新車

カワサキがジャパンモビリティショー2023の概要を発表「世界初のハイブリッドバイクと往年のメグロが共演!? 」

ワールドプレミアは5機種、歴史展示のメグロやGPZと関係あり!?

東京モーターショーから名称を改め、2023年10月28日〜東京ビッグサイトで開催されるジャパンモビリティショー2023。
カワサキはワールドプレミア=世界初公開モデル5機種と、ジャパンプレミア=日本初公開モデル2機種を出展する。

世界初公開となる5機種の内容は10月中旬時点で明かされていないが、カワサキブースに「歴史車」という扱いで、カワサキ250メグロSG、GPZ900R、ZXR400Rの3車が展示される。
もしかすると、それら3車が世界初公開車と関連している可能性がある。
今や大人気となったZ900RSも2017年の東京モーターショーで世界初公開となった。それを考えると……!?

カワサキ 250メグロSG(1965)

メグロの250cc単気筒車「ジュニアS」シリーズの後継として、カワサキによって生産された「250メグロSG」。1965年の発売。フレームはジュニアS8のものを継承しつつ、ミッションを一体化した改良型エンジンを搭載。最高出力もS8の12.5psに対し、メグロSGでは17.5psと大幅に性能アップを果たしている。

カワサキ GPZ900R(1984)

写真は北米仕様

Z1の志を受け継ぎ、世界最速の市販車を目指し開発されたGPZ900R。1984年に輸出専用車として発売された。エンジンは新開発の900cc水冷並列4気筒DOHC4バルブで、最高出力115ps/9500rpm 最大トルク8.7kgm/8500rpmの性能を発揮。最高速は当時の量産市販車の限界と言われていた240km/hを超え、250km/hに達した。映画『トップガン』に登場したことで一躍人気車となった。

ジャパンプレミアはハイブリッドとEVのニンジャ

次に日本初公開となる2機種は、世界初のストロングハイブリッドモーターサイクル、「Ninja 7 Hybrid」と、カワサキ初の電動モーターサイクル「Ninja e-1」。
どちらもヨーロッパで先行して発表されたモデルだが、実車を見られる貴重な機会だ。

カワサキ ニンジャ7ハイブリッド(日本初公開)

KAWASAKI Ninja 7 Hybrid

451cc水冷並列2気筒エンジン、トラクションモーター、大容量の駆動用バッテリーを搭載した世界初のストロングハイブリッドモーターサイクルで、6速トランスミッションをボタンでシフトする。以下の3つの走行モードがあり、ライダーは状況に応じて選択できる。高い環境性能とカワサキらしい操る悦び「Fun to Ride」を兼備したモデルとのことだ。

「SPORT-HYBRID」
エンジンとモーターのふたつのパワーユニットのポテンシャルをフルに引き出す。

「ECO-HYBRID」
トラクションモーターで発進しEVからHEVへシームレスに移行し高い燃費性能を実現する。

「EV」
静粛・低振動でゼロエミッションの低速・近距離用モード。

そのほかモーターを活用することで実現した、多数の先進機能を搭載しているという。

カワサキ ニンジャe-1(日本初公開)

KAWASAKI Ninja e-1

低速域での力強いレスポンスを持つコンパクトな電動モーターと、軽量なフレームを組み合わせることにより、優れた加速性能と軽快なハンドリングを実現したEVスポーツモデル。
短時間の出力向上が可能な「e-boost」、車両の取り回しをサポートする「ウォークモード」、ダミータンク上のストレージボックスなど、電動モーターサイクルならではの新機能、装備も採用している。

また、400ccクラスのロードスポーツモデルをベースにした車体により、Ninjaシリーズが持つライディングファン要素も備えており、ライディングの爽快感と日常での利便性を両立。取り外し式のリチウムイオンバッテリーは家庭用コンセントからの充電が可能で、一回の充電で最大72kmの走行距離を実現している。

市販車・参考出品車には「ビモータ」もあり

そのほか、市販車・参考出品者として以下の6車を展示する。

「Z900RS Yellow Ball Edition」(市販車)
「Ninja 1000SX」(市販車)
「BIMOTA KB4」(市販車)
「ELIMINATOR SE」(市販車)
「BIMOTA TESI H2 CARBON」(参考出品車)
「TERYX KRX4 1000」(参考出品車:ATV)


なお、ジャパンモビリティショー2023は東京ビッグサイトで2023年10月28日(土)〜11月5日(日)一般公開。カワサキブースは東展示棟・東6ホールとなっている。

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●カワサキ

CONTACT

■カワサキモータース 公式ウェブサイト
https://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/corp/

 

■カワサキモータースジャパン公式ウェブサイト
https://www.kawasaki-motors.com/

 

■ジャパンモビリティショー2023公式ウェブサイト
https://www.japan-mobility-show.com/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第42話:バイクの「P」ポジションって何のためにあるの?【隔週連載】 アライヘルメット【アストロGX・ロック】が5月発売!ツーリング向け最高峰フルフェイスのグラフィックモデル第4弾 注目の高性能スタンダードインカム「B+COM ONE」用オプションパーツが登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション