新車

「Ninja250」シリーズの2024モデルは、KRTロゴを変更! 「Z250」はカラーリングを変えられた

■ロゴ変更が加わったライムグリーン×エボニー(GN1)のNinja250 KRT EDITION。

KRT EDITIONがロゴデザインを小変更

2018年モデルからフレーム、エンジンを刷新し、第3世代となったNinja(ニンジャ)250。同車は、水冷4サイクルDOHC並列ツイン248ccエンジンをトレリスフレームに搭載し、シャープなスタイリングにライトウエイト&ハイパフォーマンスを盛り込んだ軽二輪スポーツ。
アシスト&スリッパークラッチ、LEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなどのライディングサポート機能の標準装備も特徴だ。
スポーティな路線ながらもハンドルをややアップライトに設定し、シティランからツーリングまで幅広く楽しめ、息長く人気を集める同車だが、その2024年モデルが発表された。

イヤーチェンジの対象はKRT EDITIONのみで、車体に付くKawasaki Racing Teamロゴデザインを変更。なお同エディションは、スーパーバイク世界選手権に参戦するNinja ZX-10RRをイメージした鮮やかなライムグリーンとブラックを基調としたカラーデザインが特徴だ。標準仕様のメタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー(GY1)のカラーは継続採用。なお、性能・寸法等を含めた主要諸元は前年から変更なし。発売予定日は2023年9月15日(金)で、価格はKRT EDITION&標準仕様とも70万4000円。

スーパーネイキッドスポーツのZ250は、カラー&グラフィック変更

エンジンやフレームをNinja250ベースとしながら、Zシリーズ共通の「Sugomi」デザインを採用し、カワサキ製スーパーネイキッドらしいフォルムが特徴のZ250。
ネイキッドスポーツの軽快さと力強さを併せ持つZ250の2024年モデルは、カラー&グラフィック変更を実施。新たにメタリックマットグラフェンスチールグレー×エボニー(GY1)のカラーリングを採用し、アグレッシブなイメージを演出。
主要諸元は前年モデルから変更なし。こちらも発売予定日は2023年9月15日(金)で、価格68万2000円。

<Ninja250 主要諸元>

■エンジン 水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク62.0×41.2mm 総排気量248cm3 圧縮比11.6  燃料供給装置:フューエルインジェクション 点火方式トランジスタ 始動方式セル

■性能 最高出力26kW(35ps)/12500rpm 最大トルク22Nm(2.2kgm)/10500rpm

■変速機 6段リターン 変速比①2.769 ②1.894 ③1.500 ④1.240 ⑤1.074 ⑥0.960 一次減速比3.068 二次減速比2.928

■寸法・重量 全長1990 全幅710 全高1125 軸距1370シート高795(各mm) キャスター24.3度 トレール90mm タイヤ(F)110/70-17M/C 54H (R)140/70-17M/C66H 車両重量166kg

■容量 燃料タンク14L オイル2.0L

■車体色 ライムグリーン×エボニー(GN1)=KRT EDITION/メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー(GY1、継続)

■価格 70万4000円

ロゴ変更が加わったライムグリーン×エボニー(GN1)のNinja250 KRT EDITION。
Ninja250標準仕様は、メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー(GY1)を継続。
Ninja250標準仕様は、メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー(GY1)を継続。

<Z250 主要諸元>

■エンジン 水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク62.0×41.2mm 総排気量248cm3 圧縮比11.6  燃料供給装置:フューエルインジェクション 点火方式トランジスタ 始動方式セル

■性能 最高出力26kW(35ps)/12500rpm 最大トルク22Nm(2.2kgm)/10500rpm

■変速機 6段リターン 変速比①2.769 ②1.894 ③1.500 ④1.240 ⑤1.074 ⑥0.960 一次減速比3.068 二次減速比2.928

■寸法・重量 全長1990 全幅800 全高1060 軸距1370シート高795(各mm) キャスター24.5度 トレール92mm タイヤ(F)110/70-17M/C 54H (R)140/70-17M/C66H 車両重量164kg

■容量 燃料タンク14L オイル2.0L

■車体色 メタリックマットグラフェンスチールグレー×エボニー(GY1)

■価格 68万2000円

Z250は、新色のメタリックマットグラフェンスチールグレー×エボニー(GY1)を採用。
Z250は、新色のメタリックマットグラフェンスチールグレー×エボニー(GY1)を採用。

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキ

https://www.kawasaki-motors.com/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

AKIRA 金田のバイク 電動バイクに暖機は必要? 映画『AKIRA』の「モーターのコイルが温まってきたところだぜ」は有り得るのか──。 【直前インタビュー】岩城滉一さんのバイクTVシーズン2が放映!!作中登場カスタムハーレーの仕様や番組への思いを語る クシタニの新店舗が12月18日オープン! 近県からもアクセス性良好の「KUSHITANI PROSHOP 江戸川」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション