新車

400ccクルーザー「カワサキ エリミネーター」シリーズの2025年モデルが3月発売! SEはブルーとグリーンに

エリミネーターSE 2025 カワサキ

2024年3月発売だけど「2025年モデル」

400cc並列2気筒エンジンを搭載するクルーザーモデル「カワサキ エリミネーター」シリーズの2025年モデルが2024年3月23日に発売されます。
エリミネータシリーズは普通二輪免許で乗れるのに加え、ロー&ロングな車体でシート高も低く、ビギナーに親しみやすい点も魅力です。

2025年モデルの変更点は、車体色ラインアップの変更と価格改定です。

2025年モデル エリミネーター(スタンダード)

スタンダードのエリミネーターはメタリックフラットスパークブラック(2023年モデルから継続)1色の設定に。価格は従来型75万9000円から約5万円アップで、81万4000円となっています。

エリミネーター(メタリックフラットスパークブラック)

2025年モデル エリミネーターSE

ヘッドライトカウル、フォークブーツ、専用シートのほか、ミツバサンコーワ製GPS対応型前後ドライブレコーダー、USB Type-C電源ソケットも装備される上級グレード「SE」は、車体色がメタリックフラットスパークブラック×メタリックマットダークグリーンとファントムブルー×エボニーの2種となり、どちらもニューカラーです。
価格は従来型85万8000円から、こちらも約5万円アップで91万3000円となっています。

エリミネーターSE(メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットダークグリーン)
エリミネーターSE(ファントムブルー×エボニー)

カワサキ エリミネーター主要諸元

*[ ]内はエリミネーターSEの数値

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:70.0mm×51.8mm 総排気量:398cc 最高出力:35kW<48ps>/1万rpm 最大トルク:37Nm<3.8kgm>/8000rpm 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2250 全幅:785 全高:1100[1140] ホイールベース:1520 シート高735(各mm) タイヤサイズ:F130/70-18 R150/80-16 車両重量:176kg[178kg] 燃料タンク容量:12L

【車体色】
スタンダード:メタリックフラットスパークブラック
SE:メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットダークグリーン、ファントムブルー×エボニー

【価格】
スタンダード:81万4000円
SE:91万3000円

スタンダード、SEともにETC2.0車載器を標準装備

スタンダード

メタリックフラットスパークブラック
メタリックフラットスパークブラック

エリミネーターSE

「SE」はサイレンサーやフロントフォークなどもブラック仕上げとなるのも特徴です。

メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットダークグリーン
メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットダークグリーン
ファントムブルー×エボニー
ファントムブルー×エボニー

まとめ●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

 

https://www.kawasaki-motors.com/ja-jp/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW ITEMS】TANAXから魅力的な新製品がゾクゾク! トライアンフがタイガー900シリーズのサービスキャンペーンを実施 【いまどきライダーの秋冬スタイル】秋冬のロンツーにも、インナーだけで街歩きにも──KUSHITANI K-2814 アロフトジャケット

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション