新車

ロイヤルエンフィールド ショットガン650はカテゴライズ不能の個性派モデルだ!【新型車紹介】

1901年創業の歴史あるブランド、ロイヤルエンフィールド(ROYAL ENFIELD)から、「カスタム」を強く意識したニューモデルが登場しました。伝統と先進性を兼ね備えたショットガン650(SHOTGUN650)を詳細にチェックしていきましょう!

タンクの「01」は1901年創業のヒストリーを表す

カスタムを強く意識したモデル

ロイヤルエンフィールドからニューモデルが2023年12月12日に発表されました。その名も「ショットガン650」。世界中のカスタムビルダーとタッグを組み、カスタムベース車としての魅力も高めているロイヤルエンフィールドですが、このショットガン650は「カスタム」からインスピレーションを得ているそうです。そのすでにカスタムされたようなスタイリングは、素直にカッコいい……。

搭載されるエンジンは、2023年に登場したスーパーメテオ650と同じ270度クランクのパラレルツインOHC4バルブで、ハリスパフォーマンスと開発したメインフレームも共通です。しかし、それ以外はほぼ専用開発となっています。
タイヤサイズはフロント18インチ、リヤ17インチという設定(スーパーメテオはフロント19インチ、リヤ16インチ)。サスペンションは、フロントフォークはスーパーメテオよりも30mm短縮され、リヤは逆に少し長くなっています。
キャスター/トレール角も変更され、ホイールベースも35mm短くなりました。
これらのジオメトリー変更により、軽快にコーナリングを楽しめるスポーティな性格になっていると予想できます。

ショットガン650は低く構えたスタイリングのため一見クルーザーのように見えますが、どちらかと言えばハーレーのスポーツスターをカスタムしたような雰囲気でしょうか? それでもシート高は795mmと極端に低いわけではありません。乗車姿勢はアップライト気味でリラックスしていますが、スポーツライドも楽しめそうに見えます。

ショットガンは、伝統へのリスペクトと、自由で未来的なカスタム的要素(ここには、アニメやSF/サイバーパンクのようなものも含む)を融合したスタイリングを持っています。そして、街でもワインディングでも、走りの本質を楽しめるでしょう。
日本でのデビュー時期は未定ですが、確実に入荷されるはず。日本で走れる日が楽しみです!

report:太田力也

写真で紹介【ショットガン650】

SHOTGUN650(ステンシルホワイト)
SHOTGUN650(シートメタルグレー)
SHOTGUN650(プラズマブルー)
SHOTGUN650(グリーンドリル)
少し開き気味の2本出しマフラーが「SHOTGUN」の名前の由来のひとつ
スーパーメテオと共通の2気筒エンジン。低回転域から十分なトルクを発生する特性で、市街地走行から高速クルージングまで快適にこなす
前後フェンダーやヘッドライトカバー、サイドカバーも金属
フロントサスペンションは倒立式。キャリパーはブレンボ系のバイブレ(Bybre)、タイヤ銘柄はシアット(CEAT)のZOOM CRUZ ZF
フロント18インチ、リヤ17インチはクルーザーのスーパーメテオ650よりもスポーティな設定。フロントを17インチにしないことでトラディショナルなプロポーションながら、モダンな雰囲気になっています
メーターはアナログ指針の速度計とモノクロデジタルディスプレイの組み合わせ。シンプルだが視認性は高そうだ。その横にはスマホ連携の簡易ナビ「トリッパー」を装着。USBポートも用意
左のスイッチボックス。ウインカー、ライト系、ホーンのスイッチを備える
右にはエンジンスタート/キルスイッチ、ハザードスイッチ。基本的にシンプルだ
ショットガンの視覚的特徴のひとつが、浮き上がっているようなフロントシート。2本出しのキャブトンタイプのマフラーと相まって、カスタムバイクのようなインパクトのある造形だ
取り外し可能なリヤキャリヤもショットガンの注目ポイント。このリヤキャリヤにはキーで脱着できるタンデムシートも付く。これで、ソロ、タンデム、積載のスタイルを実現

ロイヤルエンフィールド ショットガン650 主要諸元

【エンジン・性能】
種類:空冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ
ボア×ストローク:78.0×67.8mm
総排気量:648cm3
最高出力:34.6kW<47ps>/7250rpm
最大トルク:52.3Nm<5.3kgf・m>/5650rpm
燃料タンク容量:13.8L
燃料消費率:22km/L
変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2170mm
全幅:820mm
全高:1105mm
ホイールベース:1465mm
シート高:795mm
車両重量:240kg(燃料90%時)
タイヤサイズ:F 100/90-18 R 150/70R17

問い合わせ

ロイヤルエンフィールド(ピーシーアイ)
https://www.royalenfield-tokyoshowroom.jp

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「公道を走れる深海魚!?」エラあり、尾あり、ヒレあり……生き物っぽすぎるカスタムバイク、東京モーターサイクルショーに現る アライヘルメット「ツアークロスV」にグラフィックモデル<トレイル>が登場、5月下旬発売予定 ツーリングに行くときは持っておきたい、エマージェンシーランプがキジマから登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション