新車

ロイヤルエンフィールド ショットガン650がついに日本上陸! 唯一無二のスタイリングと万能の走りを速攻レビュー!

非常に個性的なスタイリングを持つロイヤルエンフィールド(ROYAL ENFIELD)の「ショットガン650(SHOTGUN650)」が、3月22日(金)から24日(日)まで開催の東京モーターサイクルショーでお披露目されました。発売されるのは2024年8月ごろとのことなので少し先ですが、それに先立って、アメリカ・ロサンゼルスで試乗の機会を得たので、そのインプレッションをお伝えします!

SHOTGUN650は峠をハイスピードで飛ばしても破綻しないが、バンク角は浅め

バイクの根本的な楽しさを味わえる

このクルーザーともネイキッドともカテゴライズできない斬新なモデルは、多様化するカスタムカルチャーからインスピレーションを得て開発されました。
カスタムを愛する人々の創造的なエネルギーと、ロイヤルエンフィールドのDNAが融合し、独特のルックスに仕上がっています。

空冷パラレルツインとスチールフレームは、2023年に日本上陸したクルーザー「スーパーメテオ650」と共通です。しかし、タイヤサイズやフロントフォーク、乗車姿勢はかなり変更されていて、スポーティな性格になっています。
今回の国際試乗会では、市街地、ハイウェイ、ワインディングとバラエティに富んだコースが設定されていました。そしてショットガン650はどんなシチュエーションでもレスポンスのいい走りを見せてくれたのです。

まずシート高はスーパーメテオより高く、低めのバーハンドルで軽く前傾姿勢になります。と言ってもスポーティすぎる訳ではなく、リラックスできる自然な姿勢という印象でした。

さっそく270度クランクの空冷2気筒エンジンを始動させます。エンジン&エキゾーストの音量はジェントル。嫌な振動もありません。走り出せばスムーズかつトルクフルに低速から力強く加速していきます。シフトチェンジむスムーズです。街なかでは総じて従順な乗り味で、慣れないLAのダウンタウンもリラックスした気分で走れました。

高速巡航の安定性も悪くありません。とは言えカウルのついたツアラーではありませんので、100〜120km/hくらいのクルージングまでが快適ゾーン。あまり回転を上げすぎると、ステップに微振動を感じました。リヤサスのトラベル量が若干少なめなのか、段差を通過する際のショックは強く感じますが、シートのクッション性が優れているため腰に大ダメージを受けることはありませんでした。

ワインディングではワイドなトルクバンドのおかげで気負わずに楽に走れます。重量は240kgと見た目より重いものの、コーナリングは軽快。ショーワの倒立サスペンションと18インチタイヤの組み合わせは、鋭くはないのですが思いどおりのラインをトレースできます。ハイスピードでのコーナリングも難なくこなし、穴やひび割れがあるLAの荒れたワインディングでも安定した走りを披露してくれました。
エンジンは上までよどみなく回りきるので、ガンガン攻めても楽しいバイクです。ただし、バンク角は小さめなので結構簡単にステップを擦ってしまうかも。

唯一無二のスタイリングと誰でも楽しめる運動性能を兼ね備えたショットガン650。一日中、200km以上の距離をかなりのハイスピードで走り回っても大して疲れず、バイクの根本的な楽しさを存分に味わえました。
日本でも早く走らせてみたいバイクです。
ちなみに価格はスーパーメテオ650と同程度の100万円前後になりそうです!

SHOTGUN650は市街地でも軽々に走れる。日常の足としても使い倒せる気軽さがある
SHOTGUN650をLA郊外のワインディングでテスト
SHOTGUN650にはピュアな走りの楽しさがあります
のんびりでも攻めても楽しいSHOTGUN650
クルーザー? ネイキッド? それともボバー? これは「SHOTGUN650」というカテゴリーなのです
ホイールは前18インチ、後17インチ。倒立式フォークはショーワの43mmSFF-BP。リヤは5段階のプリロード調整が可能。スーパーメテオよりもフロントサスは30mm短く、リヤは30mm長い。スプリングや減衰力も変更され、よりスポ—ティな走りを手に入れている
メーターはアナログ指針とデジタル表示を組み合わせたタイプ。デジタル部分にはギヤポジションも表示。右側の小さな円形ディスプレイは、スマホのアプリと連携する簡易ナビ「トリッパー」。USBポートも標準装備
ヘッドライト周りの「ナセル」と呼ばれる金属製パーツは、ロイヤルエンフィールドでは昔から使われる象徴的なディテールだが、ショットガンではそれを現代的に解釈。ステムと一体化した有機的デザインが特徴的だ
浮いているように見えるシートもスタイリングの特徴。シート高は795mm。身長183cmの筆者ではリラックスした姿勢となり、長時間の走行でも疲れにくく、かつスポーティに走れる。お尻が痛くなりにくいシートだった
クールでスポーティなシングルシート仕様、ボルト4本でキャリヤを取り付けたツーリング仕様、キャリヤに後席を取り付けたタンデム仕様の3スタイルを選べる3刀流。タンデムシートはキーで脱着。日本仕様はタンデムシートを装着した状態で販売される見込み

SHOTGUN650 カラーバリエーション

ステンシルホワイト
シートメタルグレー
グリーンドリル
プラズマブルー

ロイヤルエンフィールド ショットガン650主要諸元

■Specifications
【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ
ボア×ストローク:78.0×67.8mm
総排気量:648cc
最高出力:34.6kW<47ps>/7,250rpm
最大トルク:52.3Nm<5.3㎏f・m>/5,650rpm
燃料タンク容量:13.8L
燃料消費率:22km/L
変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2,170mm
全幅:820mm
全高:1,105mm
ホイールベース:1,465mm
シート高:795mm
車両重量:240kg(燃料90%時)
タイヤサイズ:前100/90-18  後150/70R17

report:太田力也(モーターサイクリスト編集長) photo:ロイヤルエンフィールド

問い合わせ

ロイヤルエンフィールドhttps://www.royalenfield.co.jp/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

返礼品は「三輪バイクツーリング」クルマの免許でも参加OK!! 鳥取県米子市のふるさと納税が平均年収でも実質負担額2000円で超お得 二輪の免許を取ったはいいけれど、走りや操作に不安があるアナタ! 「U30スズキセイフティスクール」で解消だ! 【2021 SPRING&SUMMERライディングウエア”厳選”アルバム】PAIR SLOPE ワークブーツジップ/ツアラー2/馬鹿メッシュ/鹿屋島 ショート

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション