新車

【カワサキ】「Ninja H2 SX SE」が色変更!ちょっとだけ黒さが増して、落ち着いた雰囲気に!

■「Ninja H2 SX SE」エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック

横から見て、緑の部分が減った

カワサキは「Ninja H2 SX SE」のカラー&グラフィックを変更し、2024年1月20日から発売する。

従来モデルである2023年型に対して大きく異なるのは、タンクやサイドカウルに大きくあった緑色の塗色部が、ブラックやグレーに変更された点。車体色名「エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック」は同一だ。
また、価格が税込みで1万1000円上げられた。

「Ninja H2 SX SE」はパワーと燃費性能の両立を目指して開発された、バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載する。ベース車「Ninja H2 SX」の装備に加え、KECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)を搭載。路面やライディング状況に合わせて瞬時に減衰力が最適化される。また、ショーワのスカイフック式EERA(電子制御ライドアジャスト)テクノロジーにより、タイヤの接地感を高め、コーナリング時に優れた安定性を実現。夜間走行時の視界確保に役立つコーナーリングライトやオートハイビーム(AHB)も搭載し、装備を充実させている。

「Ninja H2 SX SE」エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック
「Ninja H2 SX SE」エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック
※参考:比較用として、変更前の2023年モデル「Ninja H2 SX SE」エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック

◯販売データ

発表日 2023年12月18日
発売日 2024年1月20日
メーカー希望小売価格 306万9000円

◯「Ninja H2 SX SE」主要諸元

型式 8BL-ZXT02P
全長×全幅×全高 2,175mm×790mm×1,260mm
軸間距離 1,480mm
最低地上高 130mm
シート高 820mm
キャスター/トレール 24.7度/103mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
総排気量 998cm3
内径×行程/圧縮比 76.0mm×55.0mm/11.2:1
最高出力 147kW(200PS)/11,000rpm ラムエア加圧時 154kW(210PS)/11,000rpm
最大トルク 137Nm(14.0kgf・m)/8,500rpm
始動方式 エレクトリックスターター
点火方式 バッテリー&コイル(フルトランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.7L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常時噛合式6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速3.076(40/13) 2速2.428(34/14) 3速2.045(45/22) 4速1.727(38/22) 5速1.523(32/21) 6速1.347(31/23)
一次減速比/二次減速比 1.480(74/50)/2.444(44/18)
フレーム形式 トレリス
懸架方式 前テレスコピック(倒立・インナーチューブ径43mm) 後スイングアーム(ニューユニトラック)
ホイールトラベル 前120mm 後139mm
タイヤサイズ 前120/70ZR17M/C(58W) 後190/55ZR17M/C(75W)
ホイールサイズ 前17M/C×MT3.50 後17M/C×MT6.00
ブレーキ形式 前デュアルディスク320mm(外径) 後シングルディスク250mm(外径)
ステアリングアングル(左/右) 30度/30度
車両重量 267kg
燃料タンク容量 19L
乗車定員 2名
燃料消費率 WMTCモード値 18.4㎞/L
最小回転半径 3.2m
カラー エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック(GN1) ※一部ハイリーデュラブルペイントを使用

「Ninja H2 SX SE」エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック イメージ

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

株式会社カワサキモータースジャパン
https://www.kawasaki-motors.com/ja-jp/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

イカやタコ、鮭にサバ…走っていると磯の香りがしそうな「魚介ロード」10選 ロングツーリングに最適な完全防水のタフなバッグ! SW-MOTECH「シスバッグ WP」 【自分と相棒との夢空間を獲得!】バイク保管のすすめ

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事