新車

「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」は緑/白/青のスペシャルカラーで239万8000円!金色フロントフォークが目立つ!

■「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」ライムグリーン×パールクリスタルホワイト(GN2)

Ninja ZX-10Rに、カワサキスーパースポーツの系譜であるNinjaの40周年を記念する、「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」が登場した。
「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」のボディには1989年に登場したZXRシリーズと同じ、ライムグリーン/ホワイト/ブルーの3色レイヤーカラーリングを採用。当時のレースシーンを席巻した熱量をよみがえらせるスペシャルカラーは、今も変わらぬカワサキのチャレンジ精神を表現している。

ベースモデルのNinja ZX-10Rは、現在のカワサキラインナップにおいてレーシングスポーツの代表格であり、レースでのポテンシャルを最優先とし、なおかつストリートライディングでも走る楽しさを堪能できるモデルとされている。
水冷並列4気筒998cm3で、203PS(ラムエア加圧時は213.1PS)/11.7kgf・mを発揮する。

○ベースモデルからの変更点

・1989年に登場したZXRシリーズに着想を得た、ライムグリーン/ホワイト/ブルーの3色レイヤーカラーリング
・フューエルタンク上部にセットされたチャンピオンステッカーデザインの40周年記念デカール
・オリジナルデザインをもとにリニューアルされた「Ninja」ロゴ
・カウリングのサイズに合わせて最適化されたサイドの「Kawasaki」ロゴ
・フレームとスイングアームに施されたシルバー塗装
・ライムグリーンに塗装された前後ホイール
・ゴールドカラー仕上げのフロントフォークアウターチューブ
・1989年のZXRシリーズのフォントでテールカウルにあしらわれたZX-10Rロゴ

「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」
「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」
「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」

○販売データ

発表 2023年11月8日
発売 2023年12月23日
メーカー希望小売価格 239万8000円

○「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」主要諸元

型式 8BL-ZXT02L
全長×全幅×全高 2,085mm×750mm×1,185mm
軸間距離 1,450mm
最低地上高 135mm
シート高 835mm
キャスター/トレール 25.0度/105mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量 998cm3
内径×行程/圧縮比 76.0mm×55.0mm/13.0:1
最高出力 149kW(203PS)/13,200rpm
ラムエア加圧時 156.8kW(213.1PS)/13,200rpm
最大トルク 115N・m(11.7kgf・m)/11,400rpm
始動方式 エレクトリックスターター
点火方式 バッテリー&コイル(フルトランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.0L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常時噛合式6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速2.600(39/15) 2速2.157(41/19) 3速1.882(32/17) 4速1.650(33/20) 5速1.4768(31/21) 6速1.304(30/23)
一次減速比/二次減速比 1.680(79/47)/2.411(41/17)
フレーム形式 ダイヤモンド
懸架方式 前テレスコピック(倒立・インナーチューブ径43mm) 後スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル 前120mm 後115mm
タイヤサイズ 前120/70ZR17M/C(58W) 後190/55ZR17M/C(75W)
ホイールサイズ 前17M/C×MT3.50 後17M/C×MT6.00
ブレーキ形式 前デュアルディスク330mm(外径) 後シングルディスク220mm(外径)
ステアリングアングル(左/右) 27度/27度
車両重量 207kg
燃料タンク容量 17L
乗車定員 2名
燃料消費率(WMTCモード値) 16.5㎞/L
最小回転半径 3.4m
カラー ライムグリーン×パールクリスタルホワイト(GN2)

「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室

フリーコール0120-400819

http://www.kawasaki-motors.com/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

極上のツーリングには上質な音のインカムをお供に! B+COM SB6XR 第46回 東京モーターサイクルショー2019 「ときひろみ」さんとの「ツーショット撮影 & サイン会」開催のお知らせ 「F1の無限」が放った意外すぎる空冷OHVオリジナルエンジン・MRV1000とは?

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション