新車

ハーレーの並列2気筒ミドルモデル「X350/X500」が10月発売!普通二輪免許で乗れる350は70万円未満?という情報も

■アメリカンロードスタースタイルのX500(左)とトラッカースタイルのX350

ハーレーダビッドソン X350「353cc並列2気筒のダートトラッカースタイルマシン」

ハーレーダビッドソンジャパンは、伝統のVツインエンジンとは異なる、新たなパラレルツイン(並列2気筒)エンジン搭載モデルを10月に発売すると発表した。
その1台はX350。ハーレーのラインアップ中では最小クラスの排気量となる353ccモデルで、普通自動二輪MT免許で乗れるのが魅力的なポイント。軽量で取り回しやすいコンパクトさを備えたトラッカースタイルが特徴で、往年のダートトラックレーサー「XR750」にインスパイアされたデザインフォルムとも言える。エンジンはショートストローク型ではあるが、力強い中速トルク特性となっているというから、キビキビとした走りが味わえそうだ。

ブレーキはABS付き前後デュアルディスク、フロントフォークはインナーチューブ径41mmの倒立タイプでリバウンド調整機構付き。リヤサスペンションはプリロード&リバウンド調整機構付きモノショックでオイル・ガス分離式と、車体面もスポーティな走りも意識した装備が与えられている。
353ccという排気量とスリム&コンパクトなボディを生かし、カジュアルなファッションで街乗りをするもよし、スポーティに走らせるもよしだろう。

ハーレーダビッドソンX350 ホイールは前後17インチ。
ハーレーダビッドソンX350 栄光のダートトラックレーサー「XR750」へのインスパイアを感じさせるタンクからテールにかけてのフォルム。
ハーレーダビッドソンX350 前傾気味に搭載される353cc並列2気筒エンジンはショートストローク型ではあるが、中速域で力強いトルク特性をねらったという。最高出力は36馬力。

ハーレーダビッドソンX500「500cc並列2気筒エンジン搭載、スポーツスターにインスパイアされたデザイン」

もう1台はX500。ハーレーのスポーツスター系モデルにインスパイアされたというアメリカン・ロードスタースタイリングで、丸みを帯びたタンクからテールにかけてのフォルムに、その雰囲気を感じ取れる。また後輪右サイドに伸びる力強い雰囲気の2 into 1エキゾーストシステム、独特にチョップされたリヤフェンダーは、X500ならではの個性を感じさせる部分だ。
エンジンはX350と同じパラレルツインの型式ながら、ボア・ストロークは近似値のスクエア型500ccで、X350よりもオールマイティにパワフルな特性となっているだろう。

車体面を見てみると、ブレーキは前後ABS付きのデュアルディスク、フロントフォークはインナーチューブ径50mmのリバウンド調整機構付き倒立タイプ、リヤサスペンションはプリロード&リバウンド調整可能なモノショックタイプという構成。スポーティな走りにも抜かりのない装備をまとう。
X350と異なるのは、十分な厚みを持ったシートを採用している点。ハンドルポジションもX350に比べ高めで、長距離ライディングでの快適性はX500の方が高そうな印象だ。

ハーレーダビッドソンX500
ハーレーダビッドソンX500 エンジンはX350よりも垂直気味に搭載される。ボア・ストロークがスクエア型の500cc並列2気筒は、全域で安定してパワフルな特性を発揮するという。最高出力は47ps。
ハーレーダビッドソンX500 チョップされたテールセクションと、スイングアームマウントリヤフェンダーが特徴のX500。テールランプはウインカー内蔵タイプ。

なお、2023年9月末の時点で価格は発表されていないが、「価格についての詳細は、最寄りの正規ディーラーまでお問い合わせください」とwebサイトに書いてあったので、実際に最寄りのハーレーディーラーへ訪ねてみたところ「おそらくX500が80万円台半ば、普通二輪免許ユーザーねらいで買い求めやすさをアピールしたいX350で、70万円台を切る価格かもしれない」とのこと。既に予約も受け付けているそうだ。また、正式な発表・発売は10月後半になる見込みのようだ。

ハーレーダビッドソンX350主要諸元

【エンジン】
水冷4サイクル並列2気筒 ボア・ストローク:70.5×45.2mm 総排気量353cc 圧縮比:11.9 燃料供給装置:フューエルインジェクション

【性能】
最高出力:36ps(27kW)/9500rpm 最大トルク:31Nm(3.1kgm)/7000rpm

【変速機】
6段リターン 変速比:1速3.167 2速2.056 3速1.556 4速1.333 5速1.190 6速1.000 一次減速比:2.645 二次減速比:──

【寸法・重量】
全長:2110 全幅:── 全高:── 軸距:1410 シート高:770(各mm) キャスター:24.8度 トレール:140mm タイヤサイズ:F120/70ZR17  R160/60ZR17 重量:195kg

【容量】
燃料タンク:13.5L エンジンオイル:3.2L

【車体色】
黒、オレンジ、銀、白

【価格】
2023年9月末日時点では未発表

ハーレーダビッドソンX350 カラーバリエーション全4種類

X350(ダイナミックオレンジ)
X350(ダイナミックオレンジ)
X350(ドラマティックブラック)
X350(スーパーソニックシルバー)
X350(パールホワイト)

ハーレーダビッドソンX500主要諸元

【エンジン】
水冷4サイクル並列2気筒 ボア・ストローク:69×66.8mm 総排気量:500cc 圧縮比:11.5 燃料供給装置:フューエルインジェクション

【性能】
最高出力:47ps(35kW)/8500rpm 最大トルク:46Nm(4.6kgm)/6000rpm

【変速機】
6段リターン 変速比:1速2.85 2速1.95 3速1.56 4速1.33 5速1.19 6速1.08 一次減速比:1.947 二次減速比:──

【寸法・重量】
全長:2135 全幅:── 全高:── ホイールベース:1485 シート高:820(各mm) キャスター:24.5度 トレール:100mm タイヤサイズ:F120/70ZR17 R160/60ZR17 車両重量:208kg

【容量】
燃料タンク:13.5L エンジンオイル:3.2L

【車体色】
黒、オレンジ、銀、白

【価格】
2023年9月末日時点では未発表

ハーレーダビッドソンX500 カラーバリエーション全4種類

X500(パールホワイト)
X500(パールホワイト)
X500(ダイナミックオレンジ)
X500(ドラマティックブラック)
X500(スーパーソニックシルバー)

レポート●モーサイ編集部 写真●ハーレーダビッドソン

CONTACT

ハーレーダビッドソンカスタマーサービス
TEL:0800-080-8080
https://www.harley-davidson.com/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

電動バイクのウソとホント「音がしない」「加速が鈍い」「高価」「航続距離が短い」のイメージは真実なのか 【最新快適アイテムガイド ワイズギア・テネレ700用パフォーマンスダンパー】車体の制振で上質な走りを!  他にはない!?「ホルスターバッグが大きいだって!?」、「金襴織物のバッグをライダーが使う!?」……さすが【デグナー】

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション