新車

【ハーレーダビッドソンX350/X500試乗】350ccと500cc、100万円未満のエントリーハーレーってぶっちゃけどうなの?

ハーレーダビッドソン X350主要諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒 ボア×ストローク:70.5×45.2mm 総排気量:353cc 最高出力:27kW<36.7ps>/9500rpm 最大トルク:31Nm<3.2kgm>/7000rpm 燃料タンク容量:13.5L 燃料消費率:20.4km/L 変速機:6段リターン

【寸法・重量】全長:2110 全幅:785 全高:1110 ホイールベース:1410 シート高:777(各mm) 車両重量:195kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R160/60ZR17

【カラー】
パールホワイト、ダイナミックオレンジ、スーパーソニックシルバー、ドラマティックブラック

【価格】
69万9800円

X350 ダイナミックオレンジ
X350 パールホワイト
X350 スーパーソニックシルバー
X350 ドラマティックブラック
353ccの水冷並列2気筒エンジンは最高出力36.7ps/9500rpm、最大トルク3.2kgm/7000rpmの性能を発揮。ボア×ストロークは70.5×45.2mmとかなりのショートストローク型。
リヤサスペンションは車体右面にマウントされるモノショックでリンクレス。プリロードと伸側減衰力を調整可能。
倒立式のフロントフォークはインナーチューブ径41mmで伸側減衰力の調整が可能。フロントブレーキはウェーブ形状のダブルディスク。
ハンドルはテーパー形状で、ミラーはレトロな印象の丸形。
シンプルな円形のメーターは外周にアナログ指針式速度計、下部に液晶モニターというレウアウト。液晶には回転系、オド・トリップ、時計を切り替えで表示できる。
XR750のイメージのかもしだす燃料タンクは容量13.5L。
灯火類はすべてLEDを採用。ヘッドライト中央には「HARLEY-DAVIDSON」のロゴが入る。ウインカーは鋭角的な形状。
テールライトはシートカウル後端にビルトインされ、シャープなリヤ周りのデザインを構築している。

ハーレーダビッドソン X500主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:69×66.8mm 総排気量:500cc 最高出力:35kW<47.6ps>/8500rpm 最大トルク:46Nm<4.7kgm>/6000rpm 燃料タンク容量:13.1L 燃料消費率:20.4km/L 変速機:6段リターン

【寸法・重量】全長:2135 全幅:875 全高:1150 ホイールベース:1485 シート高:820(各mm) 車両重量:208kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R160/60ZR17

【カラー】
パールホワイト、ダイナミックオレンジ、スーパーソニックシルバー、ドラマティックブラック

【価格】
83万9800円

X500 ダイナミックオレンジ
X500 スーパーソニックシルバー
X500 ドラマティックブラック
X500 パールホワイト
500ccの水冷並列2気筒は最高出力47.6ps/8500rpm 最大トルク4.7kgm/6000rpmの性能を発揮。
リヤサスペンションは車体右側にマウントされ、リンクレスのモノショック。プリロードと伸側減衰力の調整が可能で、プリロード調整はダイヤルを回すだけで簡単に操作できる。

倒立のフロントフォークはインナーチューブ径50mmと極太!伸側減衰力の調整が可能。フロントブレーキはダブルディスクで、X350よりも大径のものを装備する。
X350よりやや高めで、手前に引かれたハンドル。シート、ステップなど含め、アップライトなライディングポジションとなる。ミラーは楕円形状。
メーターはX350と同様で、アナログ指針式の速度計+小型液晶モニター。X500ではハンドル中央に配置される。
丸みを帯びたデザインのタンクは容量13.1L。
灯火類はすべてLEDで、ヘッドライトはX350と同様。一方、ウインカーはレトロな印象の丸形となる。
一見テールライトが無いように見えるが……ウインカーがテールライトとして機能する。ハーレーダビッドソンの大排気量モデルでも用いられている手法だ。

まとめ●モーサイ編集部 写真●山内潤也/ハーレーダビッドソン

1

2

CONTACT

■ハーレーダビッドソンカスタマーサービス
TEL:0800-080-8080
https://www.harley-davidson.com/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

加速GはGT-R超え? 価格は86以下!? 国産スポーツバイクの凄まじき加速ランキング レース以外でも効果あり!エアロヘルメットは速さだけじゃなく「快適な走りにも効く」 青、白、赤、黒の4色から選べ! 「スズキ・GSX250R」がカラーリング変更を受けた! 同時に平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション