新車

【ヤマハ YZF-R15】55万円で10月発売「155ccの軽二輪スーパースポーツは最高出力19馬力、車重141kg」

YZF-R15 ヤマハ 2023 スーパースポーツ

YZF-R15のエンジン「R125比でボア6mm拡大の水冷155cc単気筒」

原付二種のYZF-R125と車体を共有し、2023年10月16日に発売される155cc版のYZF-R15。日本では軽二輪枠に入るこの排気量の利点は、言うまでもなく高速道路が走行可能なことだ。
水冷単気筒OHC4バルブエンジンは、YZF-R125と同様に可変バルブタイミング機構のVVA、トラクションコントロールの搭載が特徴。クイックシフターもオプションで用意される。
加えて、YZF-R125とストロークは同様ながら、ボアを6mm拡大した155ccエンジンは当然性能が上乗せされ、YZF-R125比で最高出力が+4psの19ps、最大トルクで+0.2kgmの1.4kgm。YZF-R125とほぼ同じ車体で同重量=141kgのYZF-R15は、一般道でのアドバンテージも感じられるだろうし、キビキビとした走りを見せてくれそうだ。

YZF-R7に似たスポーティなデザイン

車体面は、スチール製のツインスパーフレームに、フロントサスペンションが倒立フォーク、リヤサスペンションはリンク式モノショックという構成。そして、上級モデルのYZF-R7にも似た外装&フォルムで精悍な雰囲気をまとっている。

車体色はブルー、ブラック、グレーの3バリエーション。
価格はYZF-R125よりも3万3000円高い55万円だが、250ccクラスよりも軽量・コンパクトなサイズで、日本の道路事情では性能を持て余すことなく楽しめる「ライトウエイト・スーパースポーツ」と言えそうだ。

YZF-R15 ブラックメタリック12(ブラック)
YZF-R15 ダークブルーイッシュグレーメタリック9(グレー)
YZF-R15 ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

YZF-R15の機能&装備

YZF−R15 写真は2023年9月2日開催のイベント「YAMAHA Motorcycle Day」展示車両

■シンプルかつ視認しやすいモノクロ液晶メーター。中央に速度計を大きく表示、その上にバーグラフ式回転計、ギヤポジション、オド&トリップ、時計、燃料残量などを表示する。液晶パネル周辺にはABSやトラクションコントロールなどの各種警告灯類を配置。

YZF−R15 写真は2023年9月2日開催のイベント「YAMAHA Motorcycle Day」展示車両

■フロントカウル中央のダクト内にヘッドライトを配置し、フロント周りは700ccのYZF-R7に似たデザイン。一見ヘッドライトに見える左右の細いライトはポジションランプ。

YZF−R15 写真は2023年9月2日開催のイベント「YAMAHA Motorcycle Day」展示車両

■クラッチレバー操作の負担を軽減しつつ、急激なシフトダウン時などにクラッチを滑らせて後輪のホッピングを抑えるスアシスト&スリッパークラッチを採用。テールカウルに「A&S CLUTCH」のロゴが入る。

YZF−R15 写真は2023年9月2日開催のイベント「YAMAHA Motorcycle Day」展示車両

■ヤマハ独自の可変バルブ機構「VVA」(Variable Valve Actuation)は、小排気量モデルにも広く普及してきた機構。吸気側のカムが回転数によって切り替わり、低中回転で厚いトルクを、高回転ではパワフルな加速力を発揮。イベント展示の市販予定車には、オプションのクイックシフターも装備されていた。

YZF−R15 写真は2023年9月2日開催のイベント「YAMAHA Motorcycle Day」展示車両

■2023年9月2日(土)にヤマハが開催したファンイベント「YAMAHA Motorcycle Day」に展示されていた、市販予定車段階のYZF-R15(市販予定アクセサリー装着車)。アクラポビッチ製フルエキゾーストマフラー、フェンダーレスキット、カウリングプロテクター、クイックシフターなどのオプションカスタムパーツが装着されていた。

YZF−R15 写真は2023年9月2日開催のイベント「YAMAHA Motorcycle Day」展示車両

■アルミスイングアーム+細身のスポークのホイールはスタンダードのもので、YZF-R15/YZF-R125と共通の仕様。マフラーはオプションとして市販予定のアクラポビッチ製フルエキゾーストで、サイレンサー部には「R DNA」のロゴが入っている。

ヤマハ YZF-R15 ABS 主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル単気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:58.0mm×58.7mm 総排気量:155cc 圧縮比11.6 最高出力:14kW<19ps>/1万rpm 最大トルク:14Nm<1.4kgf・m>/7500rpm

[寸法・重量]
全長:1990 全幅:725 全高:1135 ホイールベース:1325 シート高:815(各mm) 車両重量:141kg タイヤサイズ:F100/80-17 R140/70-17 燃料タンク容量:11L

[価格]
55万円

[車体色]
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
ブラックメタリック12(ブラック)
ダークブルーイッシュグレーメタリック9(グレー)

まとめ●モーサイ編集部・阪本 写真●ヤマハ

追記訂正(2023年9月21日16時):発売日を10月6日と表記していましたが、正しくは10月16日でした。訂正を行いました。

CONTACT

■ヤマハ発動機カスタマーコミュニケーションセンター
TEL:0120-090-819
 https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【アライRX-7X・シュワンツ30th】ケヴィン・シュワンツWGPチャンピオン30周年記念モデルが5月発売 SHOEI Z-8に早くもグラフィックモデル「プロローグ」が登場 【動画あり】第50回 東京モーターサイクルショー 女の子集めました編

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション