新車

カワサキ「Z650」がカラー&グラフィック変更を受けた! 2024モデルは「キャンディパーシモンレッド×エボニー」の一色で展開

■「Z650」キャンディパーシモンレッド×エボニー

軽量なフレームに、低中回転域で力強いトルクを生み出す649cm3パラレルツインエンジンを搭載し、スリムでコンパクトなパッケージで、思いのままのハンドリングを楽しむことができるのがカワサキ「Z650」。2024モデルとしてカラー&グラフィックの変更を受けた。

「Z650」はスーパーネイキッドZシリーズが持つ「Sugomi」パフォーマンスとデザインを具現化し、バランスのとれた走行性能を発揮する。
また、KTRC(カワサキトラクションコントロール)の装備により、スポーツライディングから滑りやすい路面まで、出力特性をコントロールして安定した走行に寄与。
さらにLEDヘッドライトや4.3インチTFTカラー液晶ディスプレイを備えるインストゥルメントが快適な走行をサポートしている。
軽快なハンドリングと優れたスロットルレスポンスを持ち合わせ、高いスポーツ性能を発揮するZ650は、様々なシーンで奥深い走りをみせる。

「Z650」キャンディパーシモンレッド×エボニー
「Z650」キャンディパーシモンレッド×エボニー

○Z650 販売データ

発表 2023年8月23日
発売 2023年9月22日
メーカー希望小売価格 1,012,000円

○Z650 主要諸元

型式   8BL-ER650S
全長×全幅×全高     2,055mm×765mm×1,065mm
軸間距離      1,410mm
最低地上高    130mm
シート高      790mm
キャスター/トレール 24.0°/ 100mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ
総排気量      649cm3
内径×行程/圧縮比   83.0mm×60.0mm/10.8:1
最高出力      50kW(68PS)/8,000rpm
最大トルク    63N・m(6.4kgf・m)/6,700rpm
始動方式      エレクトリックスターター
点火方式      バッテリ&コイル(フルトランジスタ点火)
潤滑方式      セミドライサンプ
エンジンオイル容量   2.3L
燃料供給方式  フューエルインジェクション
トランスミッション形式      常時噛合式6段リターン
クラッチ形式  湿式多板
ギヤ・レシオ 
       1速    2.437 (39/16)
       2速    1.714 (36/21)
       3速    1.333 (32/24)
       4速    1.111 (30/27)
       5速    0.965 (28/29)
       6速    0.851 (23/27)
一次減速比 × 二次減速比    2.095(88/42)×3.066(46/15)
フレーム形式  ダイヤモンド
懸架方式     
       前     テレスコピック(インナーチューブ径 41mm)
       後     スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル    
       前     125mm
       後     130mm
タイヤサイズ 
       前     120/70ZR17M/C (58W)
       後     160/60ZR17M/C (69W)
ホイールサイズ      
       前     17M/C×MT3.50
       後     17M/C×MT4.50
ブレーキ形式 
       前     デュアルディスク 300mm (外径)
       後     シングルディスク 220mm (外径)
ステアリングアングル(左/右)      35°/ 35°
車両重量      189kg
燃料タンク容量       15L
乗車定員      2名
燃料消費率 WMTCモード値     23.6㎞/L
最小回転半径  2.6m
カラー キャンディパーシモンレッド×エボニー(RD1)

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室

TEL:0120-400819

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

Z1000(J)とはどんなマシンか? ’70〜80年代Zシリーズとの比較で魅力を探る(1000J編) MT-07 テネレ700 XSR700 YZF-R7 ヤマハ 原点XS-1から最新MT-07まで「ヤマハ製パラレルツインの進化と到達点」 【CLOSE UP】KNOX ラックサック

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション