新車

スクーターなのに6速MTでシート下収納ナシ!「イタルジェット ドラッグスター559ツイン」はお買い物に向きません!?

ドラッグスター 559 ツイン イタルジェット

500ccクラスのスポーツスクーターは他メーカーにもあるけれど

スクーターというと、オートマで、収納もあって、通勤やお買い物に便利な乗り物。そんなイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか。
ですがヨーロッパでは、排気量が大きくスポーティな走りやツーリングを楽しめるモデルが「マキシスクーター」と呼ばれ、一定の人気を集めるカテゴリーとなっています。

そうしたなかでも、かなり個性的なモデルを当記事では紹介したいと思います。
それは極めてお買い物に向かないスクーター、イタリアのメーカー・イタルジェットが送り出す「ドラッグスター559ツイン」です。2023年11月にイタリア・ミラノで開催された世界最大級の二輪車ショー「EICMA2023」で発表されたニューモデルとなります。

イタルジェット ドラッグスター559ツイン

シート下に巨大なエンジンがあるので、トランクは無い

「ドラッグスター」シリーズは歴代モデル、デザイン・構造ともに独創的なスクーターで、初代からハブステアを採用し続けているのも特徴です。
さて、そんなドラッグスターシリーズの最新版であり、歴代で最大排気量となるドラッグスター559ツインは59馬力を発揮する550ccの水冷並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。
いや、搭載するのはいいんですが、エンジンがどこにあるかというと、シートの真下。つまり、スクーター定番のシート下トランクはありません(笑)。

そのうえ、なんとトランスミッションは6速MT! バイク同様にクラッチレバーとシフトペダルがついており、リヤタイヤの駆動はチェーンです。

ライダー側シートのほぼ真下にエンジンがある。エンジン前方にあるのは燃料タンク
マフラーは左右2本出し
左レバーはリヤブレーキではなく、クラッチ
足を置く場所はスクーターおなじみのフットボードではなくステップ。ペダルは左側がシフト、右側がリヤブレーキ

スポーツバイク的なシャシー、カウルには空力パーツを装備

車体面もかなり独創的で、むき出しのスチールパイプ製トレリスフレームがまず目を引きます。ドラッグスター559ツインはハブステアを採用していませんが、倒立のフロントフォークはハンドルまで伸びており、トップリッジでクランプするスポーツバイクと同様の構造。
リヤサスペンションもスクーターおなじみのユニットスイングではなくスイングアーム式……というのはヤマハのTMAXなどスポーティな走りを重視したスクーターで採用例がありますが、リヤサスペンションが2本あり右側はリンク式、左側はリンクレスという不思議な構成です。

そして、カウルには近年のスポーツバイクでトレンドの空力パーツを装備、フロントブレーキはダブルディスクにブレンボ製キャリパーとやる気マンマン。
ただし、EICMAで展示されたのはショーモデル的な要素もあり、市販時までに変更される部分もあるようです。

リンクがある右側のリヤサスペンション。調整機構も備えているようだ
左側のリヤサスペンションはリザーバータンク付き
ヘッドライトのデザイン、大型の空力パーツを備えたカウルはまるでスーパースポーツモデルのよう

スクーターなのか、スポーツバイクなのか

果たしてこれはスクーターなのか?
メーカーであるイタルジェット自身は、SNSで「バイクとスクーターの間にある独特かつニッチな存在。スポーツバイクなのか、スクーターなのか、それを決めるのはユーザーだ」と語っています(少々意訳)。えッ、放り投げちゃった!?

販売に関してはヨーロッパでは予約が始まっているのですが、車名の数字と同じ559台の限定生産らしいです……(日本での販売は現状不明)。
さて、幸運にも手にした559人のライダーはこのモデルをどう判断するのでしょうか。

イタルジェット ドラッグスター559主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:72.0×67.6mm 総排気量:550cc 最高出力43.5kW(59ps)/8500rpm 最大トルク:55Nm(5.6kgm)/6500rpm 変速機:6段

【寸法・重量】
全長:2102 全幅:── 全高:── ホイールベース:1542 シート高:795(各mm) タイヤサイズ:F120/70R15 R160/60R15 乾燥重量:180kg 燃料タンク容量:16L

イタルジェット ドラッグスター559ツイン

レポート●上野茂岐 写真●EICMA/山下 剛/Italjet

2024年1月20日:一部加筆修正を行いました。

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【好評発売中!】 HONDAスーパーカブメモリアル 「サブスク、レンタル、残価設定型ローン」憧れの高額大型バイクにだって、支払いを工夫すれば乗れるのです! 違いを求める人にお薦め! 東単のアライヘルメット別注カラーモデル

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション