新車

KTM 1390スーパーデュークRエヴォ新登場「牙をむくデザインは伊達じゃない!1350ccとなったエンジンは190psに」

1390 スーパーデュークRエヴォ KTM 2024

排気量拡大とともに車名も「1390」へ刷新、2024年3月発売

KTMの最高峰スポーツネイキッド・1290スーパーデュークRエヴォがモデルチェンジ。排気量が拡大されたことで「1390スーパーデュークRエヴォ」の車名となり、2024年3月に発売される。価格は269万9000円。

1301ccから1350ccへと排気量を拡大するのみならず、まるで牙のような形をしたヘッドライトを採用するなど、デザイン面も大胆に刷新されている。
そのほか、足まわりや実用性なども改良されており、各パートごとに進化ポイントを解説していこう。

KTM 1390スーパーデュークRエヴォ(2024年型)

KTM 1290スーパーデュークRエヴォ(写真は2022年型)

エンジン「1350ccとなった水冷Vツインは最高出力190ps」

1301ccの1290スーパーデュークRエヴォからボアを2mm拡大し1350ccとなった水冷V型2気筒「LC8」は、最高出力が180ps→190psに、最大トルクは132Nm(13.4kgm)→145Nm(14.7kgm)へと向上。

「ストリート」「スポーツ」「レイン」のライディングモードが選択でき、出力、スロットルレスポンス、ウイリー制御やトラクションコントロールの作動レベルが変化する。なお、最高出力は「ストリート」と「スポーツ」でフルパワー、「レイン」では60%となる。

またライディングモードはオプションで「パフォーマンス」「トラック」の2モードを追加できる。
「トラック」はその名の通りサーキット専用とも言えるモードで、アンチウイリーをオフにするこどができるほか、ローンチコントロールが使用可能に。一方「サーキット走行時には不要」ということで、トラックモード選択時はクルーズコントロールやメーターのスマホ連携機能は使用できなくなる。

1390スーパーデュークRエヴォの1350cc水冷V型2気筒DOHC4バルブエンジン。最高出力は190ps

1290スーパーデュークRエヴォよりボアを2mm拡大。ボア・ストロークは110mm×71mm

デザイン「前後ライトを大胆に変更、タンクは新設計に」

1390スーパーデュークRエヴォの外観で最も目を引くのはヘッドライトだろう。
実際のヘッドライトは中央にある2灯で、周囲を取り囲む牙のような発光体はデイタイムランニングライトだ。
テールライトはウインカー兼用に。リヤサブフレームのカバーが小型化されたこともあり、リヤ周りをよりシャープなデザインとしている。

ナンバープレートステー真上にある赤いパーツは反射板

燃料タンクも新設計に。容量が1290スーパーデュークRエヴォの16Lから17.5Lへと拡大され、タンク周りに装着されるスポイラーの形状も刷新。また、サイドカイルにはダウンフォースを発生させるためのウイングレットが新採用されている。

なお、オレンジのボディカラーは「デューク」誕生30周年を記念し、2005年型の990スーパーデュークをイメージしたカラーとなっている。

KTM 1390スーパーデュークRエヴォ(車体色「オレンジ」)

足まわり「電子制御サスペンションがバージョンアップ」

1390スーパーデュークRエヴォのサスペンションは前後ともWP製の電子制御式で、可変ダンピングを特徴とする。1290スーパーデュークRエヴォでも電子制御サスペンションは採用されていたが、1390スーパーデュークRエヴォ用は第3世代の新型となっており、フロントフォークは作動性を高めつつ750g軽量化。リヤショックは新開発のDDC付きセミアクティブバルブやセンサーを採用し、作動性が高められている。

フロントのサスペンションストロークは125mm

リヤのサスペンションストロークは140nn

なお、オプションの「サスペンションプロパッケージ」を使用すると「トラック」と「プロ」の2種のダンピングモードが追加され、3種の自動レベリングプリロード設定と、アンチダイブモードのオン・オフが可能となる。
また、ローンチコントロール機能を存分に発揮させるため、スタート前にリヤサスペンションのプリロードを自動で減少させ、リヤの車高を下げる機能も使用できる。これにより直進安定性を向上させるとともに、後輪の荷重を高め、最高のスタートダッシュを切れるとのことだ。

ブレーキはフロントに320mmダブルディスク+ブレンボ製「スタイルマ」モノブロック4ピストンラジアルマウントキャリパー、リヤは240mmディスク+ブレンボ製2ピストンキャリパーという構成だ。

シャシー「新エンジンと新設計タンクにあわせ改良」

スチールパイプ製のトレリスフレームは1290スーパーデュークRエヴォと基本構造は変わらないが、新エンジンの搭載や燃料タンクの変更に応じて調整が行われている。
また、ライディングポジションも調整されており、1290スーパーデュークRエヴォよりハンドルは低くなっている。写真を見る限り、表皮・形状ふくめ、シートも改良されているようだ。

KTM 1390スーパーデュークRエヴォ主要諸元

エンジン形式:水冷4ストロークV型2気筒DOHC4バルブ
総排気量:1350cc
最高出力:140kW(190ps)/1万rpm
最大トルク:145Nm(14.7kgm)/8000rpm
変速機:6段リターン
タイヤ:フロント120/70ZR17 リヤ200/55ZR17
ホイールベース:1491±15mm
シート高:834mm
燃料タンク容量:約17.5L
車輌重量:212kg(燃料含む)
カラー:オレンジ、ブラック
価格:269万9000円
保証期間:2年間
製造国:オーストリア

KTM 1390スーパーデュークRエヴォ(オレンジ)
KTM 1390スーパーデュークRエヴォ(オレンジ)
KTM 1390スーパーデュークRエヴォ(ブラック)
KTM 1390スーパーデュークRエヴォ(ブラック)

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●KTM

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【ヨシムラ】の「2024春夏アパレル」新製品は【クシタニ】とのダブルネームを楽しめる! Z650RS カワサキ 【カワサキ Z650RS詳細解説】スリムな車体に流麗デザイン、現代のザッパーは101万2000円で4月発売! アライの最高峰フルフェイス「RX-7X」に、「龍」を描いた清成龍一選手モデルが登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション