新車

孤高の4気筒250スーパースポーツ「Ninja ZX-25R」シリーズが、2024モデルで新グラフィック&カラーを採用

■ライムグリーン×エボニー(GN1)のNinja ZX-25R SE KRT EDITION。

新色メタリックファントムシルバー×エボニー(SL1)の設定も!

2021モデルとして、2020年夏に発表された250ccクラス待望の4気筒スーパースポーツがZX-25Rシリーズ。長らく不在が続いた250ccでの水冷並列4気筒の採用、かつての250cc出力自主規制値45psをマークする高回転・高性能(2023モデルから48psにアップ)に多くの注目を集めたのは記憶に新しい。最高出力を1万5500rpmの高回転で発揮し、官能的なエキゾーストサウンドを響かせる孤高のスーパースポーツがZX-25Rだ。

アグレッシブなNinjaスタイリングを纏い、エンジンのハイパフォーマンスを軽量・高剛性のトレリスフレームが支え、KTRC(カワサキトラクションコントロール)やオートブリッパ-付きのKQS(カワサキクイックシフター)をはじめとする数多くのライダーサポートシステム搭載も同車の特徴。
そのほか、インストゥルメントには4.3インチフルデジタルTFTカラー液晶ディスプレイを採用し、Ninja ZXシリーズを名乗るにふさわしく装備を充実。

サーキット走行性能の高さに加え、街乗りでの快適性を併せ持つ、そんな同車の2024年モデルのZX-25R SEでは魅力的な装備・性能はそのままに、カラー&グラフィック変更を実施。新デザインのライムグリーン×エボニー(GN1)のNinja ZX-25R SE KRT EDITIONのほか、新色メタリックファントムシルバー×エボニー(SL1)のNinja ZX-25R SEの展開となる。発表日は8月10日、発売予定日は9月15日(金)、価格は96万2500円。

ライムグリーン×エボニー(GN1)のNinja ZX-25R SE KRT EDITION。
標準仕様のZX-25R SEはメタリックファントムシルバー×エボニー(SL1)の新色を採用。
標準仕様のZX-25R SEはメタリックファントムシルバー×エボニー(SL1)の新色を採用。

<Ninja ZX-25R SE/同KRT EDITION 主要諸元>

■エンジン 水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク50.0×31.8mm 排気量249cm3 圧縮比12.5  燃料供給装置:フューエルインジェクション 点火方式トランジスタ 始動方式セル

■性能 最高出力35kW(48ps)/15500rpm ※ラムエア加圧時:36kW(49ps)/15500rpm  最大トルク22Nm(2.2kgm)/12500rpm

■変速機 6段リターン 変速比①2.928 ②2.055 ③1.619 ④1.333 ⑤1.153 ⑥1.037 一次減速比2.900 二次減速比3.571

■寸法・重量 全長1980 全幅750 全高1110 軸距1380シート高785(各mm) キャスター24.2度 トレール99mm タイヤ(F)110/70R17M/C 54H (R)150/60R17M/C 66H 車両重量184kg

■容量 燃料タンク15L オイル2.9L

■車体色 ライムグリーン×エボニー(GN1)=KRT EDITION/メタリックファントムシルバー×エボニー(SL1)

■価格 96万2500円

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキ

https://www.kawasaki-motors.com/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「ジャンプスターター」結局どれ買えばいい? NOCO ブーストスポーツ GB20なら間違いなし!! 【モータリスト】「レース&レンタル」サービスなら……マシンやトランポ、チームサポートがなくっても!レースに出られる! 高感度ドライブレコーダーが画質も機能もパワーアップ! Mio「MiVue M820WD」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション