新車

スズキ GSX250RがマイナーチェンジでLEDヘッドランプ採用!63万5800円〜で4月17日発売

スーパースポーツ的フォルムの万能250マシンがマイナーチェンジ

フルカウルのスポーティなスタイリングに並列2気筒OHCエンジンを搭載したスズキの250ccロードスポーツモデル、GSX250Rがマイナーチェンジして2024年4月17日より発売される。
新たにLEDヘッドランプを採用し、上側がロービーム、下側をハイビームの配置とした。価格は従来型から税込みで3万3000円アップとなり、63万5800円(赤×黒、黒)、64万7900円(青、白)となった。

なお、GSX250Rの特徴は街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した並列2気筒エンジンをスチール製セミダブルクレードルフレームに搭載しており、スーパースポーツ的なフォルムをまといながら、日常のコミューターとしても使え、ツアラーユースでも快適な性能特性のモデル。そして以下のような装備を持つ。

スズキ GSX250Rの特徴

■黒基盤に白字を表示するネガ液晶を採用した、視認性の高いフルデジタル表示の多機能メーター
1.任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
2.一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
3.便利な時計と切替式のオドメーター/デュアルトリップメーター

■快適なライディングポジションに調整したセパレートタイプのハンドルバーと前後分離式シート

■専用セッティングを施したフロントフォークと7段階調整式のリヤサスペンション

■ 前後輪にアグレッシブな印象のペタルタイプのブレーキディスクとスポーティーな10本スポークの 17インチアルミ製キャストホイールを採用

■長距離の走行に安心な大容量15Lの燃料タンク

また、「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜けるスタイリングも特徴としている。

ダイヤモンドレッドメタリック×パールネブラーブラック(63万5800円)
パールネブラーブラック(63万5800円)
トリトンブルーメタリックNo.2(64万7900円)
パールグレッシャーホワイトNo.2(64万7900円)

スズキ GSX250R主要諸元


■エンジン 水冷4ストローク並列2気筒OHC2バルブ ボア・ストローク53.5mm×55.2mm 総排気量248cm3(cc) 圧縮比11.5 燃料供給装置:フューエルインジェクション 点火方式フルトランジスタ 始動方式セル

■性能 最高出力18kW(24ps)/8000rpm  最大トルク22Nm(2.2kgm)/6500rpm  燃費32.8km/L(WMTCモード値) 最小回転半径2.9m

■変速機 6段リターン 変速比 1速2.416 2速1.529 3速1.181 4速1.043 5速0.909 6速0.807 一次減速比3.238 二次減速比3.285

■寸法・重量 全長2085 全幅740 全高1110 軸距1430 シート高790(各mm) キャスター25°35′ トレール104mm タイヤF110/80-17 R140/70-17  車両重量181kg

■容量 燃料タンク15L オイル2.4L

■価格 63万5800円(赤×黒、黒)、64万7900円(青、白)

まとめ●モーサイ編集部 写真●スズキ

CONTACT

スズキ
TEL0120-402-253(お客様相談室)
https://www1.suzuki.co.jp/motor/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

街中で見かけたらラッキー? 1980年代に生まれ淘汰されていった変わり種バイクたち XSR700 ヤマハ ヤマハ XSR700は「見た目だけでなく、乗り味も旧車風。そこが良い。」 ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」をヨーロッパで発表

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション