新車

「ダックス125」に新色「パールグリッターリングブルー」が追加!鋼板プレス製フレームが鮮やかな青に彩られる

■「ダックス125」パールグリッターリングブルー

ホンダはダックス125に、爽やかな印象の「パールグリッターリングブルー」を新たに設定、追加した。

継続色の「パールネビュラレッド」、「パールカデットグレー」を合わせ、全3色のカラーバリエーションとなった。

ダックス125は、鋼板プレス製バックボーンフレームにダックスらしさを印象づける胴長の外観を持つのが最大の特徴。2人乗りを考慮したロングタイプのダブルシートと、パッセンジャーも握りやすいグラブバーを採用している。

アップタイプのマフラーに装着されたマフラーガードや、車体左側面のカバーなど随所にクロームメッキのパーツが使用され、上質感のある外観を得ている。クラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチに4速トランスミッションを採用。

「ダックス125」パールグリッターリングブルー

○販売データ

発表 2023年11月9日
発売 2023年12月14日
メーカー希望小売価格 44万円

○「ダックス125」主要諸元

型式 8BJ-JB04
全長×全幅×全高(mm) 1,760×760×1,020
軸距(mm) 1,200
最低地上高(mm) 180
シート高(mm) 775
車両重量(kg) 107
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式・種類 JB04E・空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3) 123
内径×行程(mm) 50.0×63.1
圧縮比 10.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 6.9[9.4]/7,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 11[1.1]/5,000
燃料消費率(WMTCモード値)(km/L) 65.7
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 3.8
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式4段リターン(走行中はリターン式で、停車時のみロータリー式になるチェンジ機構)
変速比 1速2.500 2速1.550 3速1.150 4速0.923
減速比(1次/2次) 3.421/2.266
キャスター角/トレール量(mm) 24度54分/84
タイヤ 前120/70-12 51L 後130/70-12 56L
ブレーキ形式 前油圧式ディスク(ABS) 後油圧式ディスク
懸架方式 前テレスコピック式 後スイングアーム式
フレーム形式 バックボーン
製造国 タイ

参考として……継続色

以下、購入に向けての参考として、継続色の写真を掲載。

「ダックス125」
「ダックス125」

レポート●モーサイ編集部 写真●ホンダ

CONTACT

ホンダ

お客様相談センター0120-086819

https://www.honda.co.jp/motor/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【ラフアンドロード】の「2024春夏アパレル」は通風とプロテクターにこだわりが!快適&安全なライディングを楽しめそう! 「GT-Air3」はリフト、ドラッグ、ベンチレーション流量などすべてヨシ!【SHOEI】ツーリング用の最新モデルとして高性能化された! 「茨城ダッシュは違反」と茨城県警も警告! 危ない「地元走り」やってませんか?

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション