新車

スズキ新型「Vストローム800」を世界各国で順次発売、オンロード性能を重視&シート高は「DE」より低め

スズキ Vストローム800「19インチホイールを採用し、オンロード重視の特性」

スズキは新型アドベンチャーモデル「Vストローム800」を発表、欧州・北米を中心に2023年10月から世界各国で順次発売される。
Vストローム800は、2023年から販売を開始しているVストローム800 DEのバリエーションモデルといえる存在で、Vストローム800 DEがオフロード走破性を重視しているのに対し、Vストローム800は市街地走行や長距離ツーリングなどオンロード性能を重視したモデルとなっている。

Vストローム800 DEのホイールはフロント21インチ、リヤ17インチでワイヤースポークだが、Vストローム800はフロント19インチ、リヤ17インチでキャストホイールを採用。チューブレスタイヤが装着される。
またフロントブレーキはラジアルマウントキャリパーとなっているほか、フロントサスペンションにはSHOWA製SFF-BP(セパレートファンクションフォーク・ビッグピストン)を採用している。
ライディングポジションも専用で、シート高は「DE」より30mm低い825mmとなっている。

776ccの並列2気筒エンジンには電子制御機構「S.I.R.S.」(スズキインテリジェントライドシステム)が組み合わせられ、出力特性切り替え、トラクションコントロール、クイックシフター、ABS作動レベル切り替えなどの機能が使用できる。

3段階に高さが調整できるスクリーン、USBソケットといった実用装備のほか、燃料タンク容量は20Lあり、快適なロングツーリングが楽しめるだろう。

スズキ Vストローム800(海外仕様)

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:84.0mm×70.0mm 総排気量:776cc 最高出力:── 最大トルク:── 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2255 全幅:905 全高:1355 ホイールベース:1515 シート高:825(各mm) タイヤサイズ:F110/80R19 R150/70R17 車両重量:223kg 燃料タンク容量:20L

*2023年10月上旬時点で、日本での発売時期は不明。

まとめ●モーサイ編集部 写真●スズキ

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

防災関連の見本市「危機管理産業展2021」で見たヤマハ、カワサキ、ホンダの災害対応製品 話題の「EM1 e:」に乗ってプレゼントをゲット!「Honda電動スクーター店頭試乗キャンペーン」が2024年1月31日まで! 【NEW MODEL】2500cc3気筒エンジンを搭載! TRIUMPH ROCKET 3 TFCが世界限定750台で登場

カテゴリー記事一覧