新車

「ベネリ、モンディアル、ファンティック」名門イタリアンブランドの最新モデルに注目! EICMA2023レポート

例年11月にイタリアのミラノで開催されるEICMA。世界最大級の二輪車ショーと言われるが、日本のモーターショー/モーターサイクルショーと違って、車両メーカー、パーツメーカーなどが販売店と商取引(B to B)するための見本市というのが根底にある。それゆえ、出展されるのはコンセプトモデルではなく市販予定車が多いのが特徴だ。

そのEICMAには当然と言うべきか、地元=イタリアのブランドが多数出展している。イタリアの二輪メーカーとなるとドゥカティ、ベスパ、アプリリア、モトグッツィ、ビモータ……などを思い浮かべる人が多いと思うが、ほかにも歴史あるブランドがたくさんある。ちょっとマニアックかもしれないが、当記事では2023年のEICMAから「名門イタリアンブランド」の最新事情を紹介していこう。

ベネリ「700ccアドベンチャーと750ccスクランブラーと大型車を展示」

日本ではプロトが輸入代理店を務める「BENELLI」(ベネリ)。
1911年にイタリアで創業した歴史あるメーカーだが、2005年に中国の銭江グループ(QJグループ)の傘下へ入り、グローバルな展開を行っている。

日本ではスクランブラーの「レオンチーノ」、スポーツネイキッド「TNT」、アドベンチャー「TRK」など小〜中排気量車中心のモデル展開だが、EICMAでは500cc並列2気筒エンジンを搭載する「トルネード」、125cc/249cc/292ccの3バリエーションがある水冷単気筒のアドベンチャー「BKX」、698cc水冷並列2気筒エンジンを搭載するアドベンチャー「TRK 702 X」、754cc水冷並列2気筒エンジン搭載のネオクラシックスクランブラー「レオンチーノ800トレイル」など、多彩なラインナップを展示していた。

「ベネリ トルネード」500cc並列2気筒エンジンを搭載するフルカウルスポーツで、最高出力47馬力。 
「ベネリ トルネードネイキッドツイン500」その名の通りトルネードのネイキッド版で、エンジン性能などは共通。
「ベネリ BKXシリーズ」125cc、250cc、300ccを展開するアドベンチャーで、写真の300は最高出力25馬力。ホイール径はフロント19インチ、リヤ17インチ。
「ベネリ TRK702X」700cc並列2気筒エンジン搭載のアドベンチャーモデルで、最高出力70馬力。ホイール径はフロント19インチ、リヤ17インチ。
「ベネリ レオンチーノ800トレイル」750cc並列2気筒エンジンを搭載する大型スクランブラーで、最高出力76馬力。ホイール径はフロント19インチ、リヤ17インチ。

F.Bモンディアル「日本未導入の450cc2気筒車・ピエガ452に注目!」

「F.B MONDIAL」(F.Bモンディアル)は1948年にイタリア・ミラノで創業したメーカーで、1950年台はイタリア国内のレースで活躍。しかし1979年に経営不振により倒産、その後の紆余曲折を経て、2015年に復活を遂げた。
日本ではアイビーエスが輸入販売しており、小排気量モデルのネオクラシックモデルからオフロードモデルまで幅広いラインアップを揃えている。

ここでは日本未導入のモデル「PIEGA452」(ピエガ452)を紹介。48psを発生する449cc水冷並列2気筒エンジンを搭載するモダンネイキッドで、リヤのディッシュホイール(風カバー?)も特徴的なディテールだ。

「F.Bモンディアル ピエガ452」
「F.Bモンディアル ピエガ452」

ファンティック「2ストでユーロ5をクリア!エンデューロ車のXE300を初公開」

日本ではモータリストが輸入元となっているイタリア発の「FANTIC」(ファンティック)。1968年にイタリア北部のバルザーゴで創業され、エンデューロやトライアルなどオフロード車を得意としたメーカーだ。

現在はスクランブラースタイルの「キャバレロ」シリーズのほか、公道走行可能な「エンデューロ」(50cc、125cc、250cc)と「モタード」(50cc、125cc)を取り扱っている。先だってはヤマハ MT-07の並列2気筒エンジンを搭載する「キャバレロ700」も発表され、こちらも日本で販売される。
EICMAのブースでは、初公開のエンデューロモデル「XE300」や参戦中のMoto2レーサーなどのほかに現行モデルを多数展示。所狭しとブースに並んだバイクの数々に、来場者がたくさん押し寄せて常に満員御礼状態だった。

「ファンティック XE300」搭載される300ccの水冷2ストロークエンジンはユーロ5に適応しており……ヨーロッパでは公道走行可能!?
「ファンティック キャバレロ500エクスプローラー」キャバレロ500のバリエーションモデルで、アドベンチャーツアラーの要素を取り入れたモデル。
2023年からMoto2に参戦しているファンティック。後方にある#13はチェレスティーノ・ビエッティ選手のカラー。

レポート&写真●山下 剛 編集●上野茂岐

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

RC390 KTM 2022 KTM 新型RC390 試乗速報「中型スーパースポーツで現在最強と言える1台」 250デューク KTM 2024 KTM 250デュークが2024年型でフルモデルチェンジ「新エンジンはあえてのOHC、それでも従来型よりパワーアップ」 【釣りツーリングに行こう!】1釣目:茨城県那珂湊港で年始早々ボラを釣る

カテゴリー記事一覧