新車

【カワサキ ニンジャZX-4RR試乗】1万6000回転が楽しいだけじゃない! 新時代の400cc 4気筒は「乗りやすさ」も魅力だった

ニンジャ ZX-4RRの装備&機能

■フロントブレーキは290mmダブルディスク+異径ピストンの対向4ピストンラジアルマウントモノブロックキャリパーの組み合わせ。ニンジャZX-25Rが310mmシングルディスクなのに対し、400ccのパワーに対応したアップグレードが行われている。リヤブレーキはニンジャZX-25Rと同様に、220mmディスクにデュアルピストンキャリパーの組み合わせ。
また、前後タイヤのサイズもニンジャZX-25Rよりワイドなものへ変更されているほか、速度記号ZR仕様(最高速240km/h超対応)となっている。
ニンジャZX-4RR:フロント120/70ZR17 リヤ160/60ZR17
ニンジャZX-25R:フロント110/70R17 リヤ150/60R17

■灯火類はオールLED。フロントウインカーはカウルと一体化したビルトインタイプ。テールランプは1000ccスーパースポーツ・ニンジャZX-10Rの特徴的なデザインコンセプトを継承している。

■メーターは4.3インチのフルカラー液晶で、自動調光機能を備える。背景色も白と黒から選択できる。写真は表示パターンを「サーキットモード」にした状態で、ラップタイムと回転計の1万回転以上が大きく表示される。
また、カワサキの専用アプリ「RIDEOLOGY THE APP」でスマートフォンと連携させると、電話やメールの着信をメーターに表示させることができるほか、スマートフォンで車両情報やGPS情報に基づいた走行ルートなどを確認することも可能。

日本では「ZX-4RR」と「ZX-4R SE」の2タイプがラインアップ

左の車両が「ZX-4RR」。ブルーとブラックの車両が「ZX-4R SE」。

今回テストを行ったニンジャZX-4RRは価格的には上級グレードとなり(115万5000円)、リヤサスペンションにSHOWA製「BFRC-lite」を採用する。車体色はライムグリーン×エボニーの「KRTエディション」1色の設定(写真左)。

一方のZX-4R SEは112万2000円。エンジン性能に違いはなく、リヤショックはカワサキの大排気量スポーツモデルでおなじみの「ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション」となる。また、スモークタイプのスクリーン、USB給電ソケット、フレームスライダーを標準装備。
車体色はキャンディプラズマブルー×メタリックフラットスパークブラック、メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレーの2色が設定される。

まとめ●上野茂岐 写真●岡 拓

1

2

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

 

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ニュータイプのウイリーバー、ガード系パーツほか、ラフアンドロードがオフ車用新パーツの2022年版を発売 8月19日はバイクの日! 東京・秋葉原で「HAVE A BIKE DAY」を開催 軽さと通気性が夏旅を快適化する、FLAGSHIP SCHNELL JACKET/S4 RIDE PANTS/TACTICAL RIDING BOOTS

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション