新車

【ハーレーダビッドソンX350/X500試乗】350ccと500cc、100万円未満のエントリーハーレーってぶっちゃけどうなの?

X350 ハーレーダビッドソン

これはハーレーか否か?「Vツインではない、並列2気筒のXシリーズ」

ハーレーダビッドソンはこれからバイクに乗る若年層をメインターゲットとするエントリーモデルを2023年10月20日発売した。普通二輪免許でも乗れる350ccのX350と、大型二輪免許が必要となる500ccのX500の2モデルで、X350:69万9800円、X500:83万9800円という低価格も話題を集めている。 
ハーレーダビッドソンジャパンは2モデルとも「軽量都市型コミューターモデル」と説明しているが、試乗を行ったプロライダーの鈴木大五郎氏によれば「意外にスポーティ」とのこと。
ということはベテランライダーにも魅力がある!? 以下、試乗レポートをお伝えしよう。


食わず嫌いは良くない。

ハーレー未経験のスポーツバイク大好きライダーに試乗を薦めてみても「興味なし!」と返答されること数多し。しかし、一度「食って」みてその面白さにハマるというのはよくある話だ。

ただこのパターンは、今回の僕の試乗インプレッションにはあてはまらない。スポーツバイク好きではあるが、ハーレーはもともと大好きなブランド。過去にはハーレーのバイクを所有していたし、ハーレー専門のカスタムショップに勤務していたこともあるほどだ。今回発表されたX350/X500には、そんなハーレー愛が強い人ほど「食わず嫌い」な拒否反応を示すだろう。Vツインのハーレー以外をハーレーと認めていいのか? しかし結果的には、この2台をテストした後、冒頭の言葉が僕の頭に浮かんできたのである。

ハーレーダビッドソン X350「XR750をオマージュしたフラットトラッカースタイル」

ハーレーダビッドソン「X350」は69万9800円。

ハーレーはスポーツバイクとはあまり縁がないように思われることが多いけれど、フラットトラックというアメリカ伝統のレースシーンにおいては長きにわたり頭を張ってきたブランドでもある。

そのレジェンド的マシンであるXR750にも似たイメージを持つのがX350。一方、X500はスポーツスターシリーズの流れを組んだスタイリングを採用。2台はともに水冷並列2気筒エンジンを搭載する。発表当初は同じ車体をベースに異なる排気量のエンジンと外装を載せたものだと思っていたが、実際には共通部品がほとんどない。普通二輪免許でも走らせることが可能なX350は明らかにコンパクト。

重量感は良い意味での重さがあり、またがった瞬間、鈍重なハーレーのイメージは消し去られた。フラットトラッカーイメージのスタイリングとしたためか、シートも座面がフラットな形状で、幅は広め。足着き性が多少犠牲になっているが、フレンドリーな印象に変わりはない。

走り出すのに儀式的な重々しいクラッチ・アクセル操作は必要なく、免許取り立てのライダーにも手強さなど感じさせないイージーさだ。吹け上がりは心地良く、パワフルではないものの、それでいて市街地では不満のないトルク特性である。郊外ではアンダーパワーに感じる機会もあるかもしれないが、想像以上に使えるエンジンと感じられる。しっかりと回して走らせる機会がたびたび訪れるのも、これまた今までの「ハーレーらしさ」とは異なった楽しさだ。

あいまいなスロットルワーク領域でややギクシャクする傾向があった点を除けば、予想以上の仕上がりには驚かされた。正直ハーレーらしさを感じられなかったのだが、先入観であるとか、ブランドを崇拝するような感情がない人にはまったく関係のない話かもしれない。コーナリングにおける振る舞いにも不安要素はいっさいなく、体を委ねていける安心感がある。

ハーレーダビッドソン「X350」 デザインは伝説的なフラットトラックレーサー・XR750をイメージ
ハーレーダビッドソン「X350」 353cc水冷並列2気筒エンジンをスチール製パイプフレームに搭載。ホイール径は前後17インチで、リヤタイヤの駆動はチェーン。

ハーレーダビッドソン X500「大排気量車に劣らない汎用性があるモデル」

ハーレーダビッドソン「X500」は83万9800円。

X500はX350よりひと回り大柄で、乗り味のしっかり感も高まる。無論、その分重量感も増すが、エンジンパワーとのバランスは悪くない。厚みのあるトルクがアイドリング付近から確保されている。ややザラリとしたエンジンフィーリングが心地良く、乾いた排気音を伴って回転上昇していく。こちらもアクセル操作にやや過敏に反応する領域があるものの、期待以上のパワー感と味わいを持っていた。

360度クランクの並列2気筒エンジンからは、鼓動感であるとか、ハーレーのバイクということから想像できるようなフィーリングは感じられなかったが、エンジン特性としてはこれはこれで楽しく、心地良さだけでなくパワフルさも併せ持っている。また、バンク角も含めて十分スポーツライディングできる車体設定でもある。より大排気量のモデルに劣らない汎用性が備わっていることを確認できた。

ハーレーダビッドソン「X500」 スポーツスターの伝統を意識したデザインで、特にリヤフェンダー周りの形状にそれが現れているという。
ハーレーダビッドソン「X500」 500cc水冷並列2気筒エンジンをスチールパイプ製フレームに搭載するが、フレームはX350とは異なる。ホイール径は前後17インチで、リヤタイヤの駆動はチェーン。

スペックだけで語れない魅力があるのはハーレー的と言える

乗ったフィーリングだけでこの2台をハーレーと断定するのは難しい。個人的には、トライアンフがこの排気量のマシンを作ったらこんな風になるのでは?と思ったほどだが、ハーレーというブランドにさほど思い入れの強くない人であればすんなり受け入れられるのではなかろうか?

過去にハーレー製のエンジンを搭載したスポーツバイクを販売していたビューエルは、あえてハーレーをブランド名に取り入れなかった。X350/X500の2台も、ブランド名を変えるという選択肢があったと思われるが、セールス面からか、やはりネームバリューの大きいハーレーの名前は使いたかったのだろう。

一方でVツインの伝統とブランドの重みがあり、また一方では、アジア市場を中心としたこれまでとは異なったターゲット層への訴求などが必要とされる現状がある。悩ましいながらも新たな1歩を踏み出したハーレー。それが吉と出るか凶と出るかはまだ分からないものの、テストした身から言えることは、ブランドにかかわらず、これらが楽しいマシンであったということである。

本当にガソリンエンジンのバイクがなくなる日が来るかは未だはっきりしないが、空冷・Vツインを愛するライダーだけに付き合うのをやめるのは、会社を存続するためには不可避だったのかもしれない。しかし、スペックに現れないライディングの本質を持っているのは、これまでのハーレー同様であった。Xシリーズが今後どのような位置付けとなるのか、メーカーの未来同様に気になる存在となっている。

ハーレーXシリーズ「ここが気に入った!」

良好なエンジンテイストと守備範囲の広さが魅力。
それぞれのエンジンに気持ち良さや味わいが存在している点は高評価。意外とパワフルでスポーティに走らせることも許容するキャラクターもいい。排気音はしっかりと消音されながら音質も悪くない。車体がコンパクトで使いやすく、日常的使い方からツーリングシーン、軽めのスポーツライディングまで汎用性が高いのも○。

ハーレーXシリーズ「ここが気になる」

ハーレーが独自に手を加えた部分があるようだが、ベース車は他メーカー製なので、エンジンの「ハーレーらしさ」は非常に薄い。同じ排気量でハーレーオリジナル設計のマシンにも期待。足まわりの作動性は課題点。価格など加味すると及第点だが、ギャップなどでの突き上げがやや強い。あとはハーレーらしいカスタムパーツが欲しい。

X350の足着き&ライディングポジション

X500に対しひと回りコンパクトな乗車姿勢。ハンドル位置は比較的低め、ステップ位置も後ろ気味で、スポーティな走りになじむ設定。シート座面が横に張り出しているため数値よりも足着き性は良くない。また、クッションが薄くやや尻が痛くなりやすい。

ライダーの身長は165cm

シートからテールカウルの形状はXR750らしいデザインを強調する部分。シート高は777mm。

X500の足着き&ライディングポジション

オーソドックスなネイキッドの乗車姿勢。ハンドル位置はやや高めでワイド気味。ステップ位置も高くなく、リラックスできる汎用性の高い設定。取り回し性も良好だ。シートはX350と異なり厚みもあってクッション性も良好。その結果、シート高はやや高め。

ライダーの身長は165cm
X350よりも厚みのあるシートで、シート高は820mm。

試乗レポート●鈴木大五郎 写真●山内潤也

ハーレーダビッドソン X350/X500主要諸元、および各部特徴を写真で解説

1

2
CONTACT

■ハーレーダビッドソンカスタマーサービス
TEL:0800-080-8080
https://www.harley-davidson.com/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ヨーロッパ提言の「e-fuel」(人工ガソリン)って何だ!? 内燃機関バイクの救世主となるか ヤマハファンポータルサイト「My YAMAHA Motor Web」でステッカー2000名プレゼントキャンペーンを5月末まで実施 マルク・マルケス来日「SHOEI X-Fourteen MARQUEZ 6」特別仕様セット購入で参加できるトークショー&サイン会が超豪華!! 応募は11月6日まで

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション