奇跡のコラボ! 「アレ」記念シェルシートバッグが登場! 阪神ファンのライダーは必見!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション